携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にこちらの記事で「田中公平さんから‘ここのブログは犬夜叉とハガレンのネタが多い’ってツッコミが入った」なんてことを書きましたが、実はこれがすごくウケたんです。色んなところから「あれ見て笑っちゃったよ~!」「公平さんって、お茶目な方だね~♪」なんてコメントをいただきましたよ(^o^)

そんなわけで、そのご期待に応えて(?)、久々に「犬夜叉 完結編」と「鋼の錬金術師FA」に関する記事を書いてみま~す(^◇^;)


さて、先日の「犬夜叉 完結編」の第8話「星々きらめきの間に」ですが、これは良かった~!
それまでずっと猛スピードで駆け抜けていって息切れ状態だった「犬夜叉 完結編」ですが、このお話だけはじっくりと時間を取って、丁寧に丁寧に描いてくれてて、ほんとに良かったです。私はリアルタイムで見てたんですが、夜中2時すぎに号泣でした(T_T)


☆今なら↓で第8話が見えます(^.^)b








この3つ目の動画の1分30秒くらいからもう…(>_<)
絵がすごく綺麗だし、山口勝平さんと日高のり子さんの演技が少し涙声なのがたまらんし、音楽もすごく泣かせるいい感じで…まあ、これは浜崎あゆみさんの「Dearest」を和田 薫さんがオケ版にアレンジしたものなんで和田さんオリジナルの劇伴(こんな言い方でええんか?)ではないんですが、この弦の深い音色と滔滔と流れるような感じのアレンジになってるのがほんとに心に染みるんです(T_T)

あ、山口勝平さんと言えば、先日の「田中公平さん・作家生活30周年記念コンサート」の打ち上げにいらっしゃったのになあ。何度も私のすぐ目の前にいらしてたし、コンサート前日にやった飲み会では和田さんとこの「犬夜叉 完結編」の話題でも盛り上がったのに、ひと言もお声をかけれずじまいでした…残念(-_-;)


この「犬夜叉 完結編」については、クライマックスに向けて劇伴の新録があるみたいなんで、今からとても楽しみにしてるところです。和田さん、がんばって~!o(^-^)o



続いて「鋼の錬金術師FA」ですが…今回は各話の内容に詳しく触れるのはやめて、絵について書きたいと思います。

テレビアニメを創るときって、まずいくつかの班に分かれて、その班ごとで1つのお話(回)を創ることがほとんどなんだそうです。つまり、A班は「第1話と第3話」、B班は「第2話と第4話」って感じですね。

で、その班ごとに作画監督さんがいるんですが、そのままそれぞれに創ると、各作画監督さんごとのカラーが出て(出すぎて?)シリーズ全体を通して見ると、随分と絵にバラつきがあるように見えることがあります。これを防ぐためにいるのが総作画監督さんで、それぞれの作画監督さんのタッチの差を補正して、シリーズ全体の絵を統一させる役割を担ってるんだそうです。大体はキャラクターデザインを担当された方が兼任してて、特にキャラの顔がアップになったときの差を修正されることが多いんだとか…。

こうして最近は総作画監督さんを置くのが主流なんだそうですが、これだと逆に「作画監督さんごとのカラーが楽しめない」「アニメーターさんの個性が薄まる」という見方もあるわけなんですね。まあ、毎週のようにキャラの顔つきが変わるのは落ち着かないって思う人もいるだろうし、せっかく○○さんの絵のタッチが楽しめると思ったのに押さえられちゃって…って思う人もいるだろうし、このあたりは難しいところですよね。

で、入江監督はこういうところに目をつけられたようで、新シリーズのハガレンFAには総作画監督さんを置いてないんだそうです。何かのインタビュー記事で読んだ気がするんですが、確か「あえて総作画監督を置かず、各回の作画監督さんに自由にやってもらってる」みたいなことをおっしゃってたような…。


そこで、ほんの少しですが、作画監督さん別に1カットずつご紹介します(^.^)b


☆左から、塚本知代美さん、安藤正浩さん、飯島弘也さんの回の中尉♪

鋼の錬金術師FA 第5話より  鋼の錬金術師FA 第17話より  鋼の錬金術師FA 第21話より


☆左から、小澤円さん、古俣太一さん、飯島弘也さんの回の大佐♪

鋼の錬金術師FA 第2話より  鋼の錬金術師FA 第13話より  鋼の錬金術師FA 第31話より


どうですか? 随分と絵に差があるでしょう?
顔の輪郭とかもそうですが、やっぱり目がポイントかなあ…確かに、毎回のように顔つきが変わったりすると違和感があるんですが、こうやって見比べてみるのは面白いなあと思ったりします。先日、はるさんとも「第○回のときの絵は…」なんて感じで盛り上がりました(^^ゞ


それにしても、入江監督さんって色々とチャレンジャーなんですねえ。
前にこちらの記事でご紹介した「オフィシャルガイドブック」の中では「漫符(漫画にあるような文字による演出)をあえて取り入れた」と話されてましたし、そのあとこちらの記事で書いた「色トレス」も監督さんのこだわりですよね。

この新シリーズのハガレンFAは5クールもあるそうなんで、今後どんなこだわりを見せてくれるのか楽しみにしてたいと思いますo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。