携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
手塚治虫さんが潮出版社の「希望の友」という雑誌で1972年から1983年まで連載していた「ブッダ」という漫画があるんですが、それが2011年5月に「手塚治虫のブッダ ~赤い砂漠よ!美しく~」」というタイトルでアニメ映画化されたのはご存知でしょうか?

音楽を担当されたのは、いまや世界を股に掛けて大活躍中の大島ミチルさん。

で、この作品の中で主役チャプラの声を務めていたのは、今年「半沢直樹」や「リーガルハイ2期」で大注目されてる堺雅人さん。そしてそのチャプラの母とナレーションを務められたのが吉永小百合さんという、作品の内容や音楽だけでなく、こうした面からも興味深い作品でした。


ところでこの作品、実は全3部作になっていて、その第1部が先ほど書いたように2011年5月の公開でした。そして、第2部が2014年2月に公開されるとのことで、先日10月9日と10日の2日間に渡ってその音楽録りが行われました。音楽はもちろん、大島ミチルさんです♪

まず10月9日に弦・管打楽器などによるはオケ録りが行われたのですが、そのときの編成についてはマサさんことヴァイオリンの篠崎正嗣さんのブログのこちらにたくさんの写真がアップされています(*^^*)


写真はそのマサさんと大島さん♡

20131009_1.jpg


そして、おっちゃんは翌日に民族楽器のダビングという形での参加となりました。
事前に「ケーナや篠笛やリコーダーなどを持ってきてほしい」とオーダーがあったようなので、ほかにホイッスルも持って行ったそうです。

少し早めにスタジオに着くと先に高田みどりさんと梯郁夫さんがすでにダビング中だったそうですが、この日に録る予定の曲の中には笛と打楽器が一緒になる曲もあるから…ということで急きょおっちゃんも入ることにo(*^^*)o


写真は打ち合わせ?歓談中?の(左から)梯さん、高田さん、大島さんです♡

20131010_2.jpg


このとき梯さんは「今日は久しぶりに人間と一緒に仕事ができて嬉しい!」なんてことをおっしゃってたとか…どうやら、普段はお1人でダビングってことが多いみたいですね(^^ゞ

おっちゃんの笛が入った曲は全部で7~8曲。
どの曲もおっちゃんが持っていったどの楽器でも演奏可能な音域だったので、指定通りのケーナ(色んな劇伴で活躍してるG管の赤いケーナ)で吹いたそうです。

quena.jpg

事前にオーダーのあった篠笛やリコーダーは、このケーナがダメだったときの保険のようなものだったみたいですね。録音はほとんどの曲がテスト1回で本番という形でさくさく進んだので、2時間拘束の予定のところ実質20分くらいで済んでしまったみたいです♪


写真はおっちゃんとミチルさん♡

20131010_1.jpg


冒頭でも少し触れましたが、この映画は来年2月8日の公開となります。タイトルは「手塚治虫のブッダ ~終わりなき旅~」となり、監督もキャストも変わるようですね。詳しくはの公式サイトをご覧ください。第1部は導入っぽい感じだったので、この第2部で物語が大きく動くのでは…と思ってるんですが、どうでしょうか?どうぞ、お楽しみにo(*^^*)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。