携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にはるさんに教えてもらってた「鋼の錬金術師FA オフィシャルガイドブック3」が4月22日に発売になったんで、さっそく買ってきました~!(ちなみに、はるさんもすでに買ってるそうです♪)
まあ、「1」のときにも「2」のときにも言ったんで、今回も「やっぱりコミック本サイズではちっちゃ~い!」って叫んでみるかな?(^_^.)

☆「オフィシャルガイドブック1」の感想はこちら

☆「オフィシャルガイドブック2」の感想はこちら

☆「オフィシャルガイドブック4」の記事はこちら


で、まだサラッとしか見てないんですが、各話の解説の中で「1」のときは絵コンテが、「2」のときには原画が載ってたんですが、今回の「3」ではそのどちらもなし…これはちょっと残念だったなあ。まあ、入江監督による演出法やキャラクターデザインの菅野さんのコメントなんかはそのままだったんで良かったんですけど、「3」に収録されてる第33話からはますます新しいキャラが出てきて、さらに複雑な展開になってくるんで、私としては制作段階の様子から見てみたかったなあってのがちょっとありますね(^^ゞ

あと、巻末の方に載ってる設定画も、「2」では前のテレビシリーズの設定画の一部が流用されてましたが、今回は前シリーズでは描かれなかった部分なんで全くの初見。だからこそ、やっぱり大きな紙面で細かいところまで見たかったです(>_<)


鋼の錬金術師FA オフィシャルガイドブック3


さて、ここで大事なことを1つ。
今回のガイドブックでも、またもや音楽のことに全く触れられてないんです~。声優さんや美術監督さんたちのインタビューはいっぱいで読み応えたっぷりなのに、何で音楽は完全スルーなんだろう…これは劇伴ファンとしてはすごく悲しいです。で、はるさんと2人でショックを受けてました(>_<)

新シリーズのアニメの1クール目はほとんど音楽が流れず、たまに流れても「え…このシーンでこの音楽?」とちょっと疑問に思うところも少なくなかったんですが、このところの激しい死闘のときに流れる曲や、4月18日に放送された第53話のBパートの冒頭の曲なんかすごくかっこいいのになあ。何でここまで音楽のことを完全スルーなのか、とても不思議です。

前シリーズのときはあんなにも何度も、そして大事に大島さんのことを取り上げてくれ、まだ作曲する前…水島監督と大島さんの話し合いの段階からのお話も色々と聞けて面白かったのになあ。まあ、この感じだときっとアニメの最終回に向けてもう1冊くらいオフィシャルガイドブックが出ると思うんで、それに期待する…か~?(;^_^A

鋼の錬金術師FA サウンドトラック


そうそう、今回も巻末に載ってた入江監督のインタビューの中で「誰が主人公になってもおかしくないドラマを背負ってる」「3クール以降は特にシナリオの段階から各キャラを分かりやすく描くことを心がけた」と語られてるんですが、これには思わず同情してしまうくらい、中華組が出てきたあたりからの原作はどんどん舞台が広がって、キャラも増えて複雑になってくるんですよねえ。たまに「え…初期の設定はどこへ行った?」って思うくらいのぶっ飛び展開があったりするし…。実は、個人的にはコミックの8巻くらいまでが、物語の軸にブレがなくて面白かったなあって思ってるんです。まあ、そんなこと言いながらも最新の25巻までしっかりと買ってるんですけどね(^^ゞ

とにかく、今日オンエア予定のエンヴィーの最期なんか「そんなんあり!?」だし、その後も「えぇ~っ!」とか「何じゃ、そりゃ?」っていうことが何度も出てくるんで、そのあたりを入江監督がアニメ的にどう描いてくれるのか…。ここ数ヶ月は、新シリーズの初期のころにあった漫符による演出やスピード展開もなくなってきて見やすくなってるんで、楽しみなところですo(^-^)o

次回に期待!?


こんにちは~(^o^)はるです。
そうなんよ!!1巻2巻と楽しみにしていただけに、3巻でも、音楽について触れてなかったのは、ただただ悲しい・・。良い音楽なのにね・・・。残念です。なので次回に期待です~!!ですが、内容は充実しているので良しとしよう。ハガレンの2期から、はまった私としては、こういうガイドブックはうれしいですね。ゆみちゃん、また、お話しましょうね~(^o^)。
その他のレポも色々と充実した内容で楽しんでます。それでは失礼しました。
2010/04/25 23:02 |はる URL [ 編集 ]

はるさん、コメントありがとう!


音楽のことが何にも語られんってのは、ほんまに惜しいよなあ。
今日(もう昨日やけど(^^ゞ)第54話の冒頭…若いときのロイとリザが話すシーンで綺麗なヴァイオリンソロが流れたけど、あれだけの長いソロを書くからには千住さんには何かしらの強い思いがあったと思うし、今日も全体的に音楽はすごい良かったし、そのあたりのこととか聞いてみたかったよ(>_<)

次にこそ期待…やなo(^-^)o
ま、音楽のこととサイズ以外はすごい充実した内容だったし、買って良かったと思うよ~。教えてくれてありがとう(*^^*)

私はどうしても、あのハガレンの世界の基本である「等価交換」に重きを置いて、そこを最後まできちんと描いとった前のシリーズが良かったなあって気持ちがあるんやけど、最近は新シリーズもすごく面白いなあって思うよ。それだけに、1クール目のスピード展開が悔やまれてならんけどね(^^ゞ

はるさん、また色々とお話しようねo(*^^*)o
2010/04/26 01:29 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。