携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんは「HELLSING」というアニメを知ってますか?

うちのHPでも何度か録音レポを作らせていただいたんですが、とても人気のあるアニメなんだそうです。どれくらい人気があるかと言うと、ここ数年の間にすごく流行った人気アニメでも、キャラの見た目や人物設定は、もとはこのHELLSINGからヒントを得てるんじゃないか…って噂されるほど、大きな影響力を持ってるアニメなんだそうですよ(^.^)b

HELLSING   HELLSING   HELLSING


☆HELLSINGの最初の録音レポはこちら

あ、このレポ内で私は松尾さんのことを「象さんみたい」って書いたんですが、そのあとにあった第1回の飲み会のときに松尾さんのお友達でもある作曲家の岩崎 琢さんに「松尾さんのことを象さんみたい…なんて言った人、初めてみたよ!」って笑われたんでしたっけ(^^ゞ

☆HELLSINGの追加録音はこちらこちら


で、その「HELLSING」のDVD第1巻のEDで使われてる音楽「Gradus Vita」が、ほんっとに壮大で「これがED?」って思うくらいすごいんです。オケの部分はワルシャワで、合唱の部分は日本で録られたそうなんですが、ぜひ↓で聴いてみてください(^.^)b




すっごいでしょ~?
この壮大さと重厚感、たまりませ~ん(>_<)

大迫力の合唱は何とソプラノ・アルト・テノール・バスの各パート3人ずつの計12人で歌ってるんだそうですよ。とても、そんな風には聴こえませんよねえ。まあ、実を言うと、この12人のメンバーで並び方を変えたりなんかしながら何回かダビングで重ねてるんだそうですが、それにしてもすごいと思います☆彡

あと、この歌詞です。
ラテン語なんで何て言ってるのか分かりませんが、いい感じでしょ~?

このあたりのことについて作曲の松尾早人さんに聞いてみたところ、これは聖書か何かから引用したんではなくて、この「HELLSING」のために作詞したんだそうです。さっき書いた合唱の中のお1人がラテン語ができる方だったそうで、松尾さんがその方に「HELLSING」の世界観を伝えて作詞してもらったんだそうですよ(^.^)b

ああ、そんなこと言われると、ますます何て言ってるのか気になるなあ(>_<)

とにかく、このほかにもホルンやトロンボーンがバリバリ割れるくらいに鳴ってるダイナミックな音楽や、ひたひたと不穏な雰囲気なんだけど底から込み上げてくるような力強さがある音楽だらけで、ほんとに聴き応えあります。濃い絵とヘビーな内容に音楽がとても良く合ってて見ごたえ・聴きごたえ十分ですので、皆さんも機会を見つけて見てみてくださいねo(^-^)o


最後に、松尾さんが12月の始めに送ってくださった紅葉の写真を…

紅葉(松尾さん撮影)   紅葉(松尾さん撮影)   moogくん
  

松尾さんは写真の腕もプロ級ってことで、ほんとに綺麗でしょ~。右端の写真は、松尾さんの愛犬moogくんです(^o^)

こ~んな力強くておどろおどろしい音楽を書かれる傍らで、moogくんを抱っこして象さんのような優しい目をますます優しくしてるのかと思うと、私も自然と顔がゆるゆるに…松尾さん、素敵な作曲家さんです(*^-^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。