携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、長女の通う大学で「和音を作ろう」みたいな宿題が出ました。
何でも、先生からの声かけにより、その授業を受けてる学生さんたちが1つずつ自分の好きな音を言ってったそうです。それが↓これですね。

HW_1.jpg


そのあと先生からは「この音をいちばん上にして、和音を作りましょう。下につく音の数はいくつでもOK。途中でちょっとゾクッとするようなところがあるといいですねえ」みたいな話があったとか…。



で、さっそく取りかかった長女ですが、いきなり大苦戦。そのうち「どうしても綺麗な和音ばっかりになって、松尾(早人)さんみたいなカッコいい不協和音が浮かばーん!」と叫び出す始末…。でも、私としてはちょっと面白かったんで、この様子を早人さんに伝えてみました。そしたら、そしたらですよ…!


わずか数時間後に「やってみました」って↓こんな楽譜が届きました…(;・`ω´・;)

HW_H.jpg


メールには「不協和音ではないけど、暗い感じにしてみましたよ」って言葉もあったんですが、これはおそらく早人さんご自身が暗い感じの曲が好きで、しかもうちの子も暗いのが好きってのを知ってくれてるからこその例だと思います。この心配りが、ほんと嬉しい(*^^*)


しかもですよ…「和音の羅列だけでは感じが分からないかもしれないので、この和音を使って適当にイントロ・メロディー・エンディングを乗せて曲っぽくしてみました」なんて言葉と一緒に、↓こんな素敵な曲までも作ってくれてました\(^O^)/

http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/music/HM.mp3
↑いつものようにタグでリンクを貼ると何故か「このファイルにアクセスする権限がない」とかいう文字が出て開かないんで、お手数ですがコピペして開いてくださいm(__)m


いやもう、これを聴いたときには親子ともども本気で息を呑みましたよ。
そして「何これ、ただ和音を作るだけの宿題やのに豪華すぎるだろ…。曲が豪華すぎて、もうベースになっとる和音や意識できん…すごすぎる!」と、まさにポカーン状態でした。

で、この感動を伝えたあとの早人さんからの言葉がまたいいんですよ。
「和音だけだとイメージが湧かないし、課題と実際の曲は別とか思ってしまいがちですからね。学校の勉強もそうですが、最近は勉強なんて社会に出たら役に立たないという妙な風潮があったりするので、そうではないということを知ってもらいたくて曲にしてみました」
ですって~!
これでまた親子で「深いなあ…!もう、どこかで先生として教えてくれたらいいのに…こんな先生なら、ずっとついていくよ!」と感動しきりでした(*^^*)



そして、この感動を誰かに伝えたくて、まず同じ松尾早人さんファンである元インペクのchocoちゃんこと張替夏子さんに話して、音源も聴いてもらいました。

そしたら「すすすすすすすばらしー!」と大興奮のあと、今度はそのchocoちゃんが「松尾さんが素敵な短調だったんで、私はわりとオーソドックスな長調を目指してみました♪」って言って、また別の和音を作ってくれたんですよ~!

HW_choco.jpg


chocoちゃんの左手は10度が余裕で届くそうで、そのおかげでこんな新しい世界が広がって来たわけですねえ。もちろん、生まれ持った手が大きいということもありますが、小さいころに先生に言われた「指を開くためのマッサージ」を大きくなってもずっと続けてたってところも大きいんだと思います(^.^)b


そして、さらに「この和音を使って、ピアノの小品っぽくアレンジしてみました」と言ってつけてくれた音源がこれ↓で、何とchocoちゃんの手弾きです\(^O^)/

http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/music/choco.mp3
↑こちらもさっきのと同じ理由で開かないんで、やっぱりコピペでお願いしますm(__)m


すご~く優しい音楽ですよね(・´ω`・)
我が家では、静かに雨が降る春か初夏の午後…みたいなイメージだったんですが、皆さんはどう感じられたでしょうか?



こうしたやりとりの間に我が家の父子の間では「これ、このまま持っていって先生に出したら"秀"がもらえるぞ!」「そんなん次からの宿題の出来と差がありすぎて、おかしいだろ!」「いける!何か言われたら "このときは天から何か降りてきたんです" って言え!」「ほな "こんなにできるんだったら、ちょっとこの場で作ってみて" って言われたらどうするんよ?」「そのときは "いまちょっと降りてきませんねえ…家に帰ったら降りてくると思います" って言うて帰ってきて、すぐ松尾さんたちにメールして作ってもらえ!」「アホ言われん!」っていう、ほんとにアホな会話がなされておりました…情けない(;^_^A



まあ、こんなアホな会話はともかく、こうした流れをまた別の友達に譜面や音源もつけて話したら「いやあ、良かったー!それにしても徳島の大学に集まった学生さんが1つずつ好きな音を言ったってのが出発点で、そのあと徳島と関東のやりとりで和音ができて曲ができて、そしてそれを横浜の私が聴きながら心地よい眠りにつく…ここまでのプロセスがまたミラクルだわ(((o(*゚▽゚*)o)))」なんて言葉をもらいました。

こう言われてみて初めて気付いたんですが、ほんと音がつなぐ縁っていうか…たった1つの音からこんなふうに広がっていくって、ミラクルですよねえ。その友達の言葉がすごく心に染みて、あらためて「音楽っていいなあ」って思いました。そして、できることならもっと色んな方の和音や作品を聴いてみたいなあなんて思いましたよ。誰か他にも解答例を作ってくれんかなあ…なんちゃって(^^ゞ


そうそう、奇跡はこれで終わらなかったんですよ☆彡
いまchocoちゃんはカフェなどで精力的に演奏活動を行ってるんですが、去る6月12日のライブでこの長女の課題をさらに即興アレンジしたものを弾いたんですって~!この話を聞いたときの何とも言えない高揚感と来たら…だって、ド田舎の大学で出た小さな宿題がこんなにも広がっていってるんですよ。もうほんと、親子そろって鳥肌が立つような感動を覚えました。

そのときのレポがこちらです♪

chocoちゃんは「1カ所、盛大に間違った~!何で違う音を弾いちゃったんだろう(>_<)」なんてショゲてましたが、きっと一般人には分からないレベルのミスだと思います…というか、chocoちゃんのことだから、そのミスさえも曲の中の1つの味にしちゃってる気がします(*^^*)



…と、ここまですごくいいお話の連続だったのに最後の最後で申し訳ないんですが、その早人さんの例を参考にして長女が書いたというのがこれ↓です。

HW_2.jpg


一応、早人さんに、そしてchocoちゃんにも見てもらったら、お2人から「できれば1つの和音の中で同じ音は使わない方がいいね」「同じ音を使うのはもったいない~!」などのアドバイスをいただきました。ふむふむ、なるほど…つまりオクターブは使わない方がいいってことですね。で、さっそく長女に伝えたんですが、その後どう直して提出したのやら…?(;^_^A


そういえば、また別の友達が…って、この記事のアップまでに何人に聴かせてるんだよって感じですが「Mちゃん(←長女の名前)が言ってた不協和音ってのはテンションコード(テンションノート)のことじゃないの?」って言われたんですが、何がどう違うのかサッパリ…。このへんはまたそのうち早人さんが解説してくれるっていうんで、そのときを楽しみに待ってようと思ってますo(^-^)o



いかがでしたか?
またこんなミラクルな広がりになる宿題が出たらいいのになあと思いつつ、今回の宿題のお話は終わりです(^O^)


↓6月19日追記
今回の宿題について、chocoちゃんが改めてブログで語ってくれてます→こちら
chocoちゃんの方に寄せられた感想や作曲の先生からのお話など素敵な内容になってますので、ぜひ合わせてご覧くださいね(*^^*)



好きな音が並んだ楽譜から、こんな風に曲がうまれてくるんですね!びっくりしました。どちらの曲もとても素敵でした(^^)
chocoさんの即興演奏、いつか聞きにいけたらいいな…。
2012/06/17 21:43 |ひこ URL [ 編集 ]

コメントありがとう~♪


今回のお話、一緒に感動してもらえて嬉しいじょ(^O^)
その横浜の友達が言うた「ここまでのプロセスがミラクル」ってお話、この記事をアップしてからさらに強く噛み締めとるよ…うん、しみじみと(・´ω`・)

ひこさんならchocoちゃんのライブを聴きに行ける可能性は高いし、ほんまいつか是非とも行ってほしいなあって思いますo(^-^)o
2012/06/17 23:51 |ゆみ URL [ 編集 ]


面白く読ませてもらいました。
すごいやりとりだなぁと感動しました。
でも一番何がすばらしいって、すばらしい2曲を聴いた直後にゆみさん家の「アホな会話」が挿入されることですよ。これが“ポポゆみクオリティ”だなと改めて感心しました。
また何かおもしろいことがあったら、記事にしてくださいね。
2012/06/20 15:21 |ザッキー URL [ 編集 ]

コメントありがと~♪


ザッキーさん、こんばんは~♪

今回の記事、楽しんでもらえて何よりです。
いやほんま、私もまさかこんなふうにまで広がってくるとは…って感じですよ~!
で、これって音楽だけでなく色んなことに通ずる話だと思うんで、最初の1粒を、そこから出た芽を、いつも大事に思っていきたいですね(*^^*)

…と、ちょっとマジメにレスしてみたんですが、

>でも一番何がすばらしいって、すばらしい2曲を聴いた直後にゆみさん家の「アホな会話」が挿入されることですよ。

そこですかぁ~!?(笑)

>これが“ポポゆみクオリティ”だなと改めて感心しました。

んまあ、表裏一体と言いますか、何と言いますか、これからもこんな感じでやっていきますよ~んo(^-^)o

>また何かおもしろいことがあったら、記事にしてくださいね。

は~い(^O^)

そうそう、いまchocoちゃんから娘に「私が作った例(この記事に貼ってるやつ)をMちゃん風にアレンジしてみて」っていう、難しいながらも素敵な宿題を出してもらってるんですよ~!

で、夕べ長女なりに作ってchocoちゃんに見せて、いろいろとアドバイスをもらったところです。それを元に分からないところは楽典などで調べるなりして、ぼちぼちと完成に近づけていこうとしてます。

ほんっと、娘は幸せものですよね(・´ω`・)
2012/06/20 23:33 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。