携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来たる3月19日から「ジャンプ HEROES film」と題して、いま週間少年ジャンプで連載中の「ワンピース」と「トリコ」という漫画が初の3D映画として公開されます♪

ONEPIECE.jpg   toriko.jpg


…でも、失礼ながら私は「トリコ」という作品は初めて聞いたので、ちょっと調べてみました。すると、ものすごいマッチョで強そうな人が主人公なんですが、それが「美食屋」さんと呼ばれるハンターなんですって。いわゆる「美食家さん」みたいに美味しいものを食べて優雅に語るっていうんじゃなく、究極の食材を求めて世界中を旅して歩くんだそうです。その中でもカリスマ的な存在の美食屋の名前が作品タイトルにもなってる「トリコ」なんだそうです。

で、究極の食材を手に入れるためには、ときには危険がいっぱいの未踏の地に足を踏み入れたり、とてつもなく恐ろしい敵と戦ったりすることもあるようで、そうした大冒険を中心に物語が進められるようです。それで、あんなマッチョなんですね~。あ、そのトリコと一緒に「小松」という料理人も旅するみたいなんですが、これがまたえらく弱そうな感じのキャラなんですよ。そんな危険な場所で食材を求めて敵と戦うのに大丈夫なんでしょうかねえ…うん、なかなか面白そうな内容じゃないですか♪


ここで、今回の映画の予告映像の動画を貼っておきますので、ぜひ見てみてください。3Dなんてものを見慣れてない私なんかはちょっと酔いそうな気がするんですが、それにしてもすごい迫力ですよ~!





この動画のバックで流れてる音楽は東京スカパラダイスオーケストラの皆さんによる演奏で、今回の「ワンピース」の主題歌と劇伴、そして「トリコ」の主題歌を手がけられてるそうです。


そうなると気になるのが「トリコ」の劇伴ですが、これを水谷広実さんが作曲されてるんです(^O^)

水谷さんと言えば、お師匠さんである高梨康治さんとともに「地獄少女」「こんにちはアン」などの音楽を創ってこられてる方ですね。最近では、高梨康治さんが劇伴を担当されている「NARUTO」や、私がかなりハマってた「屍鬼」のお手伝いもされてました。

で、いままではこうして高梨さんと一緒に…という感じだったんですが、今回は水谷さんお1人で担当されてるようなんです。これは水谷さん独自の世界を堪能するには、すごくいいチャンスだと思いますよ(^.^)b


また、この「トリコ」は4月からテレビアニメとしても放映されるんですが、この音楽も水谷さんが手がけられてます。公式サイトによると、4月3日(日)の朝9時から放送のようですので、こちらも楽しみにしていたいところです。

そのアニメ化に向けての主役の声優さんのインタビューが、アニメのアニメのサイトのトップ、もしくは映画のサイトの「ムービー」のページで見られますが、そちらでもこの作品の面白さをとても熱く語ってくれてますよ♪


さて、ここで水谷さんにお聞きした映画とテレビ版の音楽の編成を…

弦(伊藤佳奈子さんのグループ)、フルート&ティンホイッスル(高桑英世さん)、ギター&ウクレレ(藤澤健至さん)、ベース(大山徹也さん)、デュデュク&シンセサイザープログラマー(高山 淳さん)だそうです。

この「デュデュク」って聞き慣れないでしょ?(私だけ?(^^ゞ)
アルメニア・トルコ地方の楽器で、正式には「Duduk」と書くようです。これ「世界でいちばん哀しい音色を持つ楽器」なんて呼ばれてるそうですよ。動画検索をすればその音色を聴くこともできるんですが、ここは1つ水谷さんの世界の中で聴いてほしいと思いますo(^-^)o


そうそう、水谷さんには去年9月の上京の際にお会いすることができたんですが(こちら参照)、私ともとても気さくにお話してくださる素敵な方だったんで、思い切って今回の音楽について「どういうことを意識したか」「映画とテレビ版にはそれぞれどんな特徴があるか」みたいな感じで、もう少し踏み込んだコメントをお願いしてみました。それでいただけたのが↓こちらです♪


「大きな意味では、わくわくするような冒険、自然の壮大さ、などがテーマです。 主人公に関しては、力強さとか怒りとか、、、少年が好きなヒーロー像が浮かべばいいなと思いました。 明確な敵キャラが存在するアニメなので、敵キャラには恐怖を感じるように。

映画はオーケストラ主体、テレビはそれに加えてロック色、民族色を感じさせる音楽が出てきます。 」



私がこのコメントを読んで最初に感じたのは「ああ、水谷さんは作家としてよりまず普通の男の子として、この物語をすごく楽しんでるんだなあ」ってことです。これって、すごく大事なことだと思うんですよね~。どんな場所で、どんな敵と、どんな風に戦うのか、そしてその中で登場キャラたちは何を感じて、何を得ていくのか…そんな壮大なドラマを水谷さんの音楽がどう彩っていくのか、ぜひ劇場版とテレビ版の2つの世界を楽しんでいただけたらなあと思います(*^^*)


冒頭にも書きましたが、映画は今月19日から、テレビ版は4月3日からの放送です。どうぞお楽しみにo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。