携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年9月26日

ビクターの301スタに行きました。この日は大谷幸さんとのお仕事で「灼眼のシャナⅡ」というアニメの音楽録りでした。おっちゃんはすっかり記憶から飛んでいるようですが、大谷さんのお話によると、この「灼眼のシャナ」の1作目の劇伴にもおっちゃんは参加してるとか…きっと、私がまだレポを始める前のことだと思いますが、貴重な情報がいただけました(^o^)

さて、スタジオに入ると、フロアいっぱいに弦セクション用の椅子が並べられていたそうです。どうやら、この日の弦は「86442」だったみたいですね。大谷さんのお仕事の中で「妖奇士」というアニメの劇伴ではあえてヴィオラ抜きにしてましたが、この日はしっかり入ってたそうです。大谷さんって、ときどきそういう独特なサウンドを狙って不思議な編成を組まれるんですが、それがまた面白いんですよね(^.^)b

☆「妖奇士」の録音レポはこちら

この日、全体で何曲くらい録音したのかはちょっと分からないんですが、おっちゃんたち木管が参加したのは7~8曲。そのほとんどが戦闘シーン用の音楽だったそうですが、戦闘シーン用の音楽にありがちな「音が大きくて派手」「テンポが速い」みたいな音楽ではなく、どちらかというとエキゾチックというか…とにかく、大谷さんならではの不思議な雰囲気の曲が多かったそうです。

編成は、弦(マサさんのグループ:86442)、フルート&ピッコロ(おっちゃん)、オーボエ(庄司知史さん)、クラリネット&バスクラリネット(十亀正司さん)、トランペット(菅坂雅彦さん・横山均さん・他1名)、トロンボーン(松本治さん・井口有里さん・山城純子さん)、チューバ(柏田良典さん)、ホルン(藤田乙比古さん・他2名)、サックス(テナーサックス:平原まことさん・バリトンサックス:つづらのあつしさん)、コーラス(ソプラノ6人:東京混声合唱団)、打ち込み(大谷幸さん)、エンジニア(吉田俊之さん)でした。

ところで、この日はちょっとしたアクシデントがあったようです。数ある曲の中の1曲(おっちゃんの記憶だと‘M-94’)を録るときに、どうもおっちゃんだけ雰囲気が違うんだそうです。もう少し分かりやすく言うと、曲が始まって…フルートパートには何小節か休みがあって…さあ吹こう!と思ったものの、何だか全く周りの音楽と馴染んでない気がして、入れなかったそうです。

焦ったおっちゃんは「小節数が違うか、写譜が間違ってるのかな…」と思って、お隣にいらしたオーボエの庄司さんに「今どこ?」って聞いてみたんですって。すると庄司さんからは「Cの4つ目…」って答えが返ってきたので「へいへい♪」と思ってフルートを構えるも、やっぱり入っていけなかったとか…。

で、ふと曲のMナンバーを見てみると、何と曲が違ってるってことが判明。写譜屋さんが演奏順に楽譜を並べててくれたはずが、何かの拍子にここだけ順番が入れ替わって、違う楽譜が並んでたみたいですね。それに気づいてからはスムースに録音を終えたそうですが、一時はコントロールルームで「フルートが聴こえない!」って大騒ぎになったそうですよ(^^ゞ

最後になりましたが、このアニメは2007年10月から、TBS・MBS・CBCにて放送されています。別録したっていうコーラスは戦闘シーンなんかで使われてることが多いんですが、それがまたオケの方のエキゾチックな感じの曲っていうのと合わさって、何とも不思議な効果があって面白いんですよ~。ぜひオンエアチェックしてみてくださいねo(^-^)o

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。