携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちのHPやこのブログで「インペク屋さん」「元インペク屋さん」「chocoちゃん」などの呼び方で何度も登場してもらっている大切なお友達がいます。本名は張替夏子(はりがえなつこ)さん。桐朋学園大学作曲理論学科作曲専攻卒業、および同大学研究科作曲専攻修了ののち、ミュージシャンコーディネーター(いわゆるインペク屋さん)として、数多くの劇伴録音やコンサートの企画に携わってきた方です。

その張替さん(以下chocoちゃんと書きます)は、現在フリーでカフェなどでの演奏活動を行っています。それはchocoちゃんの自作曲だったり、ミュージシャンやボーカリストの方たちとの共演だったりと、様々なジャンルで活躍しています。また、バレエピアニストとしても活躍中なんです。

あ、バレエピアニストというのは、バレエのレッスンのときに先生が生徒に踊りの見本を見せたり、それを見た生徒たちが踊るわけですが、その動きに合った音楽を瞬時に思い浮かべて演奏するピアニストのことです。そのあたりの詳しい説明はchocoちゃんがご自身のブログで丁寧に解説してくれてるので、是非それを読んでみてくださいね。こちらです♪

このバレエピアノについては、さらに3拍子編4拍子編即興&オリジナル曲編として音源とともに詳しく書いてくれてるので、こちらも必見です!


で、そのchocoちゃんが、このたびCDをリリースすることになりました\(^O^)/


chocoちゃんが心を込めて作った全26曲が、じっくり大事に丁寧に録られて収められています。

あ、その26曲がどのようにして生まれたか、それらがどのようにして録られたか…などがchocoちゃんのブログで「CDが出来るまで」と題して、4つのレポートとして綴られています→


そして、この26曲を連れて、毎回コンセプトの違うライブが行われることとなりました!

choco-LIVE_2.jpg  


そしてそして、実はこのアルバム発売ならびにライブ決行を記念して、chocoちゃんと対談をしたんです。それも今回のCDやライブのことだけでなく、いままでchocoちゃんが歩んできた音楽の道やインペク屋さんになってからのエピソードまでガールズトークらしく色々と脱線しながら話してもらいました(^O^)

ぜひご覧くださ〜い!→こちら


私も3回のうち1回は行く予定なんですが、どんな音楽なのか…どんなライブなのか…いまからドキドキ。ほんと楽しみです。そして、この記事や対談を読んで1人でも多くの皆さんがchocoちゃんに興味を持ち、ライブに足を運んでくださることを祈っています(*^^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。