携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べ、ついにこちらでも「犬夜叉 完結編」が始まりました。深夜1時59分からの放送ってことで録画予約はしてたんですが、PTA関連の書類と格闘してたらリアルタイムで見ることに…(^^ゞ

いやぁ~何かもう、PTAの書類なんかそっちのけで見入って、1人で胸を熱くしてました。何が感激って、まずタイトルコールが前のままなんです。そのあと本編の劇伴も今のところ全て既存のものですし、最後の次回予告のときの雰囲気まで前と同じ。だから数年前の記憶が一気によみがえってきて「ああ、この犬夜叉から全てが始まったんよなあ」なんてことまで考えてみたり…。

そう、和田 薫さん作曲のこの犬夜叉の劇伴に出会えたおかげで、今の私があるんですもんね~。2000年10月の放送から丸9年…その間にHPを開設したり、そのHPを通して作曲家さんや演奏家さんから同じ劇伴ファンまで素敵な方にたくさん出会えたり、そんな方たちから元気な心で生きていくために大事なことをたくさん学ばせてもらったり…ほんとに色んなことがありました。感慨深いなあ(^o^)


犬夜叉 完結編


ところで、今回の放送でプロデューサーをされてる斉藤朋之さんは、前の放送のときにはまだADさんだったんですよね~。2001年に行われた和田さんを囲む飲み会で一度だけお会いしましたが、とても優しそうな方でした。その後、確か大島ミチルさんが音楽を担当されたOVA「まっすぐにいこう。(初回録音レポ追加録音レポ)」のときにプロデューサーさんになられたんじゃなかったかなあ…。何か、そんなことも懐かしく思い出しながらクレジットを見てました。


さて、このあたりで肝心の本編の感想について触れたいところなんですが、何とその「犬夜叉」が縁で知り合い、今回の放送もとても楽しみにしてたっていうはるさんの地域では、今のところ放送がないんですって~。だから、いつか遅れてでも放送があるか、DVDになるかを待ってるはるさんのネタバレになっては気の毒なので、とりあえず今は控えたいと思いま~す。

もし一言だけ書くとするなら「絵が綺麗になった」かなあ。
いやその、前のときも丁寧に作られてましたし、前のキャラクターデザインの雰囲気は十分に大事にされてるんですが、何と言うか…時代の変化を感じるって言うのかなあ。キャラそれぞれの動きに迫力が増したって言えばいいかなあ…とにかく、映画さながらのような勢いのある動きがあってドキドキしましたよ(*^-^*)


犬夜叉 DVD 1巻


確か、前の放送のときの第1話には、あの当時はまだ珍しかった3D画像(そんな言い方でええんかな?)を取り入れた…とかいうことで、その迫力に驚いてワクワクしたものですが、今回もまた色々とワクワクさせてくれそうです。もちろん、和田さんの音楽の面でもね(^.^)b


そういや、ここ1ヶ月くらいのうちに和田さんにお会いできる…かも?
もしお会いできたら、この「犬夜叉」についてとか、今後の他の作品についてとか、お聞きしてみたいなあo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。