携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はまた夕方から地元の高校の演奏会に行くんで、仕事を一気に片付けて帰ってきました~。んで、出かけるまでにちょっとだけ時間があるんで、先日の「犬夜叉 完結編」最終回の感想なんぞを…とは言っても、富山では放送されないからDVDで追いかけて見てるっていうはるさんのために、あまり深く触れないようにしよう(^^ゞ


いやもう、いい最後でしたね~。
見事なまでに原作をアニメ化し、さらにはアニメならではのエピソードも原作の雰囲気を壊さず上手く溶け込んで、いい感じだなあと思いました。あ、はるさん。そのアニメならではのエピソードってのはね、しばらく姿の見えなかった人が最後にまた登場するって感じです(^_-)☆

ただまあ、欲を言えば、あれだけ盛りだくさんな内容なら「最終回スペシャル」として1時間くらいの枠で見たかったかも…とも思います。すごくすごくいいシーンだからこそ、たっぷりと余韻に浸りたいし、音楽もじっくりゆっくり感じたいって思ってしまったんですね。何ていうか、そのいう「間」がほしいっていうか…でも、もしかしてこれは、1つ1つのエピソードに感情移入しすぎてしまう、私のこの粘っこい性格の方に問題があるんかなあ(;^_^A


あ、和田 薫さんの書き下ろし音楽は良かったですよ~!
そらまあ、そのスピード展開な絵に合わせてるから「テンポ、速ッ!」って自分の中のイメージとのギャップに驚くものもありましたが、いままでのメロディを大事にしつつ新たなテイストが加わって「あら? この曲はあのサントラの中の曲と同じような…うおっ、ここでこう来たか!」みたいなのがけっこうあって感激でした(*^^*)

和田さんご自身の演奏による三味線やピアノが流れたシーンでは、弾いてるときの和田さんの姿や顔が浮かんできて「和田さんに…和田さんの音楽に出会えんかったら、いまごろ私は…」なんて思ったりもしてました。

そんなこんなで、たった30分の番組の中で絵と音楽とセリフと展開…って感じであちこちにアンテナを張り巡らせてた上に色々とこみ上げてくるものもいっぱいで、終わったあとはしばらく放心状態でしたよ。またもうちょっとしたら、録画したのを見直してみようかな~?


あと、ふかちゃんの日記で知って見に行ったんですが、犬夜叉役の山口勝平さんのブログの3月29日の記事に最終回に向けての思いがつづられてます。何か…泣けます(>_<)


…と、ここで記事の一部を訂正させていただきますm(__)m

この記事のアップ時には、このあたりに「最終録音ではオンエアで使うための13曲とCD用のボーナストラック1曲の計14曲を録ったはずなのに、去る3月24日に発売になった“犬夜叉 ベストソングヒストリー”には、そのうちの9曲しか収録されてない」と書いてたんですが、和田さんご本人からのご連絡によると「本編放送上に繋がったように構成されている曲を、同じくサントラ上でも編集して1曲にしている」とのことで、実際にはちゃんと録音された14曲の全てがCDに収録されてるそうです。

実は、このCDを買った方から「14曲って聞いてたのに、9曲しか入ってなかった」と聞いてネットで調べたら確かにタイトルが9曲しかなかったんで、それ以上の詳しい内容の確認せずに書いてしまってたんです。この記事を読んでくださって動揺された方、また関係者の皆さんには大変ご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げますm(__)m



…とにもかくにも、このCDもまだ買えてません(>_<)
はるさんもメールに「何だか嫌がらせのように次から次へと欲しいものがあって…」って書いてたけど、まさにそんな感じです。どうしてこう学校関係で物入りなときに、こんなにも次から次へとCDが発売になるかなあ(;-_-+


しかしまあ、ほんとに終わっちゃったんですねえ…。
オンエアスタートから10年かあ。あのとき小学1年生と幼稚園の年中だった子供たちが高校生と中学生ですもんね~。当時は「犬夜叉の音楽は夜に聴くんは嫌(>_<)」って2人とも泣き出しそうだったのに、いまは「うわっ、ここのホルン、すごいわ~!」「ここのトランペット、この音からこの音に飛ぶんって難しいよなあ」「いまのコントラバスのメロディ、聴いた!?」「いまのところって何の楽器でやっとんやろ?」なんて2人で言い合ってるんですもん。時の流れを、そして子供たちの成長を強く感じます(*^^*)

うちのHPには「犬夜叉」がご縁でお知り合いになれた方がたくさんいます。また「犬夜叉」がキッカケで世界が広がり、それでお知り合いになれた方もたくさんいます。だから私も、この作品には本当に感謝しています。その「犬夜叉」自体は終わってしまいましたが、これからもHPやブログは続けていきます。そしてもっともっと劇伴音楽の素晴らしさや、それに携わる方々の魅力を伝えていきたいと思ってますので、どうぞよろしくお願いしますm(__)m

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。