携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012年7月30日

おっちゃんはCMの音楽録りで、WINK2 代々木公園スタジオに行きました。この「WINK2」というスタジオは銀座や道玄坂など都内で4カ所ほど展開しているスタジオで、おっちゃんが行った代々木公園スタジオは5階に映画のダビング用スタジオが1つ(ステージ1)、4階に音楽録音用のスタジオが1つ(ステージ2)があって、そのステージ2は64221くらいの弦が録れそうな広さのあるスタジオだったそうです。


さて、この日のお仕事は皆さんもうおなじみの「ヤマサ醤油」のCMです。音楽はCM音楽を中心にショーや劇伴なども手がけられている平岩嘉信さん。平岩さんの手がけられたCMの中には「痛くなったらすぐセデス〜♪」「白鶴 まる」など有名なものがたくさんあるんですよ(^.^)b

録音はおっちゃんのフルートと大石真理恵さんのマリンバを打ち込みのデータにダビングするというものでした。リハーサルはマリンバと一緒にやって、本番は別々に録ったそうです。このあたりには、何か理由があるんかな…?


写真は大石さんとおっちゃんと平岩さん♪

20120730.jpg


本番で別々に録るとき大石さんが「お先にどうぞ♪」なんて言ってくれたそうですが、固定ピッチの楽器を先に録った方がいいらしくフルートは後にしてもらったそうです。

で、この「固定ピッチの方から録った方がいい」というところについて詳しく聞いてみると、弦や木管はどんなに上手い演奏家がやっても、そのときの気温だったり息の強さだったり、ほんのちょっと押さえるところがズレたりすることで、ほんとに完璧に正確なピッチというのは難しいんだそうです。でも、先にピッチの揺るがない楽器から録って、それを聴きながら演奏すると、グッと完璧に近づくんだそうですよ。そういう意味での「固定ピッチの楽器を先に」ということらしいです(^O^)


こうして録られたCMが8月20日からオンエアされ、ヤマサの公式HPのこちらにもアップされています。おっちゃんのフルートも大石さんのマリンバも愛らしいですよね(*^^*)

この明るく可愛い曲想について平岩さんが「これはあの越部信義先生の世界ですねえ」なんておっしゃったとか…。それを聞いておっちゃんも「確かに、あの昔のCM全盛期時代を思わせるなあ」と感じて、平岩さんと「懐かしいですね」なんて和やかにお話したそうですよ。あ、越部信義さんというのは「おもちゃのチャチャチャ」「勇気一つを友にして」などの童謡やアニメ「サザエさん」の主題歌&劇伴を手がけられてた方です♪


このCMはまだオンエアされてるはずですので、見かけたらぜひ耳を澄ませてみてくださいねo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。