携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気がついたら4月ももう終わり…やりたいことはいっぱいあるのに、なかなか思うように時間が取れないもどかしい日々です(>_<)

そんなわけで、今月10日にさいたまスーパーアリーナで行われたさだまさしさんのバースデーコンサートで発表&情報解禁になった新アルバムのお話も今ごろになってしまいました(^^ゞ


その新アルバムですが、その名も「きだまきしとTake It All JAPAN ~テキトー・ジャパン」って言うんですよ~。今月10日で満60歳、デビュー40周年を迎えられたさださんの本格的パロディアルバムです(笑)


こちらはその新アルバムの発売に先駆けて発売されたCD-BOOKのジャケット♪

TIAJ_CD.jpg


で、そのアルバム録音が、去る2月15日にサウンドシティのAスタで行われました。
収録曲の一部はすでに↑のCD-BOOKにも収録されてて、しかもこちらで一部が試聴できるようにもなってますが、この中でおっちゃんが参加したのは「北の方から ~春かなり遠い→ホタテのテーマ~」と「幕下の女の子」の2曲。実はあと2曲やったんですが、それは6月13日に発売になる本アルバム(CD+DVD)の方に収録されてるみたいですね。アレンジは全てピアニストの倉田信雄さん。

さて、まずは「北の国から」をパロった「北の方から」の録音。何でも、倉田さんが直々に倉本 聰さんに許可を取られたとか…。で、やっぱりこの曲にパンパイプは外せませんよね~。先に入ってるさださん(きださん?)のギターと歌にダビングするという形だったそうです。あ、その、先に録ってあったさださんの音源にはクリック(メトロノームみたいなもの)が入ってなかったので、途中でテンポが変わる部分に急きょクリックを入れてもらったり、ちょっと差し替えなんかもしたそうですが、それでもわずか30分で終わってしまったそうですよ。こういうところ、ほんとすごいなあと思います!


その貴重な楽譜のごく一部をお見せしますね(^.^)b

20120215_2.jpg


そして、ここから約2時間半の待ち時間となります(;^_^A
まあ、もともとこの日は6時間半の拘束で、しかもいつものように少し早めにスタジオ入りしたおっちゃん&たまたま少し早めに始まった録音…ということで、余計に待ち時間が長くなっちゃったみたいですけどね。でも、ロビーに置いてあったMacを格闘しながら、メールやブログの原稿を書いて、ちゃんと有意義な時間を過ごしてたみたいですよ(*^^*)

残りの3曲はオケ編成の中でフルートという形だったそうです。
その1曲目はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35(参考動画→Youtube)のパロディで、キーもD-durからA-durに移調されてたそうです。まあ、これはきっと歌の関係だったりするんでしょうけど、それにしてもどんなふうにパロディにしたのか…気になるところです。

そうそう、この曲はパート譜だけで4ページ、編成も普通のオケと同じ編成、おまけにテンポが変わりまくりでちょっと大変だったそうです。まあ、これは先の「北の方から」とは違って最初から最後までクリックが入ってたのでテンポの変わり目のタイミングなんかは大丈夫だったそうですが、今回はそれに慣れるのに時間がかかったみたいですね。結局3テイクくらい録って、ようやくOKとなったようです。


続いての曲はヘンデルのオラトリオ「メサイア」の中の「ハレルヤ」をパロディにしたもので、編成はさっきより少し小さくなります。楽譜には「歌劇『うんざり』よりOB」と書かれていたそうですが、こちらも先のヴァイオリン協奏曲のパロディと並んで、本アルバムの方に収録されてる曲ですね。おっちゃんは「現場でコーラス部分は聴けんかったけど、もしかしてハレルヤって歌詞のところをゴルフの『OB』に変えとんやろか…」なんて言ってましたが、どうなんでしょうか…この2曲目は曲も短くテンポも変わらないので、ずいぶんと簡単に終わったようです。


ここでおっちゃんは再び休憩になり、平原さんのサックスやエリックさん達のフリューゲルホルンのダビングが終わるのを待ってたそうです。


そして休憩が明けてやったのは「幕下の女の子」ですが、これはもう説明も必要もないかな…特設サイトで試聴ができますが、ほんともう笑っちゃいますよね。これは是非CD-BOOKや本アルバムを買ってフルコーラスで聴かないと…!


写真は録音当日のキムチさんと倉田さん☆彡

20120215_1.jpg

 
こうして、録音は面白おかしく、そしてときに大変に…ですが、無事に終わったようです。


編成は、ピアノ&ボーカル(倉田信雄さん)、パーカッション&ボーカル(木村 誠さん)、フルート&パンパイプ(おっちゃん・金子奈美さん)、オーボエ(2)、クラリネット(2)、ファゴット(2)、トランペット&フリューゲルホルン(エリック宮城さん他)、トロンボーン(中川英二郎さん他)、ホルン(?)、パーカッション(女性)、サックス(平原まことさん)、弦(マサさんのグループ:86442→6422)、指揮(倉田信雄さん)、エンジニア(三浦克浩さん)でした。

おっちゃんと奈美さん以外の木管や金管、それにパーカッションはほとんどがクラシック系のオケの方々なのでお名前は不明。ブラス隊も最初の2曲はそのオケ関係の方でで、エリックさんや中川さんは3曲目からの参加ということのようです。


この日の現場の様子はマサさんのブログ(こちら)にも↓こんな感じの写真がたくさんアップされてますので、ぜひ合わせて覗いてみてくださいね(^_-)☆

20120215_A.jpg



最後に、今回のアルバムとは関係ないんですが、さださん流パロディの面白さを感じていただける動画を2つ貼っておきます。1つがオリジナルで、もう1つがパロディですね。まあ、この有名な曲をいかに面白くパロってるか…是非しっかりを歌詞を聴いて、大いに笑ってください(笑)そして、ほっこりしてください(*^^*)


関白宣言




関白失脚




いつもいつも詳しい報告ありがとうございます。
CDブックは聴きましたが、益々本編のCD(6月発売)が楽しみになりました。
こういう企画やらせるときだまきしさん抜群の才能を発揮されますね。
初期の頃のファンクラブ会報誌など、若かった事もあるのかパロディーやダジャレやおもしろ企画がいっぱいでした。
真面目に遊ぶと言う事ですね。
葉山洋三さんまで登場して大受けしたと同時に葉山さんの懐の大きさを感じました。

おっちゃんがどの様な形で参加されていたかとても良く分かりました。
もう一度その点を注意しながら聴きますね。でもCDブックはダイジェスト版にようなものですから6月が楽しみです。
真面目な方のアルバムに関しては情報があまりない(まだ今進んでるところでしょうか・・・・)のですがこちらも期待しています。

「関白宣言」と「関白失脚」はもう今となってはパロディーと言うよりも「関白失脚」はお父さんへの応援歌として確立されているように思います。

お忙しい中(新年度ですから)
詳細なレポ有難うございました。
2012/04/25 10:28 |こういちまま URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます~♪


こういちままさん、こんばんは(^O^)
さっそく読んでくださり、そしてコメントまでいただき、ありがとうございます。

さださんたちのこの振り切り感、ほんと気持ちよくて面白いですね!
私はまだそのCD-BOOKすらゲットできてないんですが、これはほんと6月に出るという本編でDVDを楽しみたいですね~!

マジメな方のアルバム録音についてはおっちゃんのブログにレポが上がったので、私の方はどうしようかなあと思ってるところです。まあ私は私の視点で、できれば新たな情報も加えて作れたらいいなあとは思ってるんですが…ゆる~い目で見守ってお待ちいただけたらと思います(^^ゞ

そうそう「関白失脚」は確かにお父さんの応援歌ですよねえ!
最初の妙な弱腰に笑って、あちこち思い当たるところがあってむず痒くなって、最後はほんと一緒に心から応援したくなる…聴いたあとの心に何か満たされるものがある素敵な曲だと思います(*^^*)

ほんと新学期&新年度で色々とバタついててなかなかレポが作れない状態ですが、今後ともどうぞよろしくお願いしますm(__)m
2012/04/26 00:57 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。