携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昼間はまだまだ結構な暑さが続いてますが、朝晩には秋の気配がしてきましたね。今年の夏もまたどこにも出かけれんままだったなあと思いきや、そういや甲子園に行ったんでした。まあ、旅行なんて感じではないけど、それでもこの夏に県外に出たのはこれだけだった気がします(寂)


写真は球場に着いてから済々黌戦までの間に第1試合を見ようと、外野席に向かう途中で撮ったもの。スコアボードを真下から見上げるなんて、そうあることでもない…何かちょっとドキドキしましたよ(^^ゞ

20120813_5.jpg 20120813_4.jpg


で、春の選抜のときには史上初の2試合連続延長サヨナラ勝ちという大興奮を味わわせてもらったわけですが、夏は夏で不思議な形で1点を奪われるという印象深いものとなりました。済々黌との試合での7回裏に取られた1点、あれは「ルールブックの盲点の1点」とか言われてるものだそうで、漫画&アニメ「ドカベン」でほぼ同じシーンがあったそうですね。


☆アニメ「ドカベン」でのそのシーン




うん…見れば見るほど、鳴門 VS 済々黌との試合と似てますよねえ。あ、実際の試合でこのような事態が起きたのは別にこれが初めてではなく、たとえば去年の春の選抜(履正社 VS 九州学院)でも同じようなことがあったそうですが、今回の試合の方がよりこのアニメに似てるかな…どうりで8月13日の試合後、ネットのあちこちで「ドカベンの再現」とか騒がれてたわけですね。


で、私は高校野球は大好きなんですが、実は野球の細かいルールはよく分かってなかったりします。ただあのプロ野球とはまた違う必死さや未熟ゆえの危うさ、そして熱い友情の物語が好きなんです。だから、今回のこの1点も現場で実際に見てたときはもちろん、帰ってきてネットで色んなサイトを見ても、やっぱりイマイチ分かってません…野球って難しいなあ。



え〜っと、1アウト1・3塁のところで鳴門のショートが済々黌の打球をジャンプでキャッチ。これが2アウト目ですよね。いやしかし、この守備は上手かったなあ。感動したんで3枚も貼っときます(^^ゞ

20120813-7_1.jpg 20120813-7_2.jpg 20120813-7_3.jpg


それをファーストに投げてファーストでもアウトを取ったからダブルプレイで攻守交代になったはずだったのに、なぜかスコアボードには1点が…!

20120813-7_4.jpg


…って、ここから先は色んなサイトで分析や解説してくれてるので、それでもう良しとしよう(;^_^A


ところで、このショートがファーストに投げたときの映像をよく見てみると、済々黌の打者は普通に走れば充分にセーフなタイミングのように見えるんですよね。でも、何故か1塁ベースを踏まずに(避けるように?)走り抜けてる…。

20120813-7_7.jpg 20120813-7_6.jpg

これは何で?
何かもう頭がグチャグチャになってきてよく分からんのですが、その「ルールブックの盲点の1点」を取るためにはファーストでもアウトになる必要があったから、わざと踏まなかったってことでしょうか…そういうわけでもない?


で、もしこの打者がファーストでセーフになってたら、事態はどう変わってたんでしょう…写真やら録画やらを整理してたら、ふとそんなことを思いました。野球、ほんま難しいわ。でも、だからこそ面白いのかもしれませんね(*^^*)



済々黌さんの応援は、目にも耳にもすごい迫力だったなあ!

20120813_2.jpg



鳴門側の応援も、小さい規模ながら頑張ってました(^O^)







そして試合修了。
済々黌さん、おめでとうございます!(大阪桐蔭戦はお疲れさまでした!)

20120813_1.jpg 20120813_3.jpg


春の選抜のときの活躍に比べると色々と残念なことが多かった今回の鳴門高校ですが、それでも良い夢をいっぱい見せてもらいました。いい夏だったなあ(・´ω`・)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。