携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る3月20日に「ルクセンダルク紀行」というDVD&BDが発売されたのはご存知でしょうか?

これは「Linked Horizon(リンクトホライズン)」という音楽ユニットのコンサートの様子を収録したものなんですが、もう少し詳しくお話すると、スクウェア・エニックスから出ているRPG「BRAVELY DEFAULT」(ニンテンドー3DS用ソフト)のタイアップとして発表された「ルクセンダルク小紀行」「ルクセンダルク大紀行」そしてその「BRAVELY DEFAULT」というゲームのサントラである「BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY」に収録されてる曲を、千住 明さん率いる東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団+スタジオミュージシャンからなる豪華オーケストラで演奏し、10名近くのアーティストで歌い上げたものなんです。

そもそも「Linked Horizon」が何かと言うと、Revoさんという日本のミュージシャン&音楽プロデューサーさんとして活躍してらっしゃる方がいらして、そのRevoさんを中心に結成したのが「Linked Horizon」なんですね。で、このRevoさんに関しては、うちでも過去に一度だけレポさせてもらったことがあるんですよ♪


さて、そのコンサートが昨年…2012年11月25日に横浜アリーナで行われました。
コンサートのタイトルは「"Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert" in 横浜アリーナ」で、当日はあの広い横浜アリーナの客席の一部をステージ用につぶしてしまってたとは言え、残りの席がほぼ埋まるくらいの大勢のファンが詰めかけたようです。

20121125-1.jpg 20121125-2.jpg 20121125-3.jpg


ところで、昨年のおっちゃんと言えばさださんのツアーサポートで全国を飛び回っていたんですよね。なので、このコンサートの前日にあったゲネプロもツアー帰りの羽田から横浜アリーナに直行、そのまま夜までやって翌日は朝9時半には会場入りして昼と夜の2回公演…と、かなりハードなスケジュールになってたようです。


そうそう、このコンサートに関しては前日の横浜アリーナを使ってのゲネプロ以外に、都内のスタジオを使ってのリハも数回あったようです。まあ、おっちゃんはさださんのツアーとバッティングすることも何回かあって、実際に都内でのリハに参加できたのは3〜4回だったみたいですけどね。
で、そんなに広くないスタジオでの本番さながらの大音量でのリハ…それもなかなか大変なものがあったようですが、さらなる問題としてモニターの具合がイマイチだったようで、奏者がちゃんと自分の音をモニターできなかったそうです。そうなるともう大変。特に管楽器は自分の音をちゃんと聴けてないとピッチは狂うわ、ミストーンは出まくるわ…で、譜面自体はそんなに難しくないのに、さすがのおっちゃんも「これ、本番は大丈夫か…」と不安になるような状態だったみたいです。

でも、本番と同じ横浜アリーナでのゲネプロになってからは不思議とそうした問題の多くが解消。相変わらずバンドの音が大きいなあとか、今度は大きなPAから出てくるベースの低周波がちょっとキツいなあとかは思ったそうですが、そのバンドの演奏の上手さにはただただ感嘆したそうです。特にドラムの超絶テクニックにはほんと驚いたとか…また、2時間半の間に演奏する全ての曲を暗譜してたのにもおっちゃんは感動したそうですよ(*^^*)


その本番に臨んだ演奏者の方々をここでご紹介しましょう。

ヴォーカル:Revoさん、maoさん、Ceuiさん、RIKKIさん、Joelleさん、Daisy×Daisy(MiKA)さん、小湊美和さん

ミュージシャン:おっちゃん(ティンホイッスル)、田代耕一郎さん、西山 毅さん、マーティ・フリードマンさん、YUKIさん(ガットギター)、長谷川 淳さん(ベース)、河合英史さん、桜庭 統さん(キーボード)、淳士さん(ドラムス)、鈴木正則さん(トランペット)、平原まことさん(ソプラノサックス)

弦一徹ストリングス

オーケストラ:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

指揮:千住 明さん


それから、以下がセットリストになります♪


01.Theme of the Linked Horizon
02.ルクセンダルク紀行
  はじまりの国 カルディスラ
  砂と大時計の国 ラクリーカ
  艶花の国 フロウエル
  沈みそうな国 グランシップ
  内線の国 エイゼンベルグ
  不死の地 エタルニア公国 ★
  フィナーレ
03.希望へと向う序曲 ★
04.光と影の地平
05.海原を駈ける船
06.大空を翔ける艇
07.戦いの鐘
08.戦いの果てに
09.彼の者の名は…
10.勝利の歓び ★
11.虚ろな月の下で ★
12.花が散る世界
13.水晶の闇と煌き
14.風が吹いた日
15.緊迫の時
16.公国の御旗の下に
17.他愛もない出来事
18.君は僕の希望 ★
19.風の行方
20.雛鳥
21.愛の放浪者
22.純愛▼十字砲火
23.邪悪なる戦い
24.邪悪なる飛翔
25.地平を喰らう蛇 ★
26.希望へ向う譚詩曲 ★

【アンコール】
即ち…光をも逃がさぬ暗黒の超重力 ★


★の付いている8曲が、おっちゃんが参加してる曲です。
10番目の「勝利の喜び」だけ篠笛で、あとは全てティンホイッスル…D・B・A管の楽器を使ったそうです。



さすがはゲーム音楽のコンサートというだけあって、戦闘シーンを思わせる激しいものからスローテンポのバラード、それに民族色たっぷりのものなど幅広く色んなスタイルのものが盛り込まれていて、演奏する側としても面白かったようです。さらに言うと、メロディの具合やコード進行などに何となくゲーム音楽色のようなものが現れているのも興味深かったとか…って、こんなことを感じられるのも長年に渡って色んな劇伴に参加した経験のあるおっちゃんだからこそって感じですよね。

コンサートは東京シティフィルさんだけで演奏するものがあったり、逆におっちゃんたちスタジオミュージシャンだけで演奏するものもあったり、バンドも皆そろって演奏するものもあったり…と色々だったようですが、おっちゃんたちゲストプレイヤーさんたちの出番は全体の中では少なく、ちょっと出てきて演奏しては引っ込んでしばらく休憩…と、待ち時間の方が随分と長かったようです。そんな待ち時間にオケの若いフルーティストさんたちとお話して楽しく過ごせたのも、このコンサートのいい思い出の1つだとか…。


そのオケのフルーティストさんたちと撮った記念写真がこちらです(*^^*)

20121125-4.jpg


とにかく、そうそう経験できることのない、すごい規模のコンサートだったみたいですね♪


その素晴らしいコンサートの様子がDVDのPVとして↓こちらで見られます。2分をすぎたあたりからおっちゃんのソロががっつり聴けますので、ぜひご覧くださいo(*^^*)o





そして、この映像に心を奪われた方はぜひ→でDVDまたはBDをどうぞ♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。