携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る10月24日、神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターで、マサさんのブログにもしょっちゅう登場してる、石田泰尚さんのソロコンサートに行ってきました。





これはうちの地元で3年くらい前から年4回のペースで企画されてるコンサートの1つで、私は過去に同じ神フィルの山本裕康さんのソロコンサート(レポはこちら)や、同じく山本裕康さんとその弟である友重さん他による弦カルのコンサート(レポはこちら)などに行ったことがあります。

で、今回ひょんなことから石田さんのコンサートがあることを知り、さっそくマサさんに知らせると「ゆみちゃんが会いに行くって石田に言っとくからね」なんてメールが…。おかげで声をかけるキッカケができて良かったと言えば良かったんですが、やっぱりちょっと緊張。そういや石田さんには2009年1月に高知で行われたトリオBeeのコンサートで初めてお会いしたんで(レポはこちら)今回が2回目になるんですが、普段は直接メールとかしてるわけじゃないですからねえ。とにかく開場の少し前に着いて「さて、スタッフに頼んで呼び出してもらうか、演奏後に声をかけるか、どうしたもんか…」なんて悩んでたら、トイレの前でばったり会っちゃいました(^^ゞ

あまりに突然のことで最初はしどろもどろになったりしてたんですが、お互いに「マサさん」という共通のオモロい人がいるんで、その話なんかで大笑いして和やかな数分を過ごしました。そうして石田さんは着替えのために楽屋へ、私は学校が終わって駆け付けてきた子供たちと開場を待って着席しました。


☆私の席から見たステージ♪

20111024_1.jpg  20111024_2.jpg


この会場は床がフラットなんで前の人の頭がちょっと邪魔な感じなんですが、かぶりつきってのも嫌なんでここに…でも、ステージはちょっとだけ高くなってるんで、思ったよりは見やすかったです(^O^)

で、このコンサートはワインやジュースを飲みながら気軽に音楽を楽しむっていうのが1つの大きな特徴なんで、着席するなり早速いただいてきました。ワインやジュースの詳しい銘柄については、右端の写真で分かるでしょうか…私は今回も車だったんで残念ながらワインは飲めなかったんですが、ジュースと一緒にカボチャのシュークリームもいただいてきましたよ(*^^*)

20111024_3.jpg  20111024_4.jpg  



さて、今回の演奏プログラムですが、石田さんにお聞きしたところによると「ワイン片手に…ってことだったんで、ちょっと遊び心のあるものを選んだ」とのことで、ピアソラの曲がメインになってました。


ピアソラ:来るべきもの
ピアソラ:オブリヴィオン
ピアソラ:タンゴの歴史より「カフェ1930」「ナイトクラブ1960」
ピアソラ:アヴェ・マリア(昔むかし)
ピアソラ:ル・グラン・タンゴ

   ~休憩~

ナイジェル・ヘス:ラヴェンダーの咲く庭で
ナイジェル・ヘス:ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジー
ジョン・ウィリアムズ:シンドラーのリスト
シュニトケ:ポリフォニックタンゴ
ガーデ:ジェラシー
ビジョルド:エル・チョクロ


石田さんは上下とも黒の衣装で颯爽と登場し、まず1曲目を演奏。石田さんの風貌、全身からにじみ出る独特のオーラ、艶やかでセクシーな音色…もう最初の1曲だけで会場の聴衆全員の心を鷲掴みにし、みんなワインとか飲むのも忘れて聴き入ってました。そして大きな拍手の中で石田さんが「ども…こんばんは…」って感じで挨拶を始めたんですが、すぐに「僕…ほんと喋りとかダメなんで…あとはこっちに…」って言いながらピアノの中岡太志さんにマイクを突きつけ(ほんと、"ん!"…って言いながら突きつけてましたw)トーク交代(笑)

その後は中岡さんが1曲ずつとても丁寧に解説してくださってたんですが、これがまたすごく面白いんです。やわらかな声となめらかな語り、その中にときどきジョークも挟んだりして会場の空気を和ませ、そして「次に演奏されるのは一体どんな曲なんだろう…石田さんならどういう演奏するんだろう?」と強い興味を抱かせる…ほんと、すごいと思いました。もちろん、トークだけでなくてピアノもすごく素敵だったんですよ☆彡

ああ、ほんとはもっと色んなことを書き留めておきたいのに、忙しくてなかなかレポが作れずにいたら記憶が曖昧になってしまった…。あ、ピアソラの「ル・グラン・タンゴ」のときだったかなあ。中岡さんが「この曲はジャズ系の人が弾くとジャズっぽく、タンゴ系の人が弾くと本格的なタンゴに、そしてクラシックの人が弾くとクラシックっぽい上品なタンゴに…と、弾く人によってすごく表情が変わる。今日はちょっとクラシックで上品な雰囲気のタンゴでお届けします」なんて説明があって、そういうのを踏まえて聴くというのも面白かったですね。個人的には「ジェラシー」って曲が印象的でした。石田さんの音色が何ともセクシーで煽情的で、それでいてときに激情的で…その場の状況が目に浮かぶようでした。

そうそう、プログラムの中にあった「カフェ1930」の中で、ほんの何フレーズかだけ不思議な音色を出すところがありました。前にタジタジさんこと東響の田尻 順さんに実演してもらった「スル・ポンティチェロ(こちら参照)」という特殊奏法なのかなあとも思うんですが、またちょっと違うような…?


とにかく、親子そろって瞬きするのも忘れて石田さんの演奏姿に見入ってました。そして、石田さんがものすごい高い音をピアニッシモで弾くところなんかは、無意識に息も止めてて演奏が終わったと同時に大きく息をつくって感じだったり…ほんと、アッという間の2時間弱でした。もっともっと聴きたかったなあ(>_<)



演奏終了後は石田さん関連のCD販売とサイン会。たくさんの人が並んで、サインをもらってました。

20111024_6.jpg  20111024_7.jpg


で、私も「ドルチェ ヴァイオリン」というCDを買って、サインしてもらいました~!

20111024_CD.jpg



あ、演奏が始まる前…そう、トイレの前で会ったときに「あとで写真を撮ろう」ってことになってたんで、サイン会が終わって落ち着いたところで写真を撮らせていただきました。石田さんを中心に子供たちと3人で撮ったり、私も含めて4人で撮ったり…ほんと、たくさんワガママを聞いていただいて感謝感謝ですm(__)m

20111024_5.jpg


こうして感動いっぱいのコンサートが終わって帰路についたんですが、帰りの車の中で子供たちは早速マサさんに「石田さんのコンサート、すっごい良かった!」なんてメールしてました。そしたらマサさんもすぐに返信してくれ、何だかんだと石田さんのことを茶化してました。この「茶化す」ってのが、マサさんなりの石田さんへの愛情の表れなんですよねえ。普段マサさんとメールしてると、いかに石田さんのことを大事に思ってるか…というのがよく分かります。

こんな田舎でいるとそう機会はないと思いますが、それでもまたいつか必ず石田さんの生演奏が聴きたいです。そう強く思うくらい、ほんとにほんとに良かった!


う~ん、まだ何か色々と書き足らないような…そのうち思い出したら追記するかも、です(^^ゞ


ゆみさん
素敵なコンサートに行かれたのですね。

ワインを飲みながら音楽、なんて。おっしゃれ~! って、そこかい?(笑)
いえいえ、ヴァイオリンの曲だけを、それも解説付きなんて、なんと贅沢な!

『題名のない音楽会』で拝見する石田さんと、普段着の石田さん、ずいぶん雰囲気が違いますね。
「トークが苦手」というのは、イメージ通り(笑)

「ジャズの人が弾くとジャズっぽく、・・・」というお話、おもしろいですね。
聴き比べてみたくなりました。

ゆみさんはジュース(ワインでなくて残念でしたね)+かぼちゃのシュークリーム?カロリー高そう(笑)
でも、素敵な音楽を聴いて、美味しい物を食べて。至福の時を満喫されたようで、うらやましいです。
ワインの説明の紙に、1回目ってあるので、次が楽しみですね。
近くでこんなコンサートないかなぁ。
ワインもシュークリームもなくていいから。

それにしても、トイレ前でばったり!というのが、なんとも。
石田さんのイメージじゃないよ~!(笑)

次はどんなコンサートのレポになるのでしょう?
楽しみにしています!
2011/11/13 17:07 |らばぴか URL [ 編集 ]

コメントありがとうございま~す♪


らばぴかさん、こんばんは~♪

>ワインを飲みながら音楽、なんて。おっしゃれ~! って、そこかい?(笑)

あはは!らばぴかさんらしいですね(笑)
いやほんと、ちょっと普通のコンサートとは違った雰囲気で(演奏中も室内がわりと明るい)このシリーズはなかなか面白いなあと思ってます。でも、金銭的&時間的な問題も多くて、滅多に行けないんですけどね…orz

>『題名のない音楽会』で拝見する石田さんと、普段着の石田さん、ずいぶん雰囲気が違いますね。
>「トークが苦手」というのは、イメージ通り(笑)

そういや、前に「題名~」でデューク更家さんにいじられてたときも、しどろもどろだったなあ。
見た目はちょっと怖そうにも思うんですが、奏でる音色はほんと繊細で艶やかで素敵なんですよ(*^^*)

>「ジャズの人が弾くとジャズっぽく、・・・」というお話、おもしろいですね。

そうそう!
同じ曲でも奏者によってどんなふうに変わるのか、私も聴き比べてみたいですo(^-^)o

>ゆみさんはジュース(ワインでなくて残念でしたね)+かぼちゃのシュークリーム?カロリー高そう(笑)

シュークリームのあとはクッキーやレーズンチョコみたいなのも配られてたんですが、私の数人前で品切れになっちゃいました…(泣)

>ワインの説明の紙に、1回目ってあるので、次が楽しみですね。

次はハープのソロだったかなあ。
去年は東響クラリネットの十亀さんなんかもいらしてたんですが、行けませんでした…。このシリーズはソロが多くてその方の音色をじっくりと楽しめるんで、できるだけ多く行きたいと思ってるところです。

>それにしても、トイレ前でばったり!というのが、なんとも。
>石田さんのイメージじゃないよ~!(笑)

ほんと、まさかこんなところで…って感じでした(笑)
でも、それでも、慌てずにこやかに対応してくれた石田さん、やっぱり素敵です☆彡
2011/11/13 18:41 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。