携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近よくネット上の文章で「w」とか「ww」なんてのを見かけますが、これは「笑う」とか「嬉しい」って気持ちを表してるっていう解釈でいいんでしょうか…?

でも、ここでお話する「W」はちょっと違って、スタジオ用語です。
スタジオでは必ず「WW」と2つ重ねて書くんですが、これは「Woodwind」…つまり木管楽器のことなんです。

実は先日、エンジニアの伊豫部富治さんから、あるCM録音現場のお話をメールで聞かせてもらってたんです。で、その文中に「WW4」というのがあったんですが、これが私にはどうにも分からなくて「これ、何ですか?」と素直に質問させていただきました(^^ゞ

そしたら、これはフルート・オーボエ・クラリネット・ファゴットが各1人ずつ…という編成を表してるんだそうです。

で、よくうちのレポの中で「木管が2管編成」なんて言葉が出てくると思いますが、それがいわゆる正式編成だそうで、そのときには「WW 2管編成」って書くんだそうです。これはその、先ほどの4つの楽器がそれぞれ2人ずつ…計8人ってことですね(^.^)b

伊豫部さんは「WW4ってのは正しい呼称じゃないかも?」っておっしゃってましたが、どうなんでしょうか…でも、若いエンジニアさんたちの憧れの的で大ベテランの伊豫部さんが使ってるんですもん、スタジオではごく普通に通ってるんだと思います♪

その伊豫部さんから教えてもらったというCM録音現場のお話は、近いうちにここでご紹介しようと思ってます。ただ、ここでご紹介する前にちょっと確認が必要なことがあって、いま伊豫部さんがCMプロデューサーさんに問い合わせてくださってるところなんです。

4月末からオンエアされてて、とてもインパクトがある面白いCMなので、皆さんも見たことがあるかも…どうぞ、お楽しみにo(^-^)o


こうして伊豫部さんやおっちゃんが元気で大活躍してる中、同じ世代の三木たかしさんが亡くなられたことは本当にショックでした。まだ64歳だったとか…早すぎます(>_<)

でも、三木さんが作られた曲は多くの人の心の奥に深く響いて、これからもずっと色んな人によって歌い継がれていくことでしょう。そして、それがまた私たちの生きる力になったり、励みになったりするんですよね。

この三木さんように、いつも「人の心に響く音楽を…」「聴き手の魂を揺さぶるような音楽を…」っていう気持ちで素敵な音楽を生み出してくれてる作曲家さんたち、それに命を吹き込むスタジオミュージシャンさんたち、それを私たちの耳に届けてくれるエンジニアさんたち…そんな人たちの熱い生き方に少しでも寄り添えるよう、私も頑張りたいです(*^-^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。