携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年3月14日

ビクターの301スタで、和田 薫さんの録音がありました。おっちゃんが和田さんに会うのは随分と久しぶりになるそうで、数日前から「今度、和田さんに会うで♪」と声を弾ませてましたよ(*^^*)

さて、その和田さんのお仕事ですが、何でも上海のゲームメーカーの新作ゲームのための音楽と、中国の劇場3Dアニメの主題歌の録音なんだそうです。現時点ではまだどちらもタイトルはお話できないのが残念ですが、それはまたしかるべきときがきたらということで…。

20130314_12.jpg



で、和田さんとディレクターの藤田さんとはこの日の録音のための打ち合わせとして2月の末に上海まで行ってらしたんですが、そのときの様子は和田さんのツイッターで見られた方も多いんじゃないでしょうか。和田さんのご好意でその上海での写真をうちでも使わせていただけることになりましたので、ここに貼らせていただきますね(^.^)b


和田さんは上海の空港で熱烈な歓迎を受け、そのあと多くの取材陣やゲームのスタッフの方に囲まれながらピアノで「犬夜叉」の生演奏を披露することとなったようです。これ、すごい光景じゃないですか…!?

201302_4.jpg wada-201302_1.jpg


上海での打ち合わせは色々と大変な面もあったようですが、じっくりと話し合って実りの多い時間が持てたようです。大体、海外とのお仕事って、まず言葉の壁がありますもんね。通訳さんを挟むとどうしたって細かいニュアンスが伝わりにくいし、そのうえ更にお国柄とか何とか言ってると、ほんともう大変だと思います。でも、何とかいい方向に進んでるようで良かった良かった!
(上海での打ち合わせの様子はこちらのサイトでも見ていただけます♪)


そのゲームのキャラの雰囲気のままに、和田さんのイラストまで作ってくれたみたいですよ。これ、和田さんの特徴をよく捉えてて、ほんとよく似てますよねえ。ただ、じっと見てると何だかくすぐったいような感じも…(^^ゞ

wada-201302_2.jpg wada-201302_3.jpg



で、このイラストはここだけに留まらず、とあるアルバムの表紙を飾ることとなったんです。そのアルバムには、この録音のための打ち合わせに行った上海での1泊2日の間の出来事…たとえば会社を訪問したときのことやピアノを弾いてるところ、それに記者会見やそのあとの食事会(超VIPなガラス張りの個室だったとか!)の様子に翌日の昼食会でのことなどが丁寧にまとめられて納められていたそうです。この細やかな心配り、すごいですよね。それをおっちゃんは録音の前に和田さんから「こんなの作ってくれたんですよ」って見せてもらったそうです。そのときに撮ったのがこちらですね(^.^)b

20130314_11.jpg 20130314_10.jpg



そしてコントロールルームの様子です♪

20130314_1.jpg 20130314_2.jpg 20130314_3.jpg


エンジニアの山田さん♪

20130314_4.jpg



そして録音中の様子…棒を振る和田さんが素敵です☆彡

20130314_8.jpg 20130314_9.jpg


スマホのアプリでシャッター音がしないカメラってのがあって、おっちゃんは今回はそれで撮ってきてくれたんですが、これが結構なピンぼけで…まあこれは仕方ないですよね。iPhone用の無音カメラも似たようなもんです。で、ちょっと見にくいかと思いますが、やっぱり和田さんの様子を少しでも多く知ってほしいと思ったのでアップしちゃいま〜す(o゚▽゚)o



録音の内容としては、アニメの劇伴のように短い曲がたくさんあるというのではなく、1曲1曲が少し長めで、1つの楽曲としてまとまった感じのものばかりだったそうです。

で、1つの曲に対して歌伴バージョンとインストバージョンがあったらしく、まずは歌伴バージョンを録って、そのあとのインスト版はもうほぼぶっつけ本番な感じで録るなど、とても手際よく進められたとか…エンジニアの山田さん、さすがです!( ´ ▽ ` )

20130314_6.jpg 20130314_7.jpg


また、今回は戦闘シーンを思わせるような激しい曲想のものはなく、ゆったりとした感じだったり、壮大な感じだったりしたそうです。そしてその全てが和田さんのカラーをしっかりと主張した骨太で低音に重みのあるサウンドで、それがあまりにいい感じだったので、おっちゃんは思わず「日本でサントラは出ないの?」って聞いちゃったとか!

ここまで聞いて今度は私の目が思わずキラーンとなったんですが、残念ながら現時点では日本でのサントラの発売の予定はないそうです…でも、予定は未定。いつかのその日に期待しつつ、まずは和田さんのHPでちょっと聴けるようにしてくれんかな〜なんて思ってるところですo(^-^)o


編成は、弦(マサさんのグループ:86443)、フルート&ピッコロ(おっちゃん)、オーボエ(庄司知史さん)、クラリネット(中村めぐみさん:シエナウィンドオーケストラの方)、ファゴット(大澤昌生さん)、ハープ(朝川朋之さん)、トランペット(高橋 敦さん他)、トロ ンボーン(池上 亘さん)、チューバ(佐藤 潔さん)、ホルン(笠松長久さん・西條貴人さん他1名)、パーカッション(草刈とも子さん・高田みどりさん・細谷一郎さん)、ピアノ(美野春樹さん)、中国箏(姜 小青さん)、二胡(チェンミンさん)、指揮(和田 薫さん)、エンジニア(山田正弘さん)でした。


この日の録音にはテレビカメラが入っていて、どうやらメイキングビデオなるものを作る予定があるようです。でも、残念ながら日本では見られないとか…何故だ〜!?
まあ、いまはともかく、作品のタイトルが情報解禁になるなど少しプロジェクトが進んできたら、その作品のHPなどで見えるようにしてくれると嬉しいんだけどなあ…ひそかに期待しとこう♪


あ、この日の様子はマサさんのブログにもまた別視点での写真が何枚かアップされてるので、ぜひ合わせてご覧くださいね→こちら



それでですね、この録音の翌日にはジャン・ティンさんによる中国琵琶と、王明君さんによる笛子と洞簫のダビングも行われたそうです。さらには仮歌の録音なんかもあったようですが、このあたりのことについては詳しいことは分かりません。

何はともあれ、作品のタイトルや映画の公開日など新しい情報が入りましたら、またここやツイッターでお知らせしますね。どうぞ、お楽しみに(^▽^)/


↓2014年5月28日追記
和田さんがツイッター(こちら)でお知らせしてくれてますが、このゲームのタイトルは「新仙剣」というんだそうです。

こちらで主題歌とゲームの雰囲気を味わっていただけますよ♪




コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。