携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年6月2日

鳴門「第九」コンサートの2日目です。この日の合唱隊も、鳴門「第九」を歌う会や全国「第九を歌う会」連合会の皆さんなんですが、前日とかなりメンバーが入れ替わってるとか…つまり、同じ人が2日連続で出演できないほど、全国各地から大勢の方が集まって来られたってことですよね。ほんと、すごいなあ。このあたりのことについては、前日の飲み会でもすごく話題になりました。

「第九」演奏会・2

↑のチラシを見てもらうと分かるように、この日のオケは東京交響楽団。やっと、や~っと田尻さんの演奏する姿が見えます。しかも、前日の飲み会で親しくなった方もいるので、ほんっとに楽しみでしたo(^-^)o

そうそう、その前日の飲み会のときに私が「制服でかっこよくキメた姿を撮りたい」って言うと、皆さんが口々に「じゃあ、ゲネプロが終わるころにおいでよ~!」なんて言ってくださったので、お言葉に甘えてゲネプロの後半からお邪魔することにしました(^^ゞ

私が会場に着いたときには、ちょうど合唱隊がスタンバイして第4楽章のリハが始まるところだったので、どうせなら…と、ゲネプロも覗かせてもらうことに…(^o^)

☆左から…タジタジさん、福留さんと木村さん、成田さん♪

田尻 順さん   福留さんと木村さん   成田 寛さん

どうです?
飲み会でのゆるゆるな笑顔とこのキリッとした演奏姿とのギャップがいいでしょ~?

私が座ってた位置からは成田さんが後ろ姿しか見えないってのが惜しいんですが、成田さんの演奏する姿って素敵なんですよ~。ときどき体を大きく揺らせて力強く演奏する姿には、どこか神奈川フィルの石田泰尚さんを思い出すところがあったり…で、あとでそんな話を成田さんにしたら「前に一緒だったことがあるから(同じオケにいたってことかな?)少しは影響されてるかも…でも、あそこまでじゃないでしょ~?」なんて言ってました。

あ、そのときにタジタジさんや木村さんたちも口々に「石田さんはね、あんな風にすごい動きをしながら演奏するけど、それとは対照的に、音はものすご~く繊細なんだよ。ほんとビックリするくらい繊細で綺麗な音…そのギャップがまたいいんだよね~♪」と大絶賛でした。いつか、生で、しかも間近で聴いてみたいなあo(*^^*)o

さて、いよいよ私が望んでた制服(←こう言うとタジタジさんと成田さんに爆笑されました(^^ゞ)姿の写真です。飲み会のゆるゆる写真からゲネプロで私服に楽器ってだけでもすごく大きな変化があるのに、こうするとさらに…でしょ?

☆左から…福留さん、タジタジさん、木村さん、成田さん♪

出演前の記念写真

成田さんは東響さんではないんで、よ~く見ると服装がビミョーに違うんですが、こうして揃うとデュークエイセスみたいですよね(^◇^;)

☆2日間のパンフレットとコンサートプログラム♪

パンフレット   コンサートプログラム


さあ、ついに2日目が開演!
最初はモーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲だったんで前日とは比べようがないんですが、やっぱり音が違う~。すごい…東響さん、すごいです~。まあ、アマチュアオケと比べるというのはどちらのオケに対しても失礼な話なんですが、音のふくらみ方や流れ方がさすがだと思いました(^o^)

で、メインの「第九」も、オケと合唱隊の一部が入れ替わったってことで1日目とはまた違う色彩があって、これまたとても楽しめました。あと、演奏を楽しむのはもちろんですが、私の場合はタジタジさんや木村さん、成田さん、さやかさんたちの演奏する姿を必死で目に焼き付けたり、西本さんの勇ましい指揮に見入って思わず涙しそうになったり…と、別の意味で忙しかったです(;^_^A

最後はまたスタンディングオーベイション。それも、前日よりも多くの方が立ち上がって(多分9割以上の人が立ってた)西本さんと演奏者の皆さんに力いっぱいの惜しみない拍手を贈ってました。いや~ほんとに感激でした(T_T)

そして、またまた飲み会にお邪魔することに…私ってば、どこまで図々しいんだか(;^_^A

この日はエキストラのヴァイオリニストさん2人も参加されて計8人で、前日と同じ「○坐(まるざ)」というお店に行きました。皆さん、あの最後のスタンディングオーベイションに驚かれてて、口を揃えて「今まで第九は何度もやってきたけど、あんなに盛り上がって、あんな風に皆が立ってるのなんて初めて見た…」って言ってました。私自身が「第九」を生で聴いたのが初めてなんで何とも言えないんですが、へぇ~そうなんじゃ…と、妙に感心してしまいました(^-^)

☆美人のヴァイオリニストさん2人を加えての記念写真♪

居酒屋「○坐」にて…

実は、もうちょっとタジタジさんがちゃんと写ってる写真もあるんですが、それは私の顔もハッキリ写ってるんで、こっちだけってことで…(^^ゞ

この日の飲み会で成田さんや木村さん、そしてさやかさんに私との間では楽器の構造や音色の話で盛り上がりました。タジタジさんが「成田は歩く電子辞書なんだよ」って言うくらい、ほんとに成田さんは物知りなんですよ~。弦だけでなくピアノや木管楽器についても詳しいし、作曲家の歴史や背景、古楽器のことからラテン語の発音にいたるまで何でも知ってて、すごくいい勉強をさせてもらいました(^o^)

また、木村さんは小学2年生のころから花札が得意だったってことを暴露する楽しい人だったり、福留さんは土佐男(高知出身)なのにあまりお酒が飲めなかったり…と、意外な一面を見せてくださったんですが、何と言ってもタジタジさん。

タジタジさんには寡黙なイメージがあったんですが、喋る喋る…しかも、ボケもツッコミも適度にあって、ものすご~く楽しい人だと思いました。東響さんと徳島交響楽団とは友好提携っていうのをしたらしいんで、これからもときどき徳島に来てくれるといいなあo(^-^)o

それから、お会計のときに面白かったことが…1日目のお会計のときに、タジタジさんが「1人デーセンでよろしく」って言ってたんです。でも、私はそれが何のことか分からなくてオロオロしてたら、皆さんが2000円を用意しだしたんですね。つまり「デーセン」とは「D千」のことで、音符のC・D・E・F…でいう2番目の「D」なんで2千円なんだそうです。いやはや、ちょっと面食らいました…が、それにしても安くついたでしょ?(ちなみに、2日目も3千円で済みました!)

そうそう、こうして皆で盛り上がってるときにも、この居酒屋さんを出て皆でラーメンを食べに行ったときにも(深夜2時半)タジタジさんと私の携帯に何度もマサさんから面白画像のメールが届いてて、2人で他の皆さんに「ほら、またこんなのが来たよ…」って見せ合って、皆で「マサさん…まだ起きてるの?」なんて言ってその画像に大笑いしたりもしました。

☆携帯メールで徳島オフに乱入した(?)マサさん♪

マサさん


ああ、書きたいことが多すぎて困ってしまう…このブログであまり長く書くと読むのが大変だと思うんで、いつかまたHPの方でさらに詳しいレポを作ろうかなあ。とにかく、とてもとても貴重な時間を過ごさせていただきました(*^^*)

飲み会でお知り合いになった皆さん、楽屋でお世話になったスタッフの皆さん、ほんとにありがとうございましたm(__)m

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。