携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月12日

この日おっちゃんは西早稲田にあるAVACOの302スタに行きました。
あ、お仕事の話に入る前に…最近のおっちゃんはスタジオへはもっぱら電車を使っていくことが多いそうです。前は車で行って、その道中に無線を楽しんだりしてたのに何で〜?と思って聞いてみると「美容と健康のため」なんだとか…( ゚艸゚)・;'.、

そんなわけで、この日もほんとなら地下鉄の早稲田駅で降りるのがいちばん近いんですが、わざわざJRの高田馬場駅で降りて歩いて行ったそうですよ。そうそう、その高田馬場駅を出たところで突然「あさひさ〜ん!」と言う女性の声がしたとか…町中で女性から名前で呼ばれることなんてないというおっちゃんが何事かと振り返ってみると、そこには作曲家でピアニストでオルガニストな塚山エリコさんがいらしたそうです。

塚山さんとのお仕事については過去に何度かレポさせていただいたんですが、ここのところはあまりお名前を聞かないかな…でも、おっちゃんはフェイスブックの方で塚山さんとお友達になってて、スタジオで会えないここ最近も楽しくやりとりしてるそうですよ。そんなわけで久々に生のエリコさんにお会いしてテンションが上がったところでスタジオに到着。意気揚々と入っていきましたo(^∇^)o



さて、そのお仕事ですが、この秋に公開される映画「おしん」の音楽録りでした。これ、かれこれもう1〜2ヶ月前からテレビでもよく話題になってましたよね。上戸 彩さんと稲垣吾郎さんがおしんの両親役で出演されるというのでも十分に話題性がありますが、30年前に朝の連続テレビドラマとして放送された当時の主役である小林綾子さんも出演されるとか…いろいろと注目を集めそうな期待の作品です。


おっちゃんの方には事前に映画「おしん」の音楽録りで、ケーナを持ってきてほしいとの連絡があったようです。だからといってケーナだけを持っていくおっちゃんではありません。色んな事態を想定して、この日もフルートとケーナのほかにリコーダーも持って行ったそうです。


20130612_1.jpg


音楽を担当されるのは、浦山秀彦さんと熊谷陽子さんのお2人からなる「めいなCo.(めいなカンパニー)」というユニット。過去には「世界の中心で、愛をさけぶ」「セカンドバージン」など、たくさんのドラマ音楽を手がけられてます。


左から、熊谷さん、冨樫 森監督、おっちゃん、浦山さん♪

20130612_3.jpg


でも、いままでのおっちゃんのお仕事の感じからすると、ちょっと不思議なご縁ですよね。しかも、普通ならインペク屋さんからお仕事の依頼があるのに、今回は東映音楽出版の津島さんからでした。この津島さんというのは「三匹の侍」「銭形平次」「仁義なき戦い」など数多くの日本映画や「土曜ワイド劇場」「鬼平犯科帳」「鳴門秘帖」などのドラマ音楽を手がけられてた津島利章さんの息子さんなんです。津島利章さんの音楽にはおっちゃんもたくさん参加してて、うちでもHP開設当初な何度かレポさせていただいてたので、このあたりも何やら不思議なご縁を感じます。

で、そうしたご縁なのか、それとも30年前の坂田晃一さんが書かれた劇伴に同じ門下生で同業者でライバルで友達であった小出道也さんと参加してたという情報を元に呼ばれたのか(そうなんです、おっちゃんは30年前の劇伴にも参加してるんです!)…と色々と考えたようですが、今回おっちゃんが呼ばれたのはほんと全くの偶然なんだそうです。だとしても、30年前と同じ作品に参加できるってすごいことですよね。おっちゃんもとても感慨深そうでした。


そして、その思いのままスタジオで「わし、30年前のにも参加しとるんですよ。そのテーマは、当時は小出さんと2人でそれぞれのパートに分かれてやりました」みたいに話すと、居合わせた皆さん揃って妙に感心してらしたそうです。


その30年前のテーマ、覚えてますか?


坂田晃一さん作曲のOP(携帯の方はこちらから♪)




今回は作曲者が違うのでこのNHKのときとは全く違った音楽になるのかと思ったら、何とテーマはこのまんまだったそうですよ〜。やっぱりこのフォルクローレ風のテーマ音楽は、おしんのイメージと切っても切り離せないってことなんだそうです。うんうん、分かります。いやあ、今回の映画を見て昭和のあの時代をあれこれ思い出される方も多いことでしょうねえ。


ただ、当時の楽譜は残ってなかったようで、この日の録音用に浦山さんが当時の音源から楽譜を起こされたんだそうです。いわゆる耳コピというやつですね。ほんと見事なまでにオリジナルを正確にコピーされてたそうですよ。それもそのはず、今回こうして音楽を使うにあたって浦山さんが坂田さんにご挨拶がてら連絡を取ったところ、坂田さんからは「メロディーとコードは変えないように」とのお達しがあったそうなんです。それを聞いたおっちゃんは「坂田さんらしいな」と、思わず笑みがこぼれたとか…(*^^*)


20130612_2.jpg


おっちゃんが演奏したのはそのテーマ関連の曲が数曲と、それぞれの重ね(ダビング=1人2重奏)でした…が、このOPテーマのメロディをケーナで演奏するのは実はかなり難しいらしく、何度か差し替えてようやくクリアということになったようです。おっちゃんは「あの当時はフォルクローレブームで、わしもケーナに燃えとったけん、差し替えなしの1発録りやいうもんができたんやろなあ」と当時を懐かしそうに振り返ってました。
 
そのほかには童謡風の素朴な雰囲気の曲が2曲あったのですが、こちらは「めいなCo.」のオリジナル曲ではないか…とのことでした。で、この2曲にはリコーダーを使ったそうですよ。ほら、やっぱりリコーダーを用意していって正解でしたよね。こうして、おっちゃんの笛の音を1つ多く聴けることになって、そういう面からもとても楽しみな映画です。



最後に映画のPVを…30年の時を経たおっちゃんのケーナの音色をどうぞ♪(携帯の方はこちらから)





映画の公開は2013年10月12日、どうぞお楽しみにo(*^^*)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。