携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月25日

サウンドインのAスタで、劇場版アンパンマン「すくえ!ココリンと奇跡の星」の音楽録りが行われました。


スタジオの、いつもなら「Aスタでは○○の録音」「Bスタでは△△の録音」みたいな各スタジオのスケジュールを映し出してるディスプレイにはこんな貼り紙が…そして、その下には紙に印刷されたスケジュール表が譜面台の上に置かれてますね。

20110525-5.jpg


この時期は7月から始まる新番組や夏休み用の映画の音楽録りがたくさんあるし、同時に全国3カ所を回るJASRACのコンサートもあるので、毎年おっちゃんはお仕事がバッティングしないかとハラハラドキドキなんです。特に今年は、さだまさしさんのツアーもありますしね(^^ゞ

でも、何とかこの劇場版アンパンマンには今年も無事に参加できることとなり、おなじみのメンバーと顔を合わせることができました。あ、アンパンマンの録音は、毎年ほぼ同じメンバーで行われてるんです。だから、仲間内では「同窓会」なんて呼び方もされてるとか…このブログやHPの方にも過去の録音レポがいくつかありますので、良かったら覗いてみてくださいね(^.^)b


さて、音楽は今年ももちろん近藤浩章さんです。
下の写真は近藤さんとアシスタントの佐藤由理さんですが、こうしてお写真でご紹介するのは、これが初めてかも?

20110525-3.jpg  20110525-1.jpg

 
過去のレポを見ていただくと分かるかと思いますが、アンパンマンの音楽のもう1つの特徴として「打ち込みを使っていない」ということも挙げられるかと思います。今年も現場では、フォーリズム・弦・ブラス・木管・パーカッション、それに手弾きのシンセで完全な同時録音という形で進められたそうですよ。おっちゃんが参加してる最近の劇伴録音では、生のドラムやベースまで入ってるのはわりと珍しいんだそうです。


☆小池さんのグループです♪

20110525-2.jpg


今年のアンパンマンメンバーは、弦(小池弘之さんのグループ:64221)、フルート&ピッコロ&リコーダー(おっちゃん)、オーボエ&イングリッシュホルン(石橋雅一さん)、クラリネット&バスクラリネット(星野 正さん)、ファゴット(前田正志さん)、トランペット(エリック宮城さん・菅坂雅彦さん・横山 均さん)、トロンボーン(?)、チューバ(佐藤 潔さん)、ホルン(南 浩之さん他)、パーカッション(越野禎子さん)、サックス&クラリネット(渕野繁雄さん)、ドラムス(見砂和照さん)、ベース(岡沢 章さん)、ピアノ(エルトン永田さん)、ギター(伊丹雅博さん)、シンセ(宮本 一さん)、ラテンパーカッション(菅原裕紀さん)、指揮(熊谷 弘さん)、エンジニア(山崎 進さん)でした。


☆エンジニアの山崎さん

20110525-4.jpg


あ、笛のパートにはリコーダーの曲が3曲あったそうですが、特に楽器の指定はなかったそうです。なので譜面の様子から判断して1曲はソプラニーノで、あとの2曲はアルトリコーダーでやったんだとか…。

今回の音楽の全体的な雰囲気としてはちょっと懐かしい感じがしたそうなので、このリコーダーの曲というのも牧歌的なシーンで使われたりするんでしょうか…おっちゃんの吹くリコーダーのあたたかくて優しい音色が、小さい子どもたちの心にもしっかり響くといいなあ(*^^*)


この映画は2011年7月2日(土)から全国でロードショーとなります。どうぞ、お楽しみにo(^-^)o




夏休み映画の季節がやってきますね。
今年はいつにも増して、アンパンマンに頑張ってほしいですね。

こうして丁寧に作られた音楽が、子供たちの見る映画で流れるって、素敵だなと思います。
そんなお仕事に今年もおっちゃんが参加できて良かったですね。
「同窓会」という呼び方も良いな。
そんな温かい雰囲気が音楽に出るのでしょうね。

懐かしい感じのおっちゃんのリコーダー。
どんな風に流れるのでしょう。聴きたくなっちゃった!
でも、一人で映画館に見に行く勇気はないなぁ。
いくらアンパンマンから勇気をもらっても(笑)
テレビ放映を待ちます。
2011/05/27 03:31 |らばぴか URL [ 編集 ]

コメントありがとうございま~す!


らばぴかさん、こんにちは~♪

> 今年はいつにも増して、アンパンマンに頑張ってほしいですね。

ほんとねえ!
いつだったか、今回の大震災で被災された方々のいる避難所で色んなアニメソングを流したら、アンパンマンのマーチに励まされたって声が多かったとか…何だか胸が熱くなるお話ですよね。
だから、ほんと今年はいつもに増して頑張ってほしいです。

> こうして丁寧に作られた音楽が、子供たちの見る映画で流れるって、素敵だなと思います。

うんうん、私もそう思います。
そして、こうやって心を込めて作った音楽は子供たちの中に何か大事な種を残して、いつかきっといい形で芽吹いてくれるんじゃないかなあとも思ったり…。

> でも、一人で映画館に見に行く勇気はないなぁ。

これには力強く同意(^^ゞ
まあ、もともと映画館に行けること自体が滅多にないんですが、それにしても幼児向けの映画に1人ではちょっと…でも、映画の成功を心から祈りたいと思います♪

そうそう、こんなところで何ですが…メールとても嬉しく読ませていただきました。
そして、それこそアンパンマン並みに励まされてますよ~。
ほんとありがとうございます(*^^*)
2011/05/27 13:46 |ゆみ URL [ 編集 ]

ども(^^;


私がアンパンマンを知ったのは、テレビアニメが放送されるようになってからです。
だいぶ遅いですね。なにぶん田舎というのありましたが。そして、その頃たまたま
ドリーミングが地元にコンサートに来るというので、見に行ってからです。その後、
何度か一人で映画を観に行きましたが、今はチビ(姪っ子)たちがテレビなどで
楽しむ様子を見て、また楽しんでいるという感じです。
近藤さんの音楽は、生演奏ももちろん素晴らしいですが、打ち込みでも音の持ち
味を十二分に生かしたものに仕上がっていますね。

余談ですが、近藤さんのサインと本も持ってます(^_^;。
2011/05/27 22:58 |Mighty URL [ 編集 ]

コメントありがとうございま~す!


Mightyさん、おはようございま~す♪

Mightyさんのコメントを見て「アンパンマンっていつから放送してたんだろう」とちょっと調べてみました(^^ゞ
そしたらウィキによると、1970代にはもうNHK教育版ってのが放送されてたんですね~。

私はいつ知ったんだろう…子供が生まれるちょっと前だったのかなあ。
だからもちろん、そのNHK教育版も16ミリ版というのも知らなくて、日本テレビ版ですね。
で、その日本テレビ版は1988年から放送してたんだとか…いやあビックリ!
かなり古いんですねえ。
Mightyさんのコメントのおかげで、また1つ新しいことを知ることができました♪

ところで、お1人でも映画に行ってらしたとは素晴らしい!
私もそうできればと思うものがいくつもあるんですが、どうにもヘタレで…。

そういえば、近藤さんにお会いしたことがあるって前に話してくださってましたよね!
サインと本なんて、ほんとお宝ですね(*^^*)
もし今年の映画も観られたら、ぜひ感想を聞かせてくださ~いo(^-^)o
2011/05/28 07:03 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。