携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月から始まったドラマの1つに「蜜の味」というのがあります。
榮倉奈々さん演じる森本直子という医学生と菅野美穂さん演じる病理系医師の原田 彩が、ARATAさん演じる消化器系外科医の池澤雅人をめぐって激しい火花を散らせるという三角関係の人間ドラマです。脚本は大河ドラマ「功名が辻」や映画&ドラマ「セカンドバージン」を手がけられた大石 静さん。





で、このドラマの音楽を手がけられたのが横山 克さんなんです。
横山さんと言えば、最近だと「荒川アンダー ザ ブリッジ」や「フリージング」というアニメの音楽のほか、ドラマ「華和家の四姉妹」やテレビ朝日で放送中の「ワイド!スクランブル」のテーマ曲(Arabesque)を手がけられてる方ですね(^.^)b


その横山さんの劇伴ですが、第2話までを見た限りでは弦カルの渋い音楽が多いように思います。あとはホイッスルの目立つ、ちょっとケルト風な音楽とか…とにかく、目立ちすぎず大げさすぎず絶妙なバランスでドラマを支え、そして「こんなドロドロのドラマに、こういう音楽(例えばケルト風とか)を持ってくるかあ!」みたいな意外性もあって、すごく楽しんでます。


今回の音楽の中にちょっと不思議な音色のするヴァイオリンソロがあるんです。それが今野 均さんグループによる弦カルの音楽とはまた別に、ときにはスリリングに…ときには土臭く登場人物の心情を煽ってるんです。

で、この音色が気になったので横山さんにお話を伺ってみると、これは「ハルダンゲルンヴァイオリン(別名:ハーディングフェーレ)」というノルウェーの民族楽器の音なんだと教えていただきました。。ネットで調べてみると、4本の弦を使ってるところはヴァイオリンと同じですが、サイズはヴァイオリンより少し小さめで、しかも指板の裏には4~5本の共鳴用の弦というのが張られてるんだそうです。詳しくはこちらや、ハルダンゲルヴァイオリニストの山瀬理桜さんのHPをご覧くださいね。


横山さんはこの楽器を3~4年前に矢野小百合さんという方から紹介していただき、いつかどこかで使えないかとずっと考えてらしたそうです。そして、ついに今回のドラマで…というわけですね。演奏してらっしゃるのは、その矢野小百合さん。横山さんは今回の録音で矢野さんに演奏をお願いできたことが、ほんとにほんとに嬉しかったそうです(*^^*)

あ、その矢野さんは、先ほどご紹介した山瀬さんのHPのこちらに載ってらっしゃる方です。とにかくすごく素敵な音色だし、横山さんも「想像以上に色んなことができる楽器だったので、たくさん使わせていただきました」とおっしゃってたので、これからもドラマ中で色んなメロディで使われる可能性は高いと思います。これは要チェックですよ~!


ほかにはハイランドハープを使った曲があったり、スタジオではあまりやらない奏法でのチェロのソロがあったり…と、横山さんは今回の音楽の中で色んなことに挑戦されたようなので、こちらもしっかりとチェックしていきたいところです。あ、ハイランドハープについては朝川朋之さんのHPのこちらに詳しい説明があります…って、実はこのドラマの中でそのハイランドハープを演奏されてるのも、朝川さんなんですよ(^.^)b


物語は第2話で池澤雅人と原田 彩がすでに夫婦という形に納まってしまったので、これが今後どういう形で変わって(揺らいで?)いくのか、そしてそれらを横山さんの音楽がどう彩っていくのか、ぜひ見てみてくださいねo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。