携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕方はるさんから「スタードライバーの放映後にハガレンの映画告知があったよ!」ってメールをもらったんでちょっと探してみたら、映画の公式サイトがオープンしてました~!

劇場版「鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星」

これ「丘」って書いて「ミロス」って読むんだそうです。ギリシャのミロス島と何か関係があるんでしょうか…?



この映画の監督を務められるのは村田和也さん。
「コードギアス 反逆のルルーシュ」で副監督を、「交響詩篇エウレカセブン」「絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイク」「亡念のザムド」で絵コンテをされてた方のようですね。

で、脚本は真保裕一さん。
映画「ホワイトアウト」や「アマルフィ」のほか、今年の劇場版「ドラえもん のび太の人魚大海戦」の脚本を手がけられた方のようです。

あとキャラクターデザインは小西賢一さん。
「耳をすませば」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」などのジブリ作品をはじめ「新世紀エヴァンゲリオン」「劇場版NARUTO 大興奮!みかづき島のアニマル騒動だってばよ」などの原画を手がけられてる方ですね。



では、ここでトレーラーをどうぞ(^.^)b




このトレーラーを見るとキャラの顔つきなんかは少し水島監督版のに似てるように思うんですが、それ以外に何となくジブリ作品の雰囲気が漂ってるような気がするのは、監督さんとキャラデザさんが共にジブリ作品を数多く手がけてるせいなのかなあ。特に敵の見た目とか…。はてさて、どんな物語が繰り広げられるのやら!?


それにしても、テレビ版と劇場版でこんなにもスタッフさんを総入れ替えするなんて、かなり珍しいことなんじゃないかなあ。まあ、入江監督版が始まるときには放送開始直前に色々あって、結局それがずっと尾を引くことになってあまりいい結果を残せなかったとのことなので、もしかしたらその影響もあるんでしょうかねえ。でも、入江監督版が伸び悩んだ原因はそれだけではないと私は思ってるんで、もしそうならこの変更はちょっとお気の毒な感じもします…。新たに引き受けられる方々だって、ものすごいプレッシャーでしょうしねえ(;^_^A

ちなみに、キャストはその入江監督版のときのままみたいです。まあ、現時点で発表されてるのが主役2名を含むメインキャラ6名だけなんでこの先どうなるか分かりませんけど、とりあえず去年の春のような混乱はなさそうです(^^ゞ

ところで、音楽は誰が書かれるんだろう…。
水島監督版はモスクワで、入江監督版はワルシャワで録りましたが、今度はどこで録音するんだろう…とにかく今後の情報が、そして2011年夏の公開が楽しみですo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。