携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PCは相変わらず修理中なんですが、ダンナが持ってた古いノート型パソコンを借りたことで、ほんのちょっとだけネット環境が回復しました~。まあ、古い上にメモリが不足気味なPCなんで簡単なことしかできないんですが、それでも携帯のみの状況と比べれば雲泥の差です(^o^)


さて、もうマサさんのブログで知ってる方も多いかもしれませんが…昨日「四畳半神話大系」という、2010年4月から始まるアニメの音楽録りが行なわれました。

音楽は大島ミチルさん。

音楽に関する詳しいことは近いうちに大島さんの日記で話してくださると思うんで、今日はその録音現場でのエピソードを1つ…。


マサさんのブログにアップされてた↓この写真、見ましたか?

アニメ「四畳半神話大系」の録音現場にて…

大島さんがヴァイオリンを構えてるでしょ~?
これがあまりにも素敵で「確かサックスは少し吹けるって聞いた気がしますが、もしかしてヴァイオリンも?」ってメールしたんです。

そしたら「ヴァイオリンは持ってるけど、演奏はできないの…弓の持ち方がひどいわねえ」って感じで、ご自身で苦笑してらっしゃいました。う~ん、そんなことないですよねえ。とっても様になってると思うし、何よりこの現場のやわらかな雰囲気が素敵です(*^^*)


でも、実はこの現場で、珍しくマサさんが苦戦してたそうですよ~。あのマサさんが苦戦って…ねえ。大島さんは「簡単だと思った譜面が、意外と難しかったみたいで…」なんておっしゃってましたが、それと同時に「でも、マサさんは最後まで一生懸命にやってくれて、心から感謝です」ともおっしゃってました(^o^)

ああ、このあたたかな気持ちは何だろう…ほんっと大島さんとお話すると、いつもすごく心がほっこりとして、いっぱい元気をもらえて、自然と「よし、私も頑張ろう!」みたいな気持ちになれるんです。


そんな大島さんは、このあとも怒涛の録音&作曲スケジュールが続くようです。どうかお体に気をつけてお仕事を頑張ってもらって、また素敵な音楽をたくさん聴かせてほしいですねo(^-^)o


こんにちは!
大島さんの笑顔とうれしいお知らせに感激~♪
原作者の森見さんのブログでアニメ化のことを知ってサイトを見に行って、音楽のことが書いてないので誰だろうと思ってたんですよ。大島さんだったとは!うれしいです~!
あの作品に大島さんはどんな曲をかかれたのか、とても興味があります。楽しみにしてます♪
2010/02/01 13:05 |ひこ URL [ 編集 ]

こんばんは~♪


ひこさん、コメントありがとう!
大島さんの写真&情報、喜んでもらえて嬉しいじょ(^o^)
いや~ほんま、大島さんはいつも表情がええなあ!

ところで、ひこさんは森見登美彦さんの作品を知っとったんやなあ?
私はお恥ずかしながら、
「刀語」の西尾維新さんに続いてまたもや初耳だったんよ(^^ゞ

で、確かに森見さんのブログの12月10日付のところには
今回のアニメ化について、その心中がつづられとるなあ.これはいい♪
皆さんも是非↓を見てみてください(^o^)b
http://d.hatena.ne.jp/Tomio/20091210
ひこさん、情報ありがとう~♪

マサさんや大島さんのほか、ひこさんみたいな読者の人のおかげで
またまた新しい作家さん&作品に出会うことができたじょ。
いまからオンエアを楽しみにしとくな(*^*)
2010/02/02 01:41 |ゆみ URL [ 編集 ]

最新PV


このアニメのサイトで最新PVが公開されていたので見てきました。http://yojouhan.noitamina.tv/
大島さんのサイトの日記に書いてあったとおりクラシックテイストで素敵ですよ♪
2010/03/03 23:10 |ひこ URL [ 編集 ]

サイト見てきたよ~♪


ひこさん、コメントありがとう(^O^)

サイトにアクセスしたら、すぐにPVが始まるんやなあ!
ほんまクラシックテイストで、
でも、大島さんらしい「華」みたいなんもあって、
これまたすごいいい感じやん(*^^*)

PVの最後の方に聴こえとったバイオリンが、
マサさんが意外に苦労したって曲なんかなあ。
4月のオンエアスタートが待ち遠しいねo(^-^)o
2010/03/04 00:29 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。