携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ごく最近ツイッター上で「相手を思いやるつもりで言った言葉が全く逆の…まるでその相手を責めてるかのように受け取られて驚いた」というツイートを読んだんですが、こういうことってときどきありますよね。実は私も同じようなことがあったばかりだったので、すごく胸が痛かったです(>_<)


ここ数ヶ月、もし私の存在を意識してその人(音楽業界の方じゃないです)が思うように行動できてないんだとしたら申し訳ないなあ…と思うようなことがあって、思い切ってその人に「私はその件には関わってないんで、私のことならどうか気にせず…」という内容のメールをしたんです。私なりに送信前に何度も何度も読み返し、できるだけやわらかな言葉や言い回し方を選んで送ったつもりだったんですが、結果としては想像だにしてなかった意味で受け取られてしまいました。

ほんと、文字だけで気持ちを伝えるって難しい…。
あれから何度か「どういう書き方をすれば上手く伝えられたのかな…」って考えてるんですが、いまだに答えは出ません。私はやっぱりダメですねえ…ほんと凹みます。


このまえ私が某レポ完成にちなんで書いた「全面的に協力してくださったおかげで…」という言葉もそうです。あれはただ、レポを褒めてくださった方々に「決して私の功績ではない」ということを伝えたかったのと、協力してくださった方々への心からの感謝の意味だけで書いた言葉なんです。

レポを読んでくださると察しがつくかと思いますが、そのレポのときには先に譜面の一部を見せていただけたんですよね。しかも、私の「これはどういう意味?」「ここはどうしてこんな書き方をしてるの?」という質問に1つ1つ丁寧に答えていただけたのは、レポを作る上でものすごく大きな力となりました。それで、作家さんがたった1つの音や1つの和音に込めた思いなんかも知ることができたわけですから…。また、その楽譜を元に演奏者さんのお気持ちを聞くと、演奏者さんの曲に向かう姿勢や技術の素晴らしさだけでなく、そこから現場の厳しさなど色んなことが見えてきました。録音レポを作らせていただくようになって8年ちょっと、それぞれのレポの中で色んな発見や感動があったんですが、こんなにたくさんの発見があったのは初めてだったんです。

だからこその感謝の言葉だったんですが、見方を変えると「じゃあ、先に資料や譜面を見せない方が悪いの?」と思われる方もいるかもしれませんよね。絶対に絶対に、私はそんなことは微塵も思ってないんですけど…。とにかく、あの一文はツイッターでも同じようなことを書きましたが、この言葉で本当にいいんだろうか…と悩みに悩んだんです。いまもまだずっと「もしかしたら、あの言葉で嫌な思いをさせてしまった方がいるんじゃないか…」と、怖かったりもしています。


まあ、あまり考えすぎてもコミュニケーションが上手くいかないとは思いますが、でもやっぱり発言する前にひと呼吸おいて「もし別の立場だったら…」って考えてみるということは肝に銘じていたいなあと思いました。そして、もう1つ「こんな記事をブログに書いてもいいんだろうか…」と、また別のことで考え込んでる私がいるんですが、自分自身への戒めの意味を込めて書いてるので許してやってくださいね(^^ゞ


明日は午後から声楽の演奏会、夕方からは高校の吹奏楽の演奏会…と、演奏会ハシゴです。全く違うジャンルですが、どちらもとても興味があるんで楽しみですo(^-^)o

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/01 19:15 | [ 編集 ]

コメントくださった方へ


非公開コメントだったので当たり障りのないお返事しかできませんが…コメントくださってありがとうございました(^-^)

この記事はあえて曖昧な書き方をしてる部分が多くて分かりにくかったと思うんですが、共感していただけたようで嬉しかったです。

ほんと、どんなにこちらが気をつけていても、心から相手を思いやったつもりで書いていても、まっすぐに届かないことってあるんですよね…。これだけでも大きなショックなのに、その相手から思いもよらない強い意味合いの言葉が返ってきたりしたら心が折れそうになって、しばらくは文字を見るのも書くのも辛くなることがありますよね(>_<)

でも、こちらに全く悪意がなかったのなら、いつかは分かってくれるんじゃないでしょうか…私はそう信じてますし、そうでも思わないと前に進めないなあとも思っています(^^;

私は今回の件で学んだことをこれからの言動に生かして、また前向きに頑張っていきたいなあと思っています。コメントくださった方も、いつかまた「文字だけの交流でもあたたかいって感じられるんだなあ」と思える日がきますように…心からお祈りしています(*^^*)
2011/03/01 20:19 |ゆみ URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/05 09:12 | [ 編集 ]

コメントありがとう~♪


まさか○さんもコメントくれるとは…で、これまた非公開コメントだったんで、こんな形でのレスでごめんね(^^ゞ

そうやねえ。
うん…普通の人ならそんな受け取り方はせんと思うんですが、でもこればっかりは分からんからねえ。いまのところは何もないけど、もしかしたら…とか思っちゃうわけです(;^_^A

こういうのって、受け取り側の置かれてる状況や心理状態によっても随分と結果が変わってくると思うんよね。ましてや、表情も声のトーンも分からん文字だけのやりとりとなると…。

もちろん、こちら側はそういうの全てを考えて言葉を発するなんてことはなかなかできんけど、それでもできるだけ自分の中であれこれ吟味してから送る必要はあるなあと思ってるところです。

心配してくれてありがとう!
ちょっと凹んだけど、もう大丈夫ですp(^^)q
2011/03/05 14:01 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。