携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去に山口編群馬編でレポさせていただいてるJASRAC主催のイベント「少年少女のための音楽鑑賞会 音楽職人が創るステージ ~あの音、あの曲、その素顔~」ですが、今年は宮城県の仙台市と加美町で行われました。詳細はこちら

JASRAC-2012_1.jpg



さて、まずは6月30日に行われた、仙台市民会館での公演のお話から…。このところのおっちゃんはさだまさしさんのコンサートで何度か仙台市には行ってるんですが、今回の市民会館は初めてだったようです。地下鉄の駅を出たら定禅寺通りをまっすぐ行った突き当たりにあって、会場のすぐ裏には「青葉城恋唄」の歌詞にもある広瀬川が流れている素敵なところだそうですよ。おっちゃんのブログに会場付近の写真がたくさんアップされています(^O^)


写真は駅に着いた出演者ご一行様と会場内外の様子です。

JASRAC-2012_2.jpg JASRAC-2012_3.jpg JASRAC-2012_4.jpg JASRAC-2012_5.jpg


さださんのコンサートで行くのはネーミングライツで現在は「東京エレクトロンホール」となっている県民会館で、おっちゃんはそこと見比べながら「ああ、こっちは入り口から楽屋やステージがある階までエレベーターがないから大きな機材が運べなくて、さださんのコンサートで使えてないんかもなあ」とか思ってたそうです。うん、確かにさださんのコンサートは機材もセットも大きいものが多いので、エレベーターがないというのはキツイでしょうねえ。なるほど…!

あ、リハーサルと本番の間のわずかな時間を利用して、地元の中学生を対象としたブラスバンドのクリニックが行われたそうです。フルートの参加者は2人だったようですが、どちらもとても中学生とは思えない高い技術を持っていて、おっちゃんはびっくりしたそうです。これからも頑張って続けて、心豊かな人生を歩んでほしいですね。



ところで、この「音楽職人が創るステージ」ですが、今回でもう10年目を迎えるそうです。去年と一昨年はさださんのツアーとバッティングして参加できなかったおっちゃんですが、それ以外は…つまり初回からずっとやってるんです。そういや、徳島にも来てくれたことがあったなあ。あのときは家族や友達など結構な人数で見に行って感動したっけ…(・´ω`・)

去年の福島県に引き続き今回も宮城県という、いわゆる東北エリアでの公演。それはもちろん大震災からの復興を願ってということで、司会の佐野敬子さんも開演の最初の挨拶で「被災地の復興を心より願って…」という言葉を真摯に語ってらしたようです。



☆プログラム☆

歌劇「フィガロの結婚」序曲(モーツァルト)
チャルダッシュ(モンティ)
歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」(プッチーニ)
ジャカランダの樹の下で(美野春樹)

~メンバー紹介~

ダニーボーイ(アイルランド民謡)
サウンド・オブ・ミュージックメドレー
ディズニー映画より「美女と野獣」(アラン・メイケン)

~休憩~

著作権のお話(小倉達夫・佐野敬子)
お話と音楽「ひ・み・つ」(絵本の朗読:佐野敬子)
アニメメドレー
リベルタンゴ(ピアソラ)
You Are My Sunshine(アンコール)
ふるさと(全員合唱)




さらに詳しくは↓こちらの画像を見てくださいね(^.^)b

JASRAC-2012_B.jpg  JASRAC-2012_C.jpg  JASRAC-2012_A.jpg



プログラムをよ~く見るとところどころ曲のあとに「PD」という文字が見られますが、これは「Public Domain」の略で、要するに「知的財産権が消滅している」ということです。このあたりはさすがJASRACのコンサートって感じもしますね。休憩のあとの「著作権のお話」でも、小さいお子さんにも分かりやすいように簡単なクイズなどを取り入れながら著作権についての色んな説明があったようです。

あ、チャルダッシュは城戸喜代さん(↓写真左)のソロで、ダニーボーイは佐野博美さん(↓写真右)のサックスソロでした。

JASRAC-2012_11.jpg  JASRAC-2012_6.jpg



出演者の皆さんについてはリンクや画像でご紹介しましたが、一応こちらにテキストでも…
弦カル(城戸喜代さん・小倉達夫さん・渡部安見子さん・増本麻里さん)、フルート&ピッコロ&ケーナ&リコーダー(おっちゃん)、オーボエ&イングリッシュホルン(石橋雅一さん)、クラリネット&サックス(佐野博美さん)、ファゴット(前田正志さん)、ホルン(高野哲夫さん)、ピアノ(宮本 一さん)、ギター(塩崎容正さん)、ベースウ一本茂樹さん)、司会&ナレーション(佐野敬子さん)、ボーカル&ダンス(石橋ちさとさん)、エンジニア(大槻 晃さん)、舞台監督(松永貴弘さん)、照明(ASG:麻生輝樹さん)、構成&制作(鷲崎千香子さん)で、舞台監督の松永さんは今回が初めての参加となるそうです。


写真は左から、宮本さん、高野さん、石橋さんです♪

JASRAC-2012_7.jpg JASRAC-2012_9.jpg JASRAC-2012_10.jpg


アンコールの「ふるさと」は昨年の震災以降いろんなコンサートで歌われるようになりましたが、今回のこのコンサートでは2コーラス目まではミュージシャンの演奏に乗って会場の皆さんが斉唱、3コーラス目はステージのミュージシャンも楽器を置いて立ち上がり、全員でアカペラで歌ったそうです。想像するだけで目頭が熱くなる、素敵な演出ですよね(*^^*)

終演後はホテル近くのお店で打ち上げがあって、かなり遅くまで盛り上がったようですよ(笑)



続いては、やくらい文化センターでのコンサートの様子です…が、内容は前日とほぼ同じなので、会場付近の様子をお伝えしたいと思います(^^ゞ

JASRAC-2012_13.jpg


前日の仙台市民会館と比べると随分と新しい感じのホールで、ホール名の「やくらい」はこの地方にある「薬来山」から取られてるそうですよ。この日はあいにくの雨で見えなかったそうですが、お天気が良ければその薬来山や蔵王の美しい姿がホールから見られるそうです。畑の真ん中にドドーンと構えるこの「やくらい文化センター」の中には、大小のホールのほかに公民館や図書館があるそうです。

JASRAC-2012_14.jpg  JASRAC-2012_15.jpg  JASRAC-2012_16.jpg



おっちゃんたちが演奏した大ホールをステージから見たところ♪

JASRAC-2012_12.jpg

一般席+車いす席+親子席で計459席なんだそうですよ。なかなかアコースティックな感じで、演奏中に自分の音がしっかり聴こえる良いホールだったそうです。


宮城県の人々のあたたかい雰囲気の中でコンサートは2カ所とも大いに盛り上がり、おっちゃんたちの中に素敵な思い出がまた1つ増えました(*^^*)



↓7月27日追記
このときの様子が「ニコニコちゃんねる」というところにアップされています。
↓の画像をクリックして再生するのは会員登録をしないとダメなのかもしれませんが、こちらのページからなら誰でも見られるのかな…本番はもちろん、本番前のクリニックの様子なども見られますので是非どうぞ♪




コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。