携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月から新しいドラマやアニメがたくさん始まってますが、その中で私はアニメでは「屍鬼」「ぬらりひょんの孫」「戦国BASARA 弐」「黒執事2」なんかを見ています。ほかにも幾つか録画はしてるんですが、なかなか見る時間がないのが辛いところ…。


で、本音はもう言うまでもなく、最初は劇伴が目当てで見始めました。
でも、思いのほか内容が良くて次が気になるなあってのは「屍鬼」です。前にこちらでも少し触れましたが、とにかく映像や音楽は怖いんです。とてもリアルタイムでは見られません。ただ、昼間に落ち着いて見ると、人の生死とかについてちゃんと考えるキッカケみたいなものも感じられて、そこがいいなあって思います。

たとえば4話の作中で「若い幼なじみとその子供が病気で死にそうなので落ち込んでる…」「変なの。病気の人がお年寄りなら落ち込まないの?」「そういうわけではないけど、若い人が死ぬというのはひどいことだと思わないか?」「死は若い人も老いた人も、善人も悪人も関係なく平等に訪れる。特別にひどい死はない。だから死は恐ろしいのよ…」みたいなやり取りがあるんです。このあたりには、何かうまく言葉にできませんが、深く考え込むものがありました。こうした話って、医療従事者の友達とも話す機会が多いんですよね。

ちょうどつい最近、田中公平さんのブログのこちらの記事で「今のアニメは萌えかスタイリッシュで塗りつぶされてる」なんてお話があって激しく同意したんですが、この「屍鬼」は第6話まで見た限りではちょっとそうした作品とは違うかなあと思いました。

あと、音楽には人の歌声…それも吐息まじりのような歌い方をしてるのを使ってることが多くて、これがまた余計に怖いんですよ。最近は「戦う司書」のサントラもお気に入りでよく聴いてるんで、この「屍鬼」と並べてみることで人間の声の表現力の幅、そしてその効果の幅の広さを改めて感じてます。そういや第6話では綺麗なヴァイオリンソロが流れてたなあ…演奏はどなたなんでしょ?

shiki-HP.jpg  shiki-4_1.jpg  shiki-3_1.jpg


次は「ぬらりひょんの孫」です。
これは相変わらず内容的には「ごくせん」「犬夜叉」「結界師」あたりを足して割ったような気がしないでもないんですが、それはたまたま私が先にその3作品を見てるからであって、この作品だけを見てたら面白いものだと思いますよ~。あと、あんな夜中のオンエアじゃなく夕方にしてもいいのに…って思いますねえ。妖怪の絵がちょっと不気味ですが、他のキャラはすごく可愛いし、小中学生にウケるんじゃないかなあ。

で、公平さんの音楽ですよ!
和風とはまでは言い切れないけど、でもどこかに日本の風情が感じられるような美しいメロディから、お祭りのお囃子のような雰囲気のもの、それに戦闘シーン向けのような野太い感じのものまで、ほんとに楽しめます。第4話(だったかな?)のお囃子のような音楽、公平さんの音楽の中では意外で面白かったなあ。ほかにはタイトルコールのときの音楽が好き。あれ、着メロとして配信してくれたら、メールを受信したときの着メロにするのになあ。また、このアニメを第6話まで見た限りでは音楽も効果音もなくキャラが喋ってるだけってシーンが多いんで、もうちょっと音楽が流れてもいいかな~なんてことも思ったりしてます(^^ゞ

☆「ぬらりひょんの孫」録音レポはこちら

nuramago-1_1.jpg


あとは「黒執事2」です。
これはもう何ていうか…え~と、ギャグアニメ?
第1話こそダークな雰囲気だった(でも、かなりグロかった…)けど、その後はどうもツッコミどころ&笑いどころが満載のような…。あと、先ほどの「萌えかスタイリッシュ」って話で言えば、その両方とも多いように思います。特に、ある一部の女性ファンを狙ったような露骨な表現が多いんですよね。私はそのBLっていう世界を否定するつもりも非難するつもりもないですが、番組自体があからさまにそれを狙ったような表現をするのはどうも…ってところです。それに汚い言葉を使ったり、食べ物を弄ぶ…みたいな見てて不快になるシーンも多くて、映像または物語としては私は苦手ですねえ。何ていうか、もうちょっと品があってもいいのになあって感じかなあ。

でも、岩崎 琢さんの音楽はほんとに素敵で…正直「このシーンにこの音楽はもったいないなあ」なんて思うこともしばしば。このまえオンエアのあった第6話のBパートの執事2人が戦うシーンの音楽なんて、長女はビデオを何度も巻き戻して「ここの音楽ええわ。このホルンがいい!」なんて聴いてましたよ。私もあそこの音楽は特に好き。でも、悪魔な執事2人が普通に体術戦をやってるのに笑ってしまって「この音楽に合う、もっと迫力があってカッコいい戦い方があるんちゃうの?」なんてことも思ってましたけど(^^ゞ

ほんと、惜しむらくは、DVDを買わないとサントラが手に入らないってことですね。しかも、DVDの1~2巻を買わんとあかん。そんなん、我が家ではとてもとても…ああ、残念ですね(>_<)

☆「黒執事」2期の録音レポはこちら

kuroshitsuji-2_1.jpg

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。