携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、こちらの記事で「黒執事サウンドコンプリート BLACK BOX」について書きましたが、実は同じ8月26日には大島ミチルさんが音楽を手がけられた大河ドラマ「天地人」の2枚目のサウンドトラックも発売になってるんですよ~!

天地人サウンドトラック 1   天地人サウンドトラック 2

残念ながら私はまだ買えてないんですが、今回は劇中の音楽のテーマバリエーションがたくさん楽しめるみたいです。で、8月18日にも「天地人」の追加録音(マサさんのブログ参照)が行われたみたいなんで、もしかしたら3枚目のサントラとかも出る予定があるのかなあ…こりゃ、はよ集めていかんとo(^-^)o



それから、これはときどきブログにもコメントくれるひこさんからもらった情報ですが、青土社から出てる「ユリイカ」という雑誌の8月号が、ほぼ1冊まるごと菅野よう子さんの特集だったみたいです(^o^)丿

ユリイカ 2009年8月号

8月号ってことは、もうバックナンバーってことになっちゃうんですよねえ。で、こちらにその内容の詳細とバックナンバーの購入について書かれてますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね(^.^)b



さて、私は昨日から仕事に行く車の中でも家でも、冒頭で書いた「黒執事」のサントラを聴きまくりです。そのサントラには、多分オンエアでは第20話でしか流れなかったマサさんの二胡の曲も収録されてるんですが、テレビでオンエアされたときとはアレンジが違ってるんですよね~。テレビでは遊佐浩二さんによる「胡蝶の夢」の朗読のバックで二胡がソロで流れてたんですが、サントラではオケと一緒になってるんです。このオケと一緒になってるのはテレビでは流れなかったと思うんで(私の気のせい?)何かすごく得した気分かもo(^-^)o

☆黒執事の録音時のものではないですが、二胡を弾くマサさんです♪

二胡を弾くマサさん


ところで、このところ岩崎 琢さんのブログはその「黒執事」のサントラに関する記事が多いんですが、こちら8月27日付の記事では「サントラに収録しない曲の理由」なんてことが書かれてて面白いです。何が面白いって、岩崎さんの例え方が面白いんです。かなり個性的な表現のように思うんですが、それが妙に的を射ていて「ああ、なるほど!」って思っちゃうんですよ(^^ゞ

で、その同じ日の記事によると、サントラには収録されなかった曲が「着うた(R)フル」では配信されてるとか…ああ、私の携帯は古すぎて「着うた」はDLできても「着うたフル」はDLできんよぉ~っ!(>_<)


それにしても、岩崎さんはこのサントラに関して、何故かやたらと「反省するところが多い」みたいな発言をされてるんですよね~。う~ん…分からん。こんなにいいのに、一体どこがどう気に入らんのだろ~。ま、岩崎さんのこちらの記事の言葉を借りて言うなら「(岩崎さんがどう思ってようと)これからは私たちがしっかり水をやって大事に育てます!」ってところかな?

ふふふ…やっぱり、岩崎さんの表現はどこか普通と違って面白いです(*^-^*)


こんばんは。
菅野さんが特集された「ユリイカ」ですが、たまたま本屋で見つけて、驚いたのでざっと立ち読みしましたよ。
ユリイカという雑誌は現代思想を取り扱う雑誌でして、「やるなぁ」と。

ただ、各記事の内容としては、現代思想畑(と思われる)の評者たちの記事が中心で、言葉遣いがチンプンカンプンでよく分からないし、インタビュー関連については既出感があるし、あまり面白みを感じませんでした。
現代思想の人たちじゃなくて、公平さんのような作曲家やちゃんとした音楽評論が書ける人たちの評論が読みたかったですね。
菅野さんの熱狂的なファンは、話のタネに持っておいてもいいかもしれませんね。


遅くなりましたが、HP開設7周年、おめでとうございます。これからも楽しく拝見させてもらいます。
2009/08/30 03:05 |ザッキー URL [ 編集 ]


ザッキーさん、「ユリイカ」の内容についてのコメントをありがとうございました!私も先日、書店でたまたま目にして驚いてざっとめくったけど、なんだか難しい…とあきらめて、とりあえず情報をゆみちゃんに知らせようという程度の立ち読みでした(^^;; ザッキーさんに解説してもらえてよかったです。
2009/08/30 17:38 |ひこ URL [ 編集 ]

ザッキーさん&ひこさんへ(^o^)丿


お2人とも、コメントありがとさんです~♪

私は「ユリイカ」って本は、今まで本屋さんで表紙しか見たことなかったんよね。それも、記憶の端にちょこっと留まってる程度で…。

そうか…現代思想かあ…って、それさえもあんまり分からん(^^ゞ

そんな私なんで、ザッキーさんが読んで分からんようなもんは私には絶対に理解できんと思います~。それに、普段から私とひこさんって似たところがあるかなあって思うことが多いんで、ひこさんも「何だか難しい…」って感じたんなら、なおさらかも?

でも、その「公平さんのような…」ってくだりは、思いっきり共感できますよ。やっぱり、きちんと音楽が理解できて、そしてそれをしっかりと文字に表せる人が書かないと、ほんとの音楽の良さや菅野さんの魅力は伝わらん気がするもんねえ。

一応、私のお友達で菅野さんの熱狂的なファンの子には、この本のことを知らせたんよ。そしたら「ほかの関連商品や記事は全て持ってるから、これもチェックしてみる」って言って喜んでくれてました(^o^)

とにかく、こうした情報&感想をいただけるってこと自体が嬉しいんで、お2人には感謝感謝です♪

あ、ザッキーさん、7周年のお祝いメッセージもありがとう~!
これからもマイペースで頑張っていくんで、また応援&サポートよろしくです(^_-)-☆
2009/08/30 21:31 |ゆみ URL [ 編集 ]

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。