携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にこちらの記事で「大島ミチルさんがアニメギガに出演されるけど、我が家では見え~ん(>_<)」って書いてたんですが、それを見てくださった方が録画してDVDにして送ってくださいました~!

この方のほかにも数人から「DVDへの焼き方が分からないけど、とりあえず録画しとこうか?」なんて声をかけてくださって、ほんとに私は幸せものです。皆さん、いつも気にかけてくれてありがとう(T_T)


さて、その内容ですが…
いやもう、大島さんファンの私にとっては「大島さん、万歳!」って叫んで花火でも打ち上げたくなるような内容でした\(^o^)/


大島さんが初めて手がけられたというアニメ作品「セントエルモ 光の来訪者(1987年12月放送)」から「鋼の錬金術師」「亡念のザムド」などのアニメ作品のほか、映画「失楽園」や大河ドラマ「天地人」などの音楽までしっかりと取り上げてくれてて、それぞれの作品にどんなイメージを持ち、どう向き合ってきたか…ということを1つ1つ大事に言葉を紡ぎながら語ってくださってました。


その中でも面白かったのが、色んな監督さんとのやりとり…かなあ。
水島精二監督とのことはファンブックなどで「これでもか!」ってくらい読みましたし、森田芳光監督や宮地昌幸監督とのエピソードは個人的にもお聞きしたことがあったんですが、今回は宮地監督サイドからのお話もあったのが良かったです。皆が心を1つにして何かを作り上げてくって、素敵なことですよね~。


アニメギガ


番組のタイトルが「アニメギガ」だけあって、ほかにも「風の大陸」なんかも取り上げられてましたが、最も深く掘り下げてくれてたのが「鋼の錬金術師」でしょうか…。

全51話の放送の中から印象深いシーンをいくつか映像で流してくれ、なぜロシアのオケを選んだか…とか、ハガレンの代表曲と言っても過言ではない「ブラーチャ」の生まれた経緯について語ってくださったあと、水島精二監督が書かれたオリジナルの日本語詞とともにブラーチャが流れました~。


その日本語詞の内容も知ってはいたんですが、やっぱりああしてテレビで見ると感無量でした。ほんと、いつ聴いても心に染みるいい曲です。↓は画像はハガレンと無関係なものですし(ハガレンの世界観は意識してるみたい)、歌詞も何も出ませんが、ブラーチャだけはフルで聴けるんで未聴の方はどうぞ♪




番組の最後にあった「大島さんにとって音楽とは?」という質問に対して「家族…かな?」と答えたときの大島さん、素敵すぎます(>_<)


とにかく、大島さんの魅力がぎっしり詰まったいい番組でした(*^-^*)
ここであらためて…DVDを送ってくださったGさん、ありがとうございました~!


そんな大島さんの最新情報として、去る10月5日に行われたアニメ「ソラノヲト」のダビング録音レポをこちらにアップしました。

大島さんとおっちゃんの素敵な2ショットもありますので、ぜひ見てみてくださいo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。