携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕べのオンエアからエンディングテーマが新しいものになったんですが、これがすごくいい曲なんです~!

絵も曲のタイトルである「Lacrimosa」とよく合ってる素敵なもので、思わず夜中にビデオで見なおしてしまいました(^^ゞ

ぜひ↓を再生して聴いてみてください(^.^)b




この動画の最後に出てくる不気味な島ですが、これはベックリンという画家が描いた「死の島」をモチーフにしてるみたいですね。

☆「死の島」に関する記事はこちら

EDに関するさらに詳しい情報は篠原俊哉監督のブログの2009年1月25日付のところにもありますので、ぜひ読んでみてくださいね(^.^)b


この曲は作詞・作曲・編曲とも梶浦由記さんです。
これ、梶浦さんが原作を読まれて、そのイメージで作られたんだそうですよ~♪

ちょうどつい最近このブログで梶浦さんのことを書かせていただきましたが、今回もまたぐいぐい心を引っ張っていかれました(*^^*)

歌ってるのは「Kalafina」という女性ヴォーカルグループで、梶浦さんがプロデュースされてるようです。2009年3月4日にはファーストアルバム「Seventh Heaven」が、そしてこの「Lacrimosa」も同じ日にシングルとしてリリースされるようですo(^-^)o

☆リリースに関する詳細はこちらこちら、そしてこちらなどを見てくださいね。CD+DVDとは何とも豪華な仕様です♪

ちなみに、その「Seventh Heaven」の中の1曲「夏の林檎」に、おっちゃんがケーナで参加しました(^.^)b

☆「夏の林檎」の録音レポはこちら


もちろん、本編の方では今週も岩崎 琢さんのインド風な音楽がいっぱい流れたんですが、岩崎さんの新年最初の記事を読ませていただいた私としては、すごく感慨深い気持ちで聴いてました。このあたりについては、1月末だかに行われるという追加録音のレポを作るときにもうちょっと触れさせてもらおうかなあ…。



で、この「黒執事」のオンエアのあとは「キャシャーン Sins」も見たんですが、こっちはもう「これは和田 薫さんじゃなければ!」みたいなひたひたと不気味に迫り来る音楽から、ギターや木管の魅力が存分に表れた切ないメロディーのオンパレードで、これまたテレビの画面に釘付けでしたよ(^o^)

たとえば↓の3分3秒くらいからの音楽とか…



↓この冒頭とか…あ、1分43秒ごろからはおっちゃんの笛が♪




☆「キャシャーン Sins」の録音レポはこちら

実は、夕べは中学校の卒業文集に載せるっていう「学年部長から卒業生へ贈る言葉」なんてのを考えながら見てたんですが、とても文章なんて考えられない…結局、原稿用紙は真っ白のままで、2番組の音楽の余韻にどっぷり浸りながら寝ちゃいました(^◇^;)


さあ、明日は「Bee」の高知公演に向けて朝8時すぎの汽車に乗るんですが(徳島は電車ではなく汽車って言うんです…)そのまえに7時に次女を学校へ送り出したり、長女を実家へ送り届けたり…と、大忙しです。あ、明日は次女のお弁当がいるんだった(@_@;)

とにかく、またコンサートの様子をここかシリウスのHPでご報告しますね(^_-)-☆

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。