携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日(…あ、もう昨日だ)8月26日に発売になった「黒執事サウンドコンプリート BLACK BOX」を買いました~!

2008年10月に放送が始まって、一時は年明けくらいにはサントラが発売されそうな雰囲気だったのに、何か「大人の事情」らしきことで延びに延びて、ようやく発売。いま聴きながら書いてるんですが、当時のアニメの映像が次々とよみがえってきて、懐かしいです~。そうか…もう放送が終わって5ヶ月も経つんですねえ(^^ゞ


黒執事サウンドコンプリート BLACK BOX


そのサントラですが、まず仕様が「豪華」の一言に尽きます。3枚組(岩崎 琢さんによる劇伴が2枚とキャラソンが1枚)で3990円でこの仕様は大満足ですよ、うん(^o^)

で、肝心の中身ですが…1曲目から「ひいぃ~これが1曲目にくるかあ!」って感じでビックリするような曲から始まるんですが、これぞ「黒執事」の世界かなあとも思いますね。サントラに収録する曲の順番って誰が決めるんだっけ…曲名だけでなく順番も岩崎さんだっけ?

思えば、私はテレビで第1話を見て、そのサントラの1曲目が流れるシーンあたりで「やられた!」と思い、あのダークな雰囲気にハマったんですよね~。


☆「黒執事」の初回録音レポはこちら


とにかくオンエア中にはシーンの都合で途中までしか聴けなかったもの、セリフや効果音が被って聴こえなかった楽器の音や旋律…それらがじっくり聴けて「ああ、こういう音楽だったんかあ」と惚れ直してるところです(*^-^*)


ところで、岩崎さんのブログのこちらの記事に篠原監督とのエピソードが書かれてるんですが、この篠原監督はこの作品の中で音楽をとても重要視してくださってたのが、色んなインタビュー記事からもよく伝わってきてました。サントラのブックレットの中でも「音楽はアニメ版の顔であり続けたと思う」っておっしゃってましたしね(*^^*)


あ、某アニメ誌によると、監督が「黒執事」の音楽の中で最初に聴いたのがセバスチャンのテーマ(DISC-1の5曲目)だそうで、出だしのカッコいいヴァイオリンのところでは「あ、いい感じだな」と思い、次にあのイタリア語の歌が聴こえてきたときは思わず噴き出しちゃったとか…で、その直後には誰も見ていないのに「素敵!」って拍手されたそうですよ。私もあの曲は大好きなんで、監督が拍手したって気持ちはよく分かります。DVDのCMなんかでも流れてたので聴いた方も多いんじゃないかと思うんですが、ほんと素敵な曲でしたよね(^o^)


あと、またもや岩崎さんのブログのこちらの記事にも書かれてますが、今回のサントラのブックレットの中には、岩崎さんと「黒執事」の作家の枢やなさんの対談があるんです。枢さんって、岩崎さんのファンなんですよね~。キッカケは「結界師」だったそうですが、いちばん好きなのは「天元突破グレンラガン」の音楽みたいです。枢さんのブログでもよく話題に出てました。また、アニメ「黒執事」の打ち上げのときに岩崎さんと会ってお話したときの大興奮気味な枢さんのブログ記事は、とてもとても微笑ましかったです(*^-^*)

そんなお2人の対談ですが、お互いに「作曲をすることって…?」「漫画を描くことって…?」って感じでそれぞれの仕事について、1つの作品が出来上がるまでについて質問していて面白かったです。なかなか興味深い質問&回答もありましたしね。これは是非、皆さんにもサントラをゲットして読んでほしいところです。


でも、先に今年の春に発売になった公式ビジュアルレコード「黒執事 Black Record」を読んだ方が、さらに面白いかも…ブックレットの対談の中でも、少しその「黒執事 Black Record」の話題が出てきますしね。

黒執事 Black Record

これ、1890円とちょっと高いんですが(しかも前半はアニメ版のイラスト集なので、後半のスタッフのインタビュー記事が目的の私にはかなり高く感じたんですが)、巻末でいきなり枢さんが岩崎さんへの愛を叫んでたり、岩崎さんは岩崎さんで作曲するにあたってのポリシーみたいなことを語ってくれてるんで、読み応えがあって面白いです。ほかのスタッフの方々のインタビュー記事もやはりそれぞれに職人魂みたいなものが感じられて、買って良かったな~って思える本でした(^o^)


それにしても、この「黒執事」のサントラ…「えぇ~この曲って、こんなに長かったん~?」「オンエアではほとんど流れないやん…もったいない(>_<)」と思う曲の多いこと多いこと。それに、クライマックスに向けて、オンエアでは多分たった1度しか流れなかったと思う音楽もちゃんと収録されてますしね。これも「ブラックレコード」と同じく…いや、それ以上に買って良かったな~って思えるCDでした。ブックレットの最後にはおっちゃんのお名前はもちろん、二胡の演奏で1曲だけ参加したマサさんのお名前も、そのほかのミュージシャンの方々のお名前も細かいところまでぜ~んぶ載せてくれてます。こういうのも、何か嬉しいですね(*^-^*)


おっと、私は今日も5時起きでお弁当を作るんでした。
ああ、まだまだ聴き込みたいところやけど、とりあえず寝よ…(-_-)zzz

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。