携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
去る6月18日の深夜に放送のあった「おおきく振りかぶって ~夏の大会編~」第12話、もう言葉にできないくらい感動いっぱいの30分でした。Aパートの後半から既にウルウル来て、三橋が「ワンナウトー!」って叫んだあたりからは涙は拭くわ、鼻はかむわ…で忙しかったです。スタンドへの挨拶をしてるところで泣き崩れる西広くんを見たときにゃあもう…(T_T)

「おお振り」2期 第12話より


で、この日のオンエアは映像スタッフの数も半端なく多く、そのあたりからもこの西浦高校の最後の試合への力の入れようが伝わってきました。巣山くんがホームインするところのカメラワークなんて、ほんとすごかったですよね~!

「おお振り」2期 第12話より   「おお振り」2期 第12話より


さて、この感動の第12話のもう1つの立役者が音楽です。試合中はどうしても高校生のブラバンによる応援曲が多いんですが、西広くんがバッターボックスに立つ直前…2アウトになったあたりからの音楽の効果はすごかったですよね。ほんともう、やられた…と思いました(>_<)

しかも、西広くんがツーストライクになった瞬間に弦だけになって、何かすごく不安な感じになって…あそこからは、ただもう拳を握って必死で「西広くん、頑張れっ!」って心の中で叫んでたくらいです。結果は原作で読んで知ってても、やっぱりね(^^ゞ

「おお振り」2期 第12話より


で、思い余ってそんなあたりのことを作曲された浜口史郎さんにメールすると「西広くんのところは特にあのシーンを想定した曲ではなかったのですが、よく合ってましたね。リズムが抜けて弦だけになって感傷的になる部分で、ストライクカウントが2つの電光表示のアップになる部分なんかは、勝負事の非情さが際立って鳥肌が立ちました」なんて素敵なコメントをいただきました~!

でも、これを聞いてビックリ!
特にあのシーンを想定してたわけではなかったって言うのに、それでもあんなにぴったりと合うなんて…何か上手く書けんけど、これはもう浜口さんと水島 努監督が捉えたあの作品の世界観が見事に一致したっていうか…え~っと、絶妙の音楽を絶妙の場所で使うという素晴らしい連携プレイですよね。で、視聴者は、音楽そして音楽の入れ方に次々とやられて…あ、これぞダブルプレイって感じ?(ちょっと違うか?(^^ゞ)

ああもう、自分の感じてることの半分も上手く文字にできんところが悔しいんですが、とにかくあのシーンには引き込まれました(>_<)


「おお振り」2期 第12話より


そして、全員の祈りも空しく三振でゲームセットとなるわけですが、あの試合終了の挨拶のあとでスタンドへ行って応援してくれた皆さんへお礼の挨拶をし、そしてモモカンが「その悔しさは自分鍛えるエネルギーだよ。大事に腹ん中に溜めときなさい!」って一喝するまでのシーン、音楽と映像がとてもよく合ってたと思いませんか?

実はあれ、浜口さんの音楽に合わせて絵コンテを切ってるんです☆彡

今年の1月ごろ、作曲のために原作を読み込んでた浜口さんですが、あのあたりは試合終了→スタンドへの挨拶→ベンチでのモモカンの一喝…という感じの一連の流れとして曲のイメージが浮かんできたんだそうです。で、そのまま曲にして監督さんに聴いてもらうと「これに合わせて絵を切ってみましょう!」って言ってくださったんですって~!

「おお振り」2期 第12話より

それを早くに教えてもらってたんですが、実際のオンエアではどうなってるか分からないんで楽しみに待ってました。そしたらあのシーンですよ。ほんっとによく合ってて泣かされまくったんで、浜口さんに「やっぱり音楽に合わせて絵を切ってもらえたんですか?」って聞くと、ちゃんと音楽に合わせてもらえたそうです。そのあたりは、もしかすると23日に発売になるサントラのブックレットでも触れられてるかも…ですが、とにかく録画してるのを残してる方は是非もう一度このシーンを、音楽と映像の融合具合を気にしながら見てほしく思いますo(^-^)o


あ、浜口さんの方もこのシーンを実際にオンエアで見て「まるで映画を観てるようで、何度観ても泣いてしまいます」だそうですよ~。そら、あれは泣くよ、うん泣ける…(>_<)

また「試合中はブラバンの応援曲でBGMの使用は控えめですが、そのかわり使われるときはその効果抜群で、監督や音響監督のセンスのよさでしょうね。」と、監督さんや音響監督さんへ厚い信頼を寄せていることが伝わってくる素敵なメッセージもいただきました(^O^)


「おお振り」2期 第12話より


浜口さんもおっしゃってますが、ほんとこのアニメのスタッフさんって…すごい!
原作があるものを原作に忠実にアニメ化していくとイマイチ面白くないものになるケースが多いんですが、これは違う。原作も面白いけど、その何倍もアニメが面白い。あんなに忠実に原作をアニメ化してるのに、アニメならではの効果が絶大な威力を発揮して、原作では感じ取れなかった感動をいっぱいもらえます。ほんと胸を打たれます。来週で最終回かあ…すごく寂しいけど、最後まで大事に見たいと思っていますo(^-^)o


☆「おお振り ~夏の大会編~」のBGMの録音レポもどうぞ♪

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。