携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年4月5日

もうツイッターの方でもつぶやきまくったんでご存知だとは思いますが、岩崎 琢さんの2回目のソロライブ「Soundtrack to the streets Vol.2」に行ってきました。

20130405.jpg

ちなみに、この日は垂ちゃんこと岩垂徳行さん、ミナさんこと関 美奈子さん、1つ前の「news every.サタデー」の記事でご紹介した押鐘貴之さん、クリプトン・フューチャー・メディア株式会社の江川大樹さんなどなど数人で行ったんですが、それぞれ会場に知り合いがいて挨拶なんかしてるうちに人の波に飲まれ、いつの間にかバラバラに…。結局、垂ちゃんと私はわりとステージに近い…こちらの写真で言うと、ちょうど電話してる方(制作スタッフの矢部敦志さん)がいるあたりにいました。


前回はリハから覗かせてもらったんですが(前回のリハ見学&ライブレポはこちら)、今回は本番のみ。見落とし、聴きこぼしのないようにと気合いを入れつつ、できるだけ岩崎さんがよく見える位置に移動してライブに臨みました。ちょうど水槽の近くだったんで残念ながらアニメの映像が見れない代わりに金魚の様子を観察してたんですが、曲によって揃って水面に浮かび上がってきて口をパクパクさせたり、おびえるように底の方をぐるぐる泳いだりしてて面白かったです。


ライブは今回も大盛況!
同じ東京でやるライブでも、それもわりと名の通った方のライブでも集客に苦労するという話を聞くことがあるんで、この前売りの時点で完売、当日は約200人がひしめき合いつつ一斉に岩崎さんを見詰めて音楽に酔い、踊り狂う様子に、あらためて岩崎さんの音楽の魅力や影響力、そして岩崎さん自身の人気っぷりを思い知ることとなりました。


20130405_2.jpg  20130405_1.jpg


岩崎さんが水色のランドセルを背負ってリコーダーを乱れ吹きする姿(写真)や、前回よりさらに息の合ったLotus Juiceくん(写真)との漫才、山本耕平さんによる「黒執事」と「ジョジョ」のアリアの熱唱(写真)など内容も演出も前回よりずっとパワーアップしてて楽しいステージでした。そしてアンコールで「ロミオの青い空」の「空へ…」がピアノソロで聴けたときには、ほんともう全身全霊で「ああ、このライブに来て良かった」って思いましたねえ(*^^*)





さて、そんな熱いライブのあとは飲み会です♪
ライブ会場に主役の岩崎さんを残して10数名で「犬夜叉」「名探偵コナン」「ブラックジャック」「結界師」「シティーハンター」「魔法騎士レイアース」「金田一少年の事件簿」など数多くの人気アニメを手がけられてる読売テレビのチーフプロデューサー・諏訪道彦さんがひいきにされてるお店へ移動。お店の名前も場所も忘れちゃったんですが、確か道玄坂の近くだったような…途中ちょっとアダルトな雰囲気のお店?お宿?が立ち並ぶところがあって「社会科見学したい方はあちらへ…」「行ってきますっ!」なんて会話が交わされるなど、もう飲む前から出来上がってるようなノリで早速とても楽しかったです。

その飲み会にいたメンバーは…前出の諏訪道彦さん、サンライズの小形尚弘さん、脚本家の岸本みゆきさん、作曲の和田 薫さん、関 美奈子さん、山下宏明さん、数々の洋画の吹き替えの他に「PEACE MAKER鐵」「宇宙兄弟」「ジョジョの奇妙な冒険」などに出演されてる声優の乃村健次さん、「ソウルイーター」「SDガンダム三国伝 Brave Battle Warriors」「機動戦士ガンダムAGE」などに出演されてる声優の井上 悟さん、前出の江川大樹さん、ギタリストの大橋大哉さん、そのほか和田さんのお友達?和田さんの奥さんのお友達?っぽい素敵な女性が3名ほどに私…という感じでした。一部のメンバーは前回のライブ後の飲み会と同じですね♪→(写真


20130405_3.jpg


飲み会が始まってすぐ、その和田さんのお友達らしき女性3人と何故か徳島の話に…というのも、私がまたいつもの調子で方言丸出しで喋ってると「関西の方ですか?」というのから始まって「いえ、徳島なんです」「私、徳島のいくつかの小学校にピアノ弾きに行ったことがありますよ!私、徳島大好き♡」「徳島って、野球の池田高校があるところですよね?私その池田高校のファンで…」といった感じ。自分の地元を褒められたり、好きだと言ってもらえるのって、やっぱり嬉しいですねえ。さすが和田さんのお友達、とってもいい人たちでした(*^^*)

ただ、この日の…というか今回の上京中は私の体調が最悪だったんです。ちょうど職場が繁忙期で毎日めちゃくちゃ忙しかったのと上京のための準備やら各所への連絡やらで疲れが溜まってたんでしょうね…出発前日は頭も喉も痛くて足元もふらついて、よくまあ仕事中に倒れんかったなってくらいの体調の悪さでした。だから、この飲み会の日なんてもう普段の私を知ってる人からすると「あんた誰?」ってくらいのガラガラでカスカスな声。ご一緒した方々には、聞き取りにくい上に聞くのに不快な思いをさせてしまったことをすごく申し訳なく思ってます(>_<)


それでもまあ何やかんやと喋って盛り上がってたら、機材の片付けなどを終えた岩崎さんが登場。その場にいた10数人が盛大な拍手で迎え、口々に「お疲れ!」「良かったよ!」「すっごい楽しかった!」「最高だった!」と声をかけてました。そして、諏訪さんに注いでもらったワイン片手に駆けつけ1杯をやる直前のショットがこれ♪

20130405_4.jpg


そのまま私の隣に座ったんで「いっぱいハグしてきた?」って聞くと(理由はここ参照)「いや、それが皆サインだけだったw」なんて言ってました。皆さん、ハグのおねだりしなかったんですねえ。なので冗談で「ほな、私にハグして」って言うとソッコーで「やだ!」と切り捨ててくれました。岩崎さんの私への態度、ほんと安定してます(笑)

ときどき「ゆみさんって岩崎さんとどういう関係なんですか?」って質問をいただくんですが、こういう関係なんです。そういや、このときも誰かに聞かれて岩崎さんが「ん?奴隷とメイド」って言ったら「それ、どっちが上だよ?」ってツッコミが入って皆に笑われて、あわてて「そりゃ自分の方が上だ!」みたいに言い直してたっけ…(笑)


その後は長いテーブルの左右に分かれて、諏訪さん・小形さん・岸本さん・岩崎さんあたりはライブの話を、そして和田さん・乃村さん・井上さん・押鐘さんあたりは何やら「男の子」な会話をしてたようです…といっても、ノーヘルは危ないだとか、デッドボールがどうだとか、工事現場と野球が入り交じった意味不明な会話で盛り上がってました。


20130405_5.jpg  20130405_6.jpg


そのうち誰だったか「このまえ諏訪さんが本を出して…」みたいなことを言い出して「そう、それがすごく面白くて!」なんてその場が湧いてきたんで、私が「何てタイトルの本?」とAmazonのアプリで検索しようとしてたら、ちょうど諏訪さんが1冊だけ持ってて、それをいただけることになりました。しかもサインつきで!ヾ(゚∀`*)ノ゙

20130405_8.jpg  20130405_9.jpg

この本、すごく面白いです!
スワッチのアニメ日記も並行して読んでるのでまだ途中までですが、もうすぐ公開になる劇場版コナンの製作日誌や諏訪さんが関わられたたくさんの声優さんたちとのエピソード、それに音響監督さんや作曲家さんとのことやアフレコ現場の様子など、ほんと読み応えがあるし、ページをめくるのが楽しくて仕方ないです。みなさんも是非♪

ところで、そのときの「僕、いま1冊もってるよ!さっき本屋で買ってきたんだ♪」というお話と、ツイッターやフェイスブックに書かれてたこちらのお話からするに、すごく思い入れのある本をいただいてしまったのではないかと…(汗)普通に大事にするのはもちろんですが、その思い入れの分までより大事にしたいと思います(*^^*)


そうして途中で数人が帰ったりしながらも、美味しいお食事とワインで和やかな時間を過ごして1次会はお開き。ここで諏訪さんは帰られたんですが、残りのメンバーで2次会へ…。





ここでもまあ色んな話で盛り上がったんですが、その中の1つとして…何の話のときだったか、私が押鐘さんに「えっ?何それ?」と興味津々な感じで尋ねようとしたら、その瞬間に岩崎さんが横から出てきて「おばちゃん、ちょっと黙って!」って私を制止したんです。それを見てた乃村さんが「いまの、中学生の息子とかが母親にするような態度だよね」って言ったのから「母親って、妙に息子の友達と仲良くなりたがるよね!」「そうそう!」「何か息子の友達が集まってるところに、わざわざお菓子とか持ってきたりしてね」「あはは!そうだそうだ!」みたいな話になったんです。

そしたら井上さんが「もう入ってくんなよ!お茶とかいらねーよ!出てけよ!いらねーっつってんだろ!はやく出てけよ!」って男子中高生が母親にするような悪態を身振り手振りもつけて真似しだして…もう本職が声優さんだから声はいいわ演技は上手いわで、思わず惚れ惚れ…いやいや、みんな大爆笑。いやほんと、笑った〜!で、そのあたりからだったか、もうすっかり私は「琢ちゃんのおかん」ってな位置づけになりました…(;・∀・)

まあ、岩崎さんには普段からツイッターなどのネット上でも「おばちゃん」って呼ばれてるし、電話のときの第一声も「は〜い、おばちゃん!」だし、今回の上京中に得た別口からの情報によると私のいないところでも普通に「徳島のおばちゃんがさ…」とか言ってるらしいし、ほんと親戚のおばちゃんか何かだと思ってるんだと思います。(私の方が年下ですがっ!)


でもまあ、せめてサインくらいは…と思って「ゆみちゃんって書いて!」って頼むと、すっごい嫌そうに渋々こんな隅っこに書いてくれました(笑)

20130405_10.jpg  20130405_11.jpg


そのあと、岸本さんからの質問で、和田さんと私がもうかれこれ12〜3年のお付き合いになること、岩崎さんとも知り合って7年くらいになること、そしてその岩崎さんの反抗期の息子のような態度から誰かから「琢ちゃんとゆみさんが親子なら、和田さんとゆみさんは夫婦だね」なんて言葉が出てきて、私が和田さんに向かって「ちょっとお父さんからもこの子(岩崎さん)に言うてやってよ!」って言うと和田さんがゆる〜い感じで「うん、ほっとけ」って言う、どこの家庭でもありがちな会話の真似をしたりして、これまた楽しかったです(* ̄∇ ̄*)


そんなこんなで盛り上がりながら結局4時半か5時前まで飲んでて、ホテルに帰ったころにはもう空が明るくなってきてました。声のせいでいつものようには喋れなかったのが残念でしたが、それでもとても楽しかったです♪

岩崎さんを通じてできたこのご縁を大事に、これからまた素敵な交流をさせていただければなあと願いつつ、これで飲み会レポを終わりま〜す(*^^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。