携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年7月17日

この日のおっちゃんは、目黒区青葉台にあるマルニスタジオに行きました。

斉藤文護さんと岩室晶子さんというお2人にアレンジャーさんによる歌ものの録音で、島田紳助さんのやってる「人生が変わる1分間の深イイ話」という番組の中から生まれた「平成新撰組」というグループが歌うための曲なんだそうです。

その「平成新撰組」に関してはこちらのサイトをご覧くださいね(^.^)b


気になる曲名ですが…もう書いちゃってもいいのかなあ?
でも、私が調べた限りではまだネット上のどこにも出てないみたいなので、とりあえずは伏せておきますね。で、また公になった時点で、この記事に追記しておきます。なかなか骨太な感じのタイトルですよ(^o^)

その曲の作詞は…これも番組内で何かしらの発表があったりしたんでしょうか?
このあたりも未確認なので、伏せておこうと思います…何かハッキリしない内容ばかりで、すみません。でも、聞けば「あ、あの人が!?」って思う方が作詞されてますよ(^_-)-☆


さて、その音楽ですが、骨太なタイトルの通りの威勢のいい感じの曲で、楽譜上では「フルートで」ということだったみたいですが、曲想からして「篠笛かピッコロかな?」と思ったおっちゃんは、一部分をピッコロでやってみたそうです。そしたらそれがすごく好評で、そのまま採用になっちゃったとか。この「篠笛かピッコロで…」というところと、この「平成新撰組」というグループが作られることになった経緯(ここ参照)からも、ちょっと和風な感じがする曲なのでは…ということが想像してもらえるでしょうか?(^^ゞ

あ、先ほど「アレンジャーは斉藤文護さんと岩室晶子さん」と書きましたが、おっちゃんの話では「作曲もこのお2人ちゃうかな?」とのことでした。曲のタイトルや作詞者も含めて、真相は詳細が発表されるのをどうぞお楽しみにo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。