携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の大河ドラマ「平清盛」の音楽が吉松 隆さんで、予告の部分ではエマーソン・レイク&パーマー(Emerson, Lake & Palmer=EL&P)の「タルカス」を吉松さんがオケ版にアレンジしたものが使われたりして話題になってますよね。

私はその「タルカス」という言葉を、作曲家の松尾早人さんのプロフィールに「小学生時代にEL&Pのタルカスを耳コピ」と書かれていたので初めて知りました。


ちなみに「タルカス」とは想像上の怪物で、↓の絵のように「火山の中から現れて地上の全てを破壊して海に帰っていく」という物語になっているんだそうですよ。




その物語を「噴火(Eruption)」「ストーンズ・オブ・イヤーズ(Stones of Years)」「アイコノクラスト(Iconoclast)」「ミサ聖祭(Mass)」「マンティコア(Manticore)」「戦場(Battlefield)」「アクアタルカス(Aquatarkus)」の全7曲で表した、演奏時間が20分以上にもなる壮大な組曲です。こちら↓で全曲が聴けますよ。






で、このものすごく複雑な曲を松尾さんが小学生のときに耳コピしたってことは色んなプロフィールに書かれてますが、ご本人に聞いたところ、何と小学3年生のときらしいですよ~!

すごい…すごすぎる…。
私が小学3年生のときなんて、確か初めてソプラノリコーダーを手にして浮かれて、教科書に載ってる曲を片っ端からピーピーやってただけのような…。松尾さんは「難しくて3ヶ月くらいかかっちゃった」なんて言ってましたが、私からすれば3ヶ月でできたことも驚きですが、まずこんな曲を小3で耳コピしようと思ったこと自体にもう言葉がないです(^^ゞ


そうそう、松尾さんは藝大に入る前に2年ほど西村 朗さんに習ってたことがあるそうですが、その西村さんって吉松さんとすごく仲良しなんですよね。松尾さんは西村さんを介して吉松さんと会ったり、このタルカスの話をしたこととかあるのかなあ。いつか聞いてみよo(^-^)o



ところで、その吉松さんがご自身のブログのこちらで、今回の「平清盛」の音楽制作の様子について、タルカスのお話も含めてそれはそれは詳しく語ってくださってます。もうツイッターでも随分とRTされて話題になったんで読まれた方も多いかと思いますが、まだの方は是非…ほんと面白いですよ~!


↑の吉松さんの記事を読みつつ、平清盛のメインテーマをどうぞ(^.^)b




このメインテーマって、そのうち吹奏楽版が出されて色んなブラスバンドが演奏するんでしょうねえ。そのアレンジも気になるところですo(^-^)o



何かタルカスの話からあちこち脱線した気がするけど、まとまりがないのはいつものことか…。とにかく、久々にブログが更新できて良かった(;^_^A


こんにちは。
今年の大河は、吉松隆さんが音楽やるというのを聞いて、気になってました。

脚本にも多少期待していたので、実際にドラマが始まってみると、少年マンガちっくなのが、鼻につきますが、汚れなき清盛少年が、どう汚れていくのか、楽しみではあります(というか、ちゃんとできるのかしら)。

タルカスはこの番組ではじめて知って、CDを買おうとしたら一時期メーカー在庫切れになっていました。評判だったようですね。
「遊びをせんとや」が初音ミクで歌われる案もあったというのが、ネットで話題になっていますが、2枚目のサントラには収録されるかも?
http://www.youtube.com/watch?v=MzXjTDanPVo&list=UUE2faP5R1-9bQouC0pXP01g&index=3&feature=plcp

youtubeに吹奏楽版がすでにありますが、原曲のロックな感じで演奏するのは難しそうですね
2012/02/10 14:44 |ザッキー URL [ 編集 ]

コメントありがとうございま~す♪


ザッキーさん、こんにちは~♪

>今年の大河は、吉松隆さんが音楽やるというのを聞いて、気になってました。

この「平清盛」は大河ドラマ50年となる節目のドラマということでスタッフの皆さんの力の入れ方も相当なものらしく、放送前にも色んな特番で制作の様子が取り上げられてましたよね。その中で吉松さんのことも知り、私もとても気になってました。

>脚本にも多少期待していたので、実際にドラマが始まってみると、少年マンガちっくなのが、鼻につきますが、汚れなき清盛少年が、どう汚れていくのか、楽しみではあります(というか、ちゃんとできるのかしら)。

実は…私もちょっと「ん?」って思うところもあって、このところは斜め見なんです。でも、ザッキーさんとこのドラマに関してこう言葉を交わして、また「もうちょっとマジメに見てみようかな」と思えてきました(^^ゞ

>タルカスはこの番組ではじめて知って、CDを買おうとしたら一時期メーカー在庫切れになっていました。評判だったようですね。

わあ、そうなんですね!
今回の記事に登場してる松尾さんとも「ほんと、何がキッカケで日の目を見るか分からんねえ」なんて話をしてたんですよ。

>「遊びをせんとや」が初音ミクで歌われる案もあったというのが、ネットで話題になっていますが、2枚目のサントラには収録されるかも?

貼ってもらった動画、聴きました\(^O^)/
吉松さんのブログで初音ミクを使う案を知ったときには驚きましたが、あれが現実になるかもしれないんですね!
どんな感じになるのかすごく聴いてみたいような…でも松浦愛弓ちゃんの愛らしい、生の人間ならではのあたたかい歌声を知ってしまったあとだと少し複雑な気持ちにもなるような…とにかくサントラに収録されたら、またすごく話題になるんでしょうねo(^-^)o

>youtubeに吹奏楽版がすでにありますが、原曲のロックな感じで演奏するのは難しそうですね

あら、もう出てるんですね!…と思って検索してみました。
これですね?→http://www.youtube.com/watch?v=ZKYyCfA4NKg

もともとがオケやブラバンを意識して作られた曲ではないから、前に「題名のない音楽会」でやってたオケ版も「ロックか?」と聞かれるとちょっと厳しいものがあったように思いますよね。

でも、今年は色んな学校の吹奏楽部や一般の吹奏楽団がこの曲に挑戦するんでしょうねえ。そんなわけで私の地元でも生で聴ける機会があるのを、楽しみに待ってるところですo(^-^)o
2012/02/11 10:15 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。