携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る1月15日に、このブログのこちらで、映画「星を追う子ども」の録音があったことを少しだけ書かせていただきましたが、その正式な録音レポがようやくアップできました!


☆映画「星を追う子ども」の録音レポはこちら


この映画の音楽は、作曲が天門さんという方で、その天門さんの音楽を多田彰文さんが編曲してらっしゃいます。で、多田さんに「編曲とは?」というストレートな質問をさせていただいたところ、とても素敵なコメントがいただけました。これは是非とも読んでいただきたいです。

あと、おっちゃんの笛のお話で「え…実はこういうのが難しいの?」なんて部分もあって、なかなか面白いレポになったんではないか…とも思っています(^^ゞ







また、今回のレポでは「譜面制作」についてのお話もあります。簡単に言うと、多田さんが作られた音楽データを関 美奈子さん(うちのブログでもときどき登場するミナさん)がシベリウスというソフトを使って譜面にする…というお話なんですが、これがとても読み応えあります!

音楽を聴くのは好きだけど、どんなふうに作られてるのかなんて全く知らない…という方に少しでも作曲家さんのお仕事を知ってもらえたらいいなあと思ってお願いした企画だったんで、ミナさんがたくさんの画像を使って分かりやすく説明してくれてます。中には初めて聞くような言葉もあるかもしれませんが、あまり抵抗なく読めると思います。ぜひ読んでくださいね(^.^)b


☆ミナさんによる「譜面制作のお話」はこちら


すでにツイッターなどで広げていただいて多くの方が読んでくださってるようなんですが、どなたからもとても好評でほんと嬉しい限りです。

ご自身も作曲などをされる方からは「MIDIデータで来るとは驚き!」とか「自分もシベリウスを使ってるけど、すごく勉強になった!」とか色々と奥深いところで感激したとのメッセージをいただいてますし、私と同じような一般の方からは「作曲とか編曲って、五線紙と鉛筆でするのかと思ってたけど違うのね~!」「作曲家さんって機械音痴じゃなれないんだね。すごいなあ…!」「おもしろ~い!私もあのソフトで何か色々とやってみたくなったよ!」なんていうメッセージをいただいてます。

こんなふうにたくさんの方が作曲家さんのお仕事に興味を持っていただけてるみたいで、このページを企画した目標が達成できて、とても嬉しく思っています。

ほんと、こんな素晴らしいレポを書いてくださったミナさんに心からの感謝を♪
そして、これからも色んなお話を聞かせていただいて、私なりのレベルとペースで勉強させてもらえたらなあって思っていますo(^-^)o


最後になりましたが、そのミナさんのレポートの最後にある用語解説欄のためにご指導・ご協力くださった皆さん、ありがとうございましたm(__)m

ツイッターやmixiやメールを通じて、しかも飲み込みの悪い私のために何度も何度も表現方法を変えて説明してくださったおかげで、あのページをアップしたあとは「間違った解釈もしてないし、僕らでは出来ない噛み砕き方で良かったよ!」なんてお褒めの言葉をいただいたりもしています。本当にありがとうございました(*^^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。