携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜中にも人の命について考える…というような記事を書いたんですが、今日はもう1つ書きます。

さっきテレビを見てて知ったんですが、前にレポでも取り上げさせていただいた「おっぱいの詩」の作者である大原まゆさんが、去る5月9日に亡くなられたそうです。

☆映画「おっぱいの詩 ~ココロの星~」の録音レポはこちら

この映画、劇伴録音時(2007年2月現在)にはいつ公開されるのか分からなかったんですが、同年の9月に公開されました。

☆映画の公式サイトはこちら


21歳という若さで乳がんになったものの、それを決して悲観的に捉えるのでなく、いつも強く前向きに生きて「私はこうして生きている、ということを前面に出した映画にしたい」と話してらした大原さん。実は、その映画の撮影中にはもう再発とリンパ節への転移をされてたとか…。


大原さんの死は本当にショックですが、彼女が周りの人や世間に残したものはとても大きいと思います。いま一度、私たちも生きることの意味や、自分の命をどう生きるか…ということを考えてみるといいかもしれませんね。

ご冥福をお祈りします。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。