携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る8月7日、若草 恵さんアレンジによる八代亜紀さんの新曲レコーディングが行われました。最近おっちゃんはコンサートサポートが忙しいのと、若草さんご自身も作曲家&ベテランアレンジャーさんとして各方面の役員のお仕事がお忙しかったのとで、久々の再会となったようです。

参加ミュージシャンは、ドラムス(長谷部 徹さん)、ベース(渡辺直樹さん)、フォークギター(安田裕美さん)、エレキギター(角田 順さん)、ピアノ(松田真人さん)、ラテンパーカッション(菅原裕紀)さん、ハープ(朝川朋之さん)、フルート(おっちゃん・金子奈美さん)、オーボエ(石橋雅一さん)、クラリネット(元木瑞香さん)、ホルン(南 浩之さん・有馬純晴さん・堂山敦史さん)、弦(小池弘之さんのグループ:64221)、打ち込み(丸尾 稔さん)、エンジニア(後藤 博さん)です。

どちらかというと八代さんが小声でささやきかけるような哀愁たっぷりの曲で、それを彩るのが若草さんのアジアンテイストを意識したというアレンジ。相変わらず弦の響きがとても魅力的で、素敵な曲みたいですよ。ピアノの松田さんの日記によると「五月雨の道」というタイトルみたいですね。その松田さんの当日の日記にもピアニストさん目線での現場の様子が色々と語られてますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

発売まで、どうぞお楽しみにo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。