携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
田中公平さんのコンサートレポと樋口康雄さんのレコーディングレポがほぼ仕上がったんで(どちらも関係者さんに内容確認のお願いをしてるところです)昨日は夜中に「ちょっと一息…」って感じで溜まったDVDを見まくってました(^^ゞ


まずは「戦う司書」の2話~4話。
これはまたもや関東在住のGさんが録画して送ってくださったんですが、実はほんとならこのDVDは公平さんのコンサート会場でGさんから直接いただくはずだったんです。でも、コンサートの当日の朝に「急用ができて当日券の抽選会に行けなくなった」とのメールをもらって、お会いできずじまいに…(>_<)

そんなこんなで送っていただくっていうお手間を取らせたDVDなんですが、楽しませてもらいました~♪

やっぱりちょっと内容が理解しにくい部分はあるんですが、絵はほんとに綺麗…すごく丁寧に描かれてるなあと感心しちゃいます。それに、前にこちらでCGに関して書きましたが、第2話から第4話までについてはそれほど違和感は感じなかったような…。

それにしても、キャラの名前や用語が「シロン=ブーヤコーニッシュ」とか「シュラムッフェン」とややこしくて覚えにくい~。いっぺん聞いただけでは「…は? いま何て言った…?」って感じで覚えられません…って、これは私の頭の問題か!?(^◇^;)

戦う司書

あと、見れば見るほど平野さんの音楽が素敵です☆彡
第2話の出だしからカッコいいヴァイオリンのソロが聴こえたり、バロック調の音楽もたくさん聴こえて惚れ惚れするんですが、私が特に気になってるのは合唱かなあ。

番組の中で何種類かのコラールが流れるんですが、この「音色(おんしょく)」がいいんです。もちろん、平野さんの書かれたメロディそのものも合唱団の声質も素敵なんですが、何ていうか…すごく奥行きがあるっていうか、教会音楽らしい響きがするんです。これは録音した場所によるものなのか、エンジニアさんの録音技術によるものなのかは私には分かりませんが、ここ1~2年の間に見た(聴いた)劇伴音楽の合唱の中では最も美しい響きになってる気がします。

あららら…私ったら偉そうに(;^_^A
まあ、私自身がちょこっと合唱をかじってたもんで、余計にこういうところが気になっちゃうんでしょうけれどね(^^ゞ

あ、そういや「初回録音」の中に書いてた「ヴィオラ・ダ・ガンバに似せたチェロによる通奏低音」ってのは、まだどのメロディのことなのやら聴き取れてないなあ。そもそも「ヴィオラ・ダ・ガンバ」の音色が分からんので、そのチェロを聴いてもどれくらい似てるのかが分からんっていう情けない私です(-_-;)

とにかく、この「戦う司書」は今後も注目していきたい作品ですo(^-^)o


それから、次は「犬夜叉 完結編」ですが…う~ん。
まあ、12月に発売されるDVDを楽しみにしてるはるさんの手前もあってあまり書けませんが、ひと言だけ…やっぱり展開が速すぎる~っ!

1つのエピソードとエピソードの間が少なすぎて、いわゆる「息つく間もない」って感じなんですよね~。何だろう…何かを食べてて、それがまだ胃に到着せず食道のあたりにあるのに次の食べ物が入ってくるって感じかなあ。いま放送中の「鋼の錬金術師FA」の1クール目もこんな感じで見ていてとても疲れましたが、これもまた…再アニメ化を楽しみにしていた作品だけに残念だなあ(>_<)


それにしても、最近こういう駆け足な作品が多いような…9月に最終回を迎えた「Pandora Hearts」も、こんな感じでした。まあ、私はこの作品は3週に1度くらいしか見えてなかったんですが(子供たちは録画したのをずっと見てました)、最終回の飛ばしっぷりはすごかったです。戦いが始まったと思ったらアッという間に終わって「え…何…何が起こったの?」って取り残される感じでした。音楽は梶浦さんらしいカラーがよく出てて、良かったのになあ(^o^)


そんなスピード展開な作品が多い中で「ワンピース」は頑張ってますよね~。昔あった「キャプテン翼」ってアニメ並みの引き伸ばしを感じるときもありますが、ゆっくり落ち着いて楽しめるって感じかなあ。ちゃんと1つ1つのエピソードを噛み締める間があるんですよね。これは大事なことだと思います。

あ、その「ワンピース」の映画の録音レポも作らんと…公平さんや浜口さんのいい写真があるんですよ~。12月公開なんですよねえ。うわ…はよ、せんと!

ONE PIECE



…と、ここまで書いてる間に、冒頭で書いた樋口さんの録音レポに関して「OK」の連絡が来ました。今から写真なんかの整理をするんで、明日にはアップできるかなあ。どうぞ、お楽しみにo(*^^*)o

チェロ


こんばんわ~。

ヴィオラ・ダ・ガンバ風?かどうかは判りませんが、チェロの演奏は何回か聴きましたよ~。

平野さんの音楽って、ホント素敵ですね。
アニメの世界観に良くあっていると思います。

2009/11/16 22:38 |すばる URL [ 編集 ]

同感です(^o^)


すばるさん、こんばんは~♪

ほんと、平野さんの音楽もいいですよね~!
私も何度かチェロの音は聴いたんですが(これまた渋くてカッコいい♪)
あれはどうも「通奏低音」ってのとは違うような…よう分からんなあ(^^ゞ

バロック風ってのも、あの作品によく合ってますよね(^o^)
2009/11/16 22:46 |ゆみ URL [ 編集 ]

ガンバ ♪


すばるさん、ポポゆみちん

ヴィオラ・ダ・ガンバと云う楽器は、わたしも実物を見たのは数回しか無いのですが、たしか5弦で、ギターみたいにフレットが有ります。
調弦もチェロやバイオリンみたいに5度間隔ではなくて、4度間隔だったのでは、と思うのですが、この辺りになると自信が無かったりして。
そんな事なので、チェロで、ちょっと表現を大人しい目にして、ノンビブラートで弾くと、ガンバらしい感じになるのでは、と思います。
それにしても、平野さんの守備範囲の広さ、情報量の多さには驚かされますね。
2009/11/17 23:39 |おっちゃん URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。