携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「神のみぞ知るセカイ」のFLAG 9.0…つまり第9話を見ました。

この第9話は、録音レポの中にアップした楽譜の曲がついに流れた回でもありました。その情報をくださったマノントロッポさん、ほんとにありがとうございました~!この記事も見てくださってたらいいんだけどなあ…。

もともとこのアニメは音楽が流れてる時間が多く、音量もわりと大きめで劇伴ファンには嬉しい作品なんですが、この9話は特に音楽の占める割合が大きかったです。そして、ものすごく効果的でした(*^^*)


あ、ぜひ松尾早人さんや中村充時さんにご協力いただいて作った録音レポと、松尾さんの音楽を実際に演奏された松田真人さんからのコメントを読んでみてくださいね(^.^)b


☆その9話はこちらで見られます♪


え~っと、まず…この作品のヒロインであるエルシィが図書館に入っていくあたりの音楽なんてフルで流れてましたし(↑の動画の3分30秒あたりからの曲で、このシーンのために作られた音楽だそうです)、CMが明けてから流れたワルツ(↑の動画の12分44秒あたりから流れる音楽)もフルで楽しめました。

このワルツ、このまえ海外向けNHKの番組内で松尾さんが「あまり当たり前な感じにはしたくないって思ってる」みたいに話してた通り、和音の感じとか全体的な雰囲気がちょっと独特なんですよ~。私、かなり好きなんです(*^^*)


で、マノントロッポさんからお知らせいただいた例の曲(↓の写真の曲)は、番組の終わりの方…図書委員の女の子が高い棚にある本を背伸びしながら取った拍子によろめいて、それを桂馬が支えた瞬間あたりから流れました。上にある動画で言うと19分55秒くらいからです。



よろめいた拍子に手から滑り落ちてしまった本と自分自身を受け止めてくれたお礼を言いたいのに、恥ずかしさとどう言えばいいのかと迷いすぎてるあまりなかなか「ありがとう」の言葉が出ない…そんな可愛らしい乙女心の描写シーンにほんとによく合ってて、粒のハッキリした繊細で豊かな松田さんのピアノと艶やかであたたかみのあるマサさんのヴァイオリンソロにうっとりでした(*^^*)


編成は「HELLSING」なんかに比べるとずっと小さめですし、松尾さんが大好きっていうブラスもほとんどないんですが、「レ・ミゼラブル ~少女コゼット~」のような上品さと「風来のシレン」のようなテクノ系(…って言うのかな?)がたっぷり楽しめる素敵な作品です。また、打ち込みだけで作った曲の中にも、変拍子や変わった音源をふんだんに取り入れた面白い曲もありますしね♪

映像的にはアニメなのに漫符による演出が多くてちょっと目が疲れるなあって思うときもあるんですが、音楽を大事に扱ってくれてるのが分かるのは嬉しいですね~。ただし、たまに松尾さんが作ったのではない、ありモノの音楽も使われてたりするので(何話か前にあったロッキーのテーマのパロディとか…)そのあたりは要注意です(^^ゞ


サントラは3月23日に発売♪(延期になったみたい)→Amazon


短い曲や、ピアノの発表会で弾いたら良さそうなピアノソロが多いように思うんで、できるだけたくさんの曲が収録されるといいですねo(^-^)o


早速記事を書いていただき、感謝しております。
まさかあの憧れの松尾早人さんからコメントをいただけるとは思っていませんでした。

松尾さんと言えば、ゲームやアニメを題材としたオーケストラコンサートの編曲者として活躍なさっており、特にホルンの効果的な使い方は印象に残っています。
その松尾さんがこの作品の音楽を担当なさるということで、私もこの作品を原作であるコミックから触れてみました。
ちなみに、松尾さんが音楽を担当するアニメを観るのは「魔法騎士レイアース」以来、実に15年ぶりになります。

結局、サンデー本誌に追いつくほどハマってしまいました。
このようなすばらしい作品に出会え、さらにこの作品のアニメを楽しめているのは松尾さんのおかげです。
以前、田中公平さんと篠崎正嗣さんのライブで見かけた際にお礼を言えなかったのが悔やまれます。

ちなみに例の楽譜の曲は3話の最後でも流れていました、ごめんなさい。
これと今回流れた分を合わせると、この曲のほぼすべてが劇中で流れたことになります。
また、この記事でも取り上げられている3拍子の曲は私も好きな一曲ではありますが、9話冒頭ほかで流れるこの曲のアレンジ(もしくはその逆)と思われる曲も気に入っています。
こちらはピアノと独奏ヴァイオリンというシンプルな編成ですが、このエピソードのヒロインの心情を語るには充分すぎると言えます。

そろそろこの作品も最終回を迎えますが、第二期に向けてどのような終わり方をするのか、またどのような曲が聴けるのかが楽しみです。
2010/12/14 21:46 |マノントロッポ URL [ 編集 ]

コメントありがとうございました~♪


マノントロッポさんへ

>まさかあの憧れの松尾早人さんからコメントをいただけるとは思っていませんでした。

喜んでいただけて私も嬉しいです♪
…というか、私こそあんな嬉しいコメントいただいて、ほんと感謝です。で、やっぱり今回も嬉しくて、すぐに「松尾さん、見てぇ~!」とこのコメントのことをお知らせさせていただきました(^^ゞ

そしたら「レイアースまで知っていたとは驚きです!」って~♪
余談ですが、実は3日くらい前からたまたま松尾さんと「レイアース」の話をしてたんですよ。
だから、すごくタイムリーで、それにも驚きました(^O^)

あとは↓こんな感じです(^_-)☆

>また、この記事でも取り上げられている3拍子の曲は私も好きな一曲ではありますが、9話冒頭ほかで流れるこの曲のアレンジ(もしくはその逆)と思われる曲も気に入っています。

これ、松尾さんが「あのワルツはピアノバージョンのアレンジでもあるんですが、そこまでちゃんと理解してくれてるんですね。」と感心しつつ「しっかりとテーマを聴き取ってくださるのは、作曲家冥利につきますね。」と、すごく嬉しそうでした(*^^*)

いやあ、前にコメントくださったときにも「マノントロッポっていう音楽用語をHNにしてるくらいだし、あの画像で楽譜も読み取れてたし、かなり音楽のできる人なのかなあ」なんて話してたんですよ。ほんと、すごいですね☆彡

>特にホルンの効果的な使い方は印象に残っています。

ですよね~!o( 〃゜▽゚〃)ゝオォー!!
うちは上の娘が部活でホルンをやってることもあって、ほんと松尾さんの音楽に…そしてあのホルンの使い方にはメロメロです。あと、トロンボーンの使い方もかっこいいですよね~?

>ちなみに例の楽譜の曲は3話の最後でも流れていました、ごめんなさい。

あら、そうでしたか…いえいえ、お気になさらず♪
うちは先日までアナログでしか見えず、その録画予約もちょっと面倒で何度か失敗してるんで、3話で流れたことには気付いてませんでしたよ(^^ゞ

>以前、田中公平さんと篠崎正嗣さんのライブで見かけた際にお礼を言えなかったのが悔やまれます。

えぇ~っ!それって、9月にあったトークライブですよね?
何と、あの場にいらしたんですか?
それは残念…私もいたので、ぜひお会いしてみたかったです(>_<)

>そろそろこの作品も最終回を迎えますが、第二期に向けてどのような終わり方をするのか、またどのような曲が聴けるのかが楽しみです。

ほんとですねo(^-^)o
第2期の音楽録りにおっちゃんが参加できたらかなり詳しいレポが作れるんじゃないかと思うんですが、もしダメだったらもう松尾さんご本人に聞いて、また何かしらの音楽情報をお届けしますね(^.^)b

原作からしっかり読み込んで、あの作品をちゃんと理解した上で音楽を真摯に聴いてくださる…松尾さんにとってもすごく励みになってるんじゃないでしょうか(*^^*)

あ、今日あたりまた松尾さんの別のお仕事情報(もうご存知かも?)をブログ記事にしたいと思ってますので、お時間ができたら覗いてやってくださ~い。コメント、ありがとうございましたm(__)m
2010/12/15 07:36 |ゆみ URL [ 編集 ]

初めまして


私は松尾さんの音楽が大好きで、いろいろ調べていたらこちらにたどり着きました。
しかも、譜面まで載せてくれているなんて!うう、、ありがたいです・・
これは、サントラの「恋の調べ」の譜面ですよね?
私は趣味程度にではありますがピアノを弾くので、こちらの譜面を参考にさせていただきます。
(だいぶ小さい画像ですが、それでも問題なさそうです笑)
また松尾さんの現場レポートを楽しみにしています!(そして譜面も・・)
それでは失礼します!

2015/05/09 16:29 |えま URL [ 編集 ]

コメントありがとうございます♪


えまさん、はじめまして!
私も松尾早人さんが大好きなので、コメントとても嬉しく拝見しました(*^^*)

大人の事情であまり大きなサイズでは載せられなかったんですが、「恋の調べ」だと気付いてくださるとは…さすがですね!

そうそう、ピアノを弾かれるのでしたら、うちには早人さんのピアノ曲に関してこんな記事もありますよ♪

http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/studio20/studio20-20110131.htm

http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/studio21/Kaminomi-piano.htm

あと、どんなところであの素晴らしい楽曲の数々が生まれてるのかが分かる、早人さんの仕事場にお邪魔したときの記事もあります。

http://popoyumi.web.fc2.com/index/hataraku_occhan/matsuo/studio.htm

…って、どんだけ早人さんが好きなんだって感じですが、ほんと音楽もお人柄もとても素敵な方で大好きなんです(*^^*)

また早人さんのことをご紹介できる記事が作れるよう頑張りますので、たまに覗きに来てみてくださいね♡

このたびは素敵なコメントをありがとうございました!
2015/05/09 21:31 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。