携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年10月から始まった待望の「犬夜叉 完結編」も、いよいよ佳境に差しかかってきましたよね。で、そのクライマックスのための音楽録りが去る2月17日に行われたことは前にこのブログでもお話しましたが、そのときの様子について作曲の和田 薫さんから詳しく教えていただけたのでご紹介します(^O^)


まずは編成から…

弦(篠崎正嗣さんのグループ)、フルート(高桑英世さん)、オーボエ(庄司知史さん)、クラリネット(星野 正さん)、ファゴット(前田征志さん)、ホルン(松崎 裕さん・斎藤善彦さん・下田太郎さん)、トランペット(服部孝也さん・市川和彦さん・川村 大さん)、チューバ(佐藤 潔さん)、ティンパニ(安藤芳広さん)、パーカッション(小竹満里さん・大石真理恵さん)、ハープ(朝川朋之さん)、篠笛(添川浩史さん)、琵琶(首藤久美子さん)、二十絃筝(三宅礼子さん)、ピアノ&津軽三味線(和田 薫さん)、エンジニア(山田正弘さん)でした。

これを見ても分かる通り、和田さんご自身が三味線とピアノを弾いてるんですよ~。ピアノに関しては約1年ぶり(もしかして映画"鶴 彬"の録音ぶり?)、三味線に関しては映画「紅蓮の蓬莱島」以来なので、約5年ぶりの演奏だということです。


この日に録音されたのは全部で14曲。そのうちの2曲が第25話で、11曲が最終話で使われます…というか、最終話は新しく録音された音楽のみで構成されてるんですよ(^O^)

しかもしかも、この最終話は全て書き下ろしなんだそうです。つまり、劇場版のように、そのシーンごとに合わせた音楽を書いてるわけですね。映画ではこういうのを「フィルムスコアリング」って言うんですが、テレビでは「絵コンテスコアリング」って言うみたいです。和田さんのメールにそう書いてありました。それにしても、テレビシリーズでこんなすごいことができるのって他にはないんじゃないでしょうか…。最近はあちこちから「音楽業界も厳しくて…」というお話を聞くので、余計にこの「犬夜叉」のスタッフの皆さんの作品への思い入れの深さと熱意を感じます。


で、第25話と最終話のオンエアで使われる13曲とボーナストラック1曲、そして前テレビシリーズと今回の完結編でのOPとEDを収録した2枚組のCD「犬夜叉 ベストソングヒストリー」が来たる3月24日に発売になります。初回限定版にはDVDもつくようですよ。収録曲などの詳細についてはこちらをご覧くださいね(^.^)b

犬夜叉 完結編


ところで、3月6日付で和田さんのHPのコラム(こちら)に、「犬夜叉」という作品に出会ってからアニメ化するまでの和田さんの思い、アニメ化してからの色んな出来事、そして最後の録音のときの様子などが綴られてます。私にとってもこの「犬夜叉」はとても思い入れの深い作品ですし、いまの私がこうしてあるのも全て「犬夜叉」と和田さんの音楽のおかげなので、何かもう読んでて胸がいっぱいになりました。何ていうか、最後まで読むのに何回も画面がにじんで中断して、ティッシュの箱を片手にようやく読み終えたって感じです。どうぞ皆さんも読んでみてください。これだからあの音楽が、あの最終話の音楽が生まれたのか…っていうのがとてもよく分かると思いますよ(>_<)

また、チーフプロデューサーの諏訪道彦さんのブログ(こちら)には「最終話のアフレコでは音楽を流しながらやった」というようなアフレコの様子が綴られてますが、このあたりのことについては和田さんからもお話を聞くことができました。

この、音楽を流しながらやったという最終話のアフレコテストのときには声優さんたちもぽろぽろ泣いちゃって、みんなで「ほんとの最後」を噛み締めてたそうでうす。ほんとに、みんなに愛されてた作品だったんですね~。あ、どうやら最終話には、原作にはないアニメならではのシーンがあるそうで、ここはもう相当な盛り上がりを見せてくれるそうですよ。これはものすごい楽しみ…っていうか、私はタオルとティッシュとあとは何を用意しとけばいいんだろう。実はこうやってブログの記事を書いてるだけでも、すでに和田さんからのメールでスタッフの皆さんの様子を思い浮かべて「もらい泣き」してる私です(^^ゞ


残すところ、あと4話。
チョー個人的なことを言うと、今回のこの、前シリーズよりも格段に絵が綺麗になったっていう「犬夜叉 完結編」も地デジで見られなかったって点が残念なんですが(うちのあたりって、まだNHKと毎日放送とテレビ朝日とフジテレビと四国放送の5局しか地デジ放送してないんです)、最後まで大事に…そう、和田さんやおっちゃんと引き合わせてくれたこの作品に感謝し、それからこれまでにあった色んなことに思いを馳せながら見せていただこうと思ってますo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。