携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何か、このところ私の身辺で大きなイベントが続きすぎて、ブログもレポ作成もすっかり放置状態になってます…すみません。でも、それでもときどき拍手ボタンを押してくださる方がいて、そのあたたかさにほんとに励まされてます。ありがとうございますm(__)m

では、とりあえず簡単にですが、日記もどきを…(^^ゞ



先日、私の地元で↓のようなコンサートがありました。




で、これにタジタジさんこと田尻 順さんが来てくれるって分かったのが7月…いや、8月ごろだったかなあ。何はともあれ、このコンサートが決まった去年の秋ごろからずっと「僕も行きたいけど、多分ダメだろうなあ」って感じだったので、夏のある日「1泊だけだけど、僕も行くことになったよ!」ってメールをもらったときは、ほんとに嬉しかったです(^O^)


あ、このコンサートにはうちの子供たちも出演する予定だったんで、当日は14時すぎに会場に到着。子供をホールに送り込んだあとしばらく待ってると、タジタジさんたちを乗せた東響ご一行様のバスがホールに着きました。ホールの入り口付近で出待ち?来待ち?をしてると、前にこのブログのこちらこちらでご紹介した「じゃな」こと謝名元 民さんとこちらでご紹介した荻野 昇さんにお会いしました。そのあとに会ったタジタジさんとは「荷物を置いたらまた出てくるよ」「うん、待っとる」ってな話をして、そのままタジタジさんは控え室へ…。

そして待つこと数分。
前日にサントリーホールで定期演奏会をやってきたこともあってか少しお疲れ気味でしたが、無事にタジタジさんと田中公平さんのトークライブ以来2週間ぶりの再会。ここで早速シリウスに関する質問をさせてもらいました(^O^)


シリウス弦楽四重奏団のHPTOPICSページを見てくださってる方はもうお気づきだと思いますが、これでやっと第7回定期演奏会のプログラムが発表になりました!

ちなみに↓こちらです(^.^)b

シューベルト:弦楽四重奏曲第13番 イ短調「ロザムンデ」
ベートーベン:弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 op.127


☆プログラムを教えてもらってるときに撮ったタジタジさんです♪




携帯でなく、ちゃんとデジカメで撮れば良かったなあ。
まあ、とにかくこのときに…

ゆ「ロザムンデってのは、タイトルは聞いたことあるわ」
タ「うん、有名な曲だからね」
ゆ「で、あとはベートーヴェンって…今度は2曲だけ?」
タ「うん、長いし、大変な曲だからもう2曲だけで…」

なんてやりとりがありました。
こうして、またもや私の無知っぷりをさらしてしまったんですが、これからちょっとずつこの楽曲について調べて、ヴィオラの成田さんにも助けてもらって、また恒例の「楽曲解説ページ」を作りたいと思っていますp(^^)q



このあとタジタジさんはゲネプロへ…私は一緒に来てた友達とホール近くの喫茶店に、開場までお茶しに行きました。で、この日は満席ってことを事前に聞いてたんで、いい席を取ろうと18時半に開場なのに17時ごろにはホールに戻ってきました。そしたらもう、すでに待ってる方が…


☆ホールの外観と正面玄関の写真♪

   20101010-2.jpg


そして友達と「風が出てきたなあ」「日が落ちたら寒うなってきたなあ」なんて言いながら1時間ちょっと待って入場。長いこと並んだおかげで、ほぼ理想的な席を取ることができました☆彡


☆開演前のホールの写真です♪




10月初めにあったリハのときにはひな壇(…って言うの?)が出てなかったし、その後も「本番もひな壇はない」って聞いてたんで、これを見たとき「おおおっ!」って感じでした。だって、何かこれだけですごく豪華になったような気がするんですもん(^^ゞ


19時に開演して終わったのが21時半と、かなり長いコンサートでした。でも、満席の会場からは楽章の合間にも大きな拍手が起こるという盛り上がりっぷりで、しかも最後の子供たちと東響さんとの共演には指揮の秋山和慶さんも満面の笑みで子供たちに向かって大きな拍手をするという、ほんとにあたたかい雰囲気で、そして熱いものがこみ上げてくるようなコンサートで、とても良かったです(^O^)


演奏終了後は私は子供たちをダンナに頼んで、タジタジさんたちが泊まってるホテル近くの居酒屋へ行き、弦とブラスで総勢20名強、2部屋に別れて賑やかな宴会となりました。その場にはレポで何度かお名前を書かせていただいたクラリネットの十亀正司さんや、1ヶ月くらい前の「題名のない音楽会」で素敵なソロを聴かせてくださってたオーボエの荒 絵里子さん、次女のトロンボーンを選定してくださった上田智美さんなどもいらっしゃいましたよ。演奏やホールに関する貴重なお話から、タジタジさんとトロンボーンの荻野さんによる漫才のようなやりとり(主に群響時代のお話)をたくさん聞かせてもらって、ほんと大満足でした。このあたりのことはまた追々ブログで話題に出していければなあと思っています(*^^*)



さて、明日はさだまさしさんの徳島公演です。
お昼頃におっちゃんから「もう徳島に入っとる…いま吉野川ハイウェイオアシスっていうSAじゃ」なんて電話をもらい、明日の夕方に会う約束をしました。今回のコンサートでは前にブログのこちらに書いたパンパイプも披露されるでしょうし、いまからもうドキドキです。はぁ~楽しみ楽しみo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。