携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マサさんこと篠崎正嗣さんが6月の始めから枝豆を育てて、その成長記録をブログにつづってるのを知ってる方も多いんじゃないでしょうか?


そもそもキッカケはこんな感じでした。

で、この枝豆を「技豆」と名付けて甲斐甲斐しく世話をしてたわりにはなかなか発芽せず、ブログ上で「押鐘の奴は何か恨みでもあるのか…」とか「押鐘の奴がくれやがった…」なんて枝豆を贈ってくれた押鐘貴之さんに対して悪態をついてましたが、何とか種まきから約1ヶ月後に無事1つだけ発芽し(こちら)、その後は順調に育ってるようです(^O^)

それからも私への私信で「押鐘の奴のせいで、鉢を買ったり土を買ったり霧吹きを買うハメになった」と愚痴ってたりしましたが、実はとっても楽しそうです。そして、8月27日現在ではもうこんなに大きくなって、食べられるまでのカウントダウンが始まってますよ~!


さて、そんな「押鐘の奴」こと押鐘貴之さんがどんな方なのか、ちょっとご紹介したいと思います。

まずマジメに語ると…東京藝術大学音楽学部附属音楽高校→東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻を卒業され、九州交響楽団や広島交響楽団、それに新星日本交響楽団のゲストコンサートマスターなどを務められる傍ら、スタジオミュージシャンとしても活躍されてたそうです。


↓こんな方なんですよ♪

   

 
最近は加藤ジョーさんのグループ(RUSH STRINGS)のトップサイドとして弾いてらっしゃることも多いようですが、かつてはマサさんのグループにもいらしたみたいです。だからマサさんとも、あんな仲良しなんですね(*^^*)


で、その押鐘さんの素敵なソロが聴ける作品の1つに、2002年に公開になった劇場版ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」があります。

この映画の音楽はおなじみの宮崎慎二さんとアコーディオン奏者のcobaさんが担当されてたんですが、そのcobaさんが作られた音楽の中で押鐘さんがソロを弾いてます。ちなみに、宮崎さんが作られた音楽の方の弦はマサさんのグループでした。でも、このころはまだ押鐘さんもときどきマサさんのグループで弾いてたみたいですよ。この映画のときだけ別々になったって感じかな?


DVDを再生しようとすると↓のようなメニュー画面が出てくると思いますが、このバックで流れてる音楽をしばらく聴いていると、押鐘さんのソロが流れてきます。



この曲は本編中にも使われていて、そのシーンの映像がまたすごく綺麗なんです。ぜひ合わせて見ていただければ…と思います。


ほかには…

☆アート引っ越しセンターのCM→こちら


☆爽健美茶のCM




☆ボシュロム メダリストのCM




☆アヒルのワルツ




などでも、押鐘さんの音色を聴いていただけます(^.^)b
こうしてみると、知らず知らずのうちに押鐘さんの音を耳にしていたことに驚きませんか?

さらに詳しいお仕事情報については、押鐘さんのブログのこちらをご覧くださいね。


あと、今年の10月21日に銀座の王子ホールで行われる赤沢啓子さんのソプラノリサイタルでは、榊原大さんのピアノとともに押鐘さんの生の演奏が聴けるようですよ。詳しくはホールのサイトのこちらをご覧ください♪


そうそう、うちのHPではもうおなじみのミナさんこと関 美奈子さんとは、高校からの同級生なんだそうです。実は、このミナさんのご紹介で押鐘さんとのご縁ができました。これからまた機会があれば押鐘さんのお仕事について取り上げさせていただきたいなあと思ってますので、どうぞお楽しみにo(^-^)o


最後になりましたが、もうすぐ食べられてしまいそうな技豆くんも要チェックですよ~。その日が来たら、きっとまた押鐘さんもマサさんのコメント欄に出てきてくれるのでは…と期待してます( ´ ▽ ` )

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。