携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日レンタルビデオ屋さんに行ったら「薄桜鬼」というアニメのDVDが出てたんで借りてきました。これ、私の好きな声優・大川 透さんが出てることで気になってたのと、前に友達から「面白いよ」って聞いてたんで、レンタルできて良かった良かった。まだ1巻しかなかったんですが、もしかしてレンタルしはじめてすぐなのかな?

で、その感想は…映像が綺麗~!
1巻には1話と2話が収録されてて、どちらかと言うと夜のシーンが多かったように思ったんですが、韓国のキム・テギュン監督が描く風景のような、何とも言えない映像美でしたよ~。雪とか桜が舞うシーンのCGもとても自然で、ほんといい感じでした。

キャラクターは、んまぁ~見事なまでに美男子ばっかり!
同じ新選組をベースにしたものでも、うちは親子そろって「銀魂」が大好きでよく見てたんで、ちょっとそのギャップに驚いてしまいました。まあ「銀魂」の中にもシリアスでかっこいいシーンはあるんですが、その多くは下品なギャグの連発ですもんね。でも、そこに我が家はハマってたんで、この「薄桜鬼」はガラッと雰囲気が違って新鮮な感じがしました。

薄桜鬼


この番組も、もとはゲームなんだそうですよ。何でも「乙女ゲーム」っていうジャンルなんだとか…。可愛い女の子(ギャル)がいっぱい出てくる男性向けのゲームを「ギャルゲー」って言うのは聞いたことがあったんで、余計に「こんな美男子しか出てこんようなゲームが、イケメンゲームとかではなくて何で乙女ゲーム?」って不思議だったんですが、美男子がいっぱい出てくる女性(乙女?)向けのゲームをそう呼んでるらしいです。う~ん、ややこしい(@_@)

とにかく、最近はこうやってゲームがアニメ化するのってほんとに多いですよね。しかも、そのゲーム自体の中でもテレビで流れてるようなアニメがちょっと見られるとか…もう、アニメやらOVAやらゲームやらのジャンル分けがさっぱり分かりません。どんどん時代の波に取り残されてます…。


あと、音楽は大谷 幸さんなんですね~!
「薄桜鬼 息吹の天」というタイトルで、2010年7月7日にサントラが出てるようですよ(^.^)b

「薄桜鬼」サウンドトラック

私がレンタルした1巻の中ではまだそんなに多くの音楽は流れてませんでしたが、ピアノとかギターの静かなのがメインだった…かな。じ…実は返却期限ギリギリに慌てて見て、そのまま車を飛ばして返しに行ったもんだから、ただもう物語を追っただけって感じなんです。もう1回くらい見たら、今度はちゃんと音楽を意識しながら見られるのになあ。

大谷さんはうちでも「バトルスピリッツ 少年突破バシン」「無限の住人」「東京マグニチュード8.0」「天保異聞 妖奇士」などなど、たくさんの作品の録音レポで取り上げさせていただいてますが、ほんっとに作風のジャンルが広くて色々と驚かされる方です。だから、きっとこの「薄桜鬼」でも「え…こんな音色、どうやって作ったの?何の楽器?」とか「このシーンにこんな音楽で来るとは…」みたいに楽しませてくれるんじゃないでしょうか。それをチェックするのも楽しみですo(^-^)o

2巻が出たらもちろん、しばらくして「最新作」の札が外れて安くなったら、この1巻もまたレンタルしてみよ~っと♪

薄桜鬼


こんにちは。
薄桜鬼は、いろいろな所でコミカライズされていて
私は、シルフという月刊誌で、読んでます。
コミカライズされている中でもRURUさんの作画が一番好きかな。でもどの作家さんもすごくきれいな絵をかいてらっしゃいますね。声優さんも結構好きな人がでているし、大谷さんの音楽なら、DVDも一度みて見たいなと思います。サントラも気になるなぁ。天保異聞妖奇士のサントラは何度も聞いたけどすごく好きやったなぁ(^^)
それでは失礼しました。
2010/07/31 20:06 |はる URL [ 編集 ]

コメントありがとう~♪


はるさん、パソコンの買い替えは大変だっただろうけど、
こうしてまたネットに復活してきてくれて、ほんまに嬉しいよう(*^^*)

>薄桜鬼は、いろいろな所でコミカライズされていて

あら、あれって漫画にもなっとるん?
知らんかった…しかも色んな作家さんが?
へぇ~ちょっと興味が出てきたんで、近いうちに本屋さんで探してみるよo(^-^)o

DVDはオススメ!
私はまだ1巻しか観てないけど、もう2巻もレンタルされとるみたいじゃよ。
1巻はとにかくすっごい綺麗やった。
その声優さんたちも、私も好きな人が多くてドキドキしたし…(^^ゞ
うん、ぜひ観てみてな~♪

そうそう、大谷さんと言えば「天保異聞 妖奇士」も良かったなあ!
私はDVDで観たときに一緒に聴いただけやけど、
相変わらず大谷さんの引き出しの多さにビックリした覚えがあるよ(^O^)

せっかくネットに復活できたんやし、また色んなアニメや劇伴の話をしような(^_-)☆
2010/07/31 20:41 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。