携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月から始まった新番組をいくつか見てるんですが、その中に「NO.6」というのがあります。これ、HPを通じて知り合ったふかちゃんの日記で初めてそのタイトルを目にし、その後あちこちで見かけるので話題作なんだろうなあと思って、とりあえず録画してみたんです。そしたらまあ、思いのほか面白かったです…と言っても、まだ1話を見ただけなんで分かってない部分も多いんですが、何かこう引き込まれるものがありました。背景などの絵の美しさも魅力の1つかも?

原作は、前に漫画・ドラマ・映画で話題になった「バッテリー」の作者でもある、あさのあつこさん。そのあさのさんが書かれた近未来SF小説で、原作は2011年6月に最終回を迎えてるようです。お友達のふかちゃんによると、どうも最後までずっと苦しく厳しい感じなんだとか…。でも、これ児童文学みたいなのに、最後までそんな苦しい内容なんて…いやもう、これを聞いてますます興味が湧いてきてる私です(^^ゞ


音楽は鈴木慶一さん。
実は私はあまり詳しく存じ上げないんですが、ウィキなどで調べたところによると、昨年公開された映画「ゲゲゲの女房」や2003年に公開された「座頭市」などの音楽を手がけられてる方のようですね。

で、たった1話を見ただけで語るのはおこがましいにも程がありますが、何ていうか…私が普段よく聴いてる劇伴とはまたちょっと違う雰囲気のものが多いように思ったんで、そのあたりも興味のあるところです。さあ、今後どんな物語が繰り広げられるのかな?o(^-^)o


コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。