携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは更新のお知らせを…


HPの方に以下のレポをアップしました(^.^)b

☆民謡ユニット「Green2」の新曲録音レポはこちら


ブログに方には以下のレポをアップしました(^.^)b

☆サントリーのCM録音レポはこちら


ところで、最近の私はすごく「8分の○拍子」っていう曲に縁があるような気がします…いや、今までも何度もそういう曲に触れる機会はあったんだと思いますが、私には難しすぎて理解できないと諦めて、あまり深く掘り下げずに来たんでしょうねえ(;^_^A

でも、最近はおっちゃんのほかにも、作曲家さんや演奏家さん、そしてHPを見てくださってる方々が優しく根気よく教えてくださるんで、少しずつ理解できるようになってきました。こんな飲み込みの悪い私に、よくぞまあキレもせず付き合ってくれてます…と、心から感謝感謝ですm(__)m

おかげで、ちょっと前にアップした多田彰文さんの「新世界の聖機師物語の録音レポ」の中では「8分の9拍子」とキリスト教の「三位一体」について取り上げて新たな発見をしましたし、その前には岩崎 琢さんの「黒執事の録音レポ」の中で取り上げたイタリア語の歌曲も8分の9拍子だということに気づきましたし、梶浦由記さんがプロデュースする「Kalafina」の「Lacrimosa」も8分の6拍子ですし…と、意外と身近にたくさんあるんだなあということが分かってきました。

で、今回の「Green2」のレポの中では「8分の6拍子と4分の3拍子」という、私にとっては更に踏み込んだお話について取り上げさせていただきましたので、ぜひ読んでみてください。分かってる方には「ここまで噛み砕かんと分からんのか…」と呆れられるかもしれませんが、作・編曲の奏カナミさんには「よく分かるよ!」と褒めていただけてホクホクしてるんで、ちょっとだけ私の目線に下りていただけると嬉しいです(^◇^;)

あ、この「8分の…」っていう拍子は、もともと日本にはないんだとか?
だから、日本人が演奏するのはとても難しい…なかなか欧米人と同じようには感じられない…って聞いたような気がするんだけど、違ったかなあ(^^ゞ

何はともあれ、私の音楽の世界が少しずつ広がっていくのが何とも嬉しいなあ~と感じてる今日このごろです(*^^*)

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。