携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年9月19日

この日おっちゃんは「亀山耕一郎さんのお仕事で、ケーナを使う」という事前連絡を受けて、乃木坂にあるソニーのスタジオに行きました。

亀山さんと言えば、うちでは「ピーターラビットの鑑賞用教材」や「銀盤 カレイドスコープ」「こてんこてんこ」「ぷるるんっ!しずくちゃん」「ご愁傷さま二ノ宮くん」などの劇伴録音で何度も取り上げさせていただいた方ですね(*^^*)


さて、この日はコロムビアの教材で、フォルクローレ風の曲をいくつか録ったそうです。作曲は新崎さんという方が手がけられて、亀山さんはそのアレンジだったようですね。参加ミュージシャンはおっちゃんと千代正行さんの2人で、歌は数々のアニソンや童謡を歌っていらっしゃるあの山野さと子さんです♪

20130919_1.jpg


亀山さんの方から「楽譜は実音で書いてあります」と言われて早速G管のケーナで吹いてみたそうですが、どうもちょっと低い気が…亀山さんも同じように感じられたみたいで「オクターブ上げてみようか」ってことになり、急きょソプラノリコーダーに相当するC管のケーナでやることにしたそうです。このC管のケーナは発音がビミョーなところがあって少し手こずったところもあったようですが、何とかクリアしたみたいです。

で、そうやって一通りやったあとはイントロと間奏の部分にハモリを入れたいということになり、6度下でセカンドパートを吹いたそうです。おっちゃんの話によるとフォルクローレのケーナの場合は3度下でハモることが多いそうですが、この日は何で6度下になったんだろう…おっちゃんは「コードの関係かな?」とか言ってましたが、私には何が何やらサッパリ分かりません(^^ゞ


こうして何とかおっちゃんの部分が終わったあとは千代さんのチャランゴのダビングだったそうです。これがほんとに素敵だったそうで、おっちゃんを含む周りの皆さんも聴き惚れてたとか…あ、千代さんはギターのダビングもあったみたいですね。


写真はそんな千代さんの様子を皆でカメラに納めてるところですw

20130919_4.jpg 20130919_2.jpg 20130919_3.jpg


教材ということでなかなか私たちの耳に触れることはないかもしれませんが、聴いてみたいですよね。そして、こんな素晴らしい教材で学べる子どもたちが羨ましいですo(*^^*)o

スポンサーサイト
先日、朗読劇のレポをアップしましたが、これはそのあとのお話です。

こぼれ話の方で書いたような経緯で和田 薫さんや岩崎 琢さんと再会したあと、会場で開演を待つ間に和田さんと「このあとどうするの?」「私たち、ナミちゃんと飲む約束してるんですよ。良かったら是非!」「それじゃあ♪」なんて話になって、さっそく和田さんがお店を探し始めてくれました。で、和田さん行きつけの(?)いいお店に行く予定だったんですが人気のお店らしく満席で断られ、会場からちょっと歩いたところにある「魚民」に行くことになりました。


メンバーは和田さんと岩崎さんのほかに声優の井上 悟さんとピアニストの新居由佳梨さん、それに長崎さんとの対談からずっと行動を共にしてた東京国際映画祭スタッフの徳武英章さんに、おなじみchocoちゃんと私の7人です。あ、由佳梨さんは岩崎さんの2回目のライブ後の飲み会で「徳島にピアノを弾きに行ったことがある」と話してくれてた方で、今回ようやくお名前が判明しました!同性の私から見ても惚れ惚れするような、ほんと美しく素敵な方です♡


終演後の会場付近は台風27号の影響で雨が降り出して、わりと風も出てきてました。でも井上さんは夕方のお仕事現場に傘を忘れてきてたらしく「ゆみさん、入れて〜!」なんて声がかかったもんで、おかんらしくほいほいと傘を差し向けたら和田さんが「僕、2つ持ってるよ」と、サッと鞄から折り畳み傘を出してくれたんです。和田さん、素敵すぎる!もちろん、その場でも「きゃあ、素敵☆」「素晴らしい!」なんて声が上がりましたよ(*^^*)

あ、岩崎さんは車で来てたんで「先に行って魚民の近くの駐車場に停めてくる」と別行動。残りのみんなは傘を斜めにけっこう濡れながら歩いてたら、突然クラクションが…驚いて音の方を見ると、雨風なんて関係なしで快適に移動中の岩崎さんが笑顔で私たちに手を振ってきました。何あれ、くっそぉ〜!(笑)

気を取り直してまたしばらく歩いてると、今度は急に私の右肩にすごい重みが…何事かと見ると、岩崎さんがのしかかってました(爆)さっき車で追い抜いていったはずなのに、後ろから来るってどういうこっちゃ?…と思ってたら、どうやらお店の場所を勘違いして車を停めたらしく、そこからみんなと一緒にちょっと歩くことになりました。そうだそうだ、みんなと一緒に濡れろ〜!…と思った私は意地悪ですか?(* ̄∇ ̄*)


そんなこんなで何とかお店に到着。
みんなサッサと席に着き出したはいいんですが、何と和田さんが一番の下座に…!それに驚いてたら今度は岩崎さんが「おばちゃん、ここ座んな」って言ってぽんぽんと叩いた席が一番の上座。そらあかんわと焦って「和田さん、琢ちゃんの横に行ってよ」って言うと「いや、僕これやらないといけないから♪」と注文用のタッチパネルを嬉しそうに手にしてるんです。もう和田さんったら…お店探しから注文まで、どこまで幹事役が板に付いてるんですか(笑)


結局、おこがましくも一番の上座をいただき乾杯(*^∇^)/□☆□\(^∇^*)


せっかくだから全員で記念写真を…とカメラを構えたら、岩崎さんがこれですよ(笑)

20131025-A.jpg

みんなその場で写真を見て「何かいじけてんの?w」「何だよこれw」「ちっちゃい子がすねてるみたいw」「いや、気分の悪い人みたいw」「まだ何の料理も並んでない時点で、こんな出来ちゃった感いっぱいの写真が撮れるメンバーってw」と口々に大笑い。やらかした岩崎さん本人も盛大に笑い飛ばして、にぎやかな幕開けとなりました。


その後、なぜか私の仕事がすごい力仕事で大変だ…みたいな話になったときに岩崎さんが「おばちゃん、似合ってるよ」「いま僕と腕相撲したら、確実におばちゃんが勝つよ」とか妙なところで褒めてきてムカつくったら…(笑)しかもわざわざ念を押して「マジで勝つよ」とか言ってたんで、もうほんとにあの場で腕相撲すれば良かったかなあ。そしてこてんぱんに負かしてやれば少しはあの毒舌も……いやいや、そんなことしたら岩崎さんの思うツボか。きっと、いまの私へのおばちゃん扱いにますます拍車がかかることになったと思うんで、やっぱりやらんで良かったよ(^^ゞ


20131025-C.jpg


そうして和田さんと「おかあさんは鬼にも夜叉にもなるんですよ」と子育て的な話になったり、今年の夏に私とchocoちゃんが燃えまくってた高校野球の話から「僕も甲子園でトランペットを吹いたことあるんだよ。校歌も歌った!」「つまり勝ったと?」「甲子園で校歌を歌うって、また格別な思いがありますよねえ!」「僕は男子校で、同窓会では校歌を5回は歌うよ(笑)」「それは熱い!愛校心あふれてますね!」なんて話になったり、この日の昼間にやった長崎さんとの対談の話に和田さんや岩崎さんが補足してくれたりして、なかなか面白い流れになってました。ただ、由佳梨さんや徳武さんとはちょっと席が離れてて、あんまりお話できんかったんが残念だったなあ(>_<)


…と、このあたりで舞台の片付けを終えたナミちゃんの登場\(^o^)/


みんなが口々に「お疲れ!」「良かったよ!」「面白かった!」と声をかけて、ナミちゃんも満面の笑みになってました。で、ちょうど井上さんの隣に座ったので、声優さんペアとしてパチリ☆

20131025-D.jpg


その井上さんが熱心にナミちゃんに「練習期間は?」とか「どんな感じの練習を?」とか聞いてたんで「そういや井上さんも夏に朗読劇に出てましたよね?」って聞くと「そうなんですよ〜!」と嬉しそうに語ってくれました。何でも、ナミちゃんたちのやった舞台とはまたちょっと違って、出演者全員がギャルソンの格好をしてお客さまにお給仕をするんだそうです。で、お客さまにドリンクなどのサービスが終わったあとに朗読が始まるとか…これもまた面白そうですよね。次はいつやるのか分かりませんが、詳しくはこちらをチェックです♪

ナミちゃんの舞台については、いつかブログでもうちょっと詳しく語ってくれたりしないかなあとか思ってるんですが、どうでしょうか…とにかくチェックを欠かしてはいけませんね♪


20131025-B.jpg  20131025-G.jpg


そしてchocoちゃんは由佳梨さんと楽しそうにピアノを話をしてたり、女子校出身のchocoちゃんと男子校出身の和田さんでその違いを話してたり、和田さんと徳武さんも何やら熱心に話し込んでたりした中で、なぜか私は岩崎さんとまたいつものようなコント的なやりとりに…。


何の話がキッカケでこうなったかは忘れましたが、こんな感じです(^^ゞ

ゆ「えぇ〜!ファンに何てこと言うんよ?」
い「どこがファンだよ…ファンならファンらしくしろよ!」
ゆ「こんな従順なファンやのに、どこに文句があるんよ?」
い「ファンは‘DVD全巻プレゼントしてくれ’なんて言わないんだよ!」
ゆ「ほなって高いんやもん…ええやん!日頃の応援への感謝の気持ちとしてw」
い「日頃の応援の感謝?…はぁ!?」
ゆ「いつも全身全霊で応援してあげとるがなw」
い「どこがだよ!」
ゆ「そんなに買え買え言うんやったら、おこづかいちょうだいよ!ほれほれ、はよ♪」
い「なっ…(絶句)ふざけとる!」(最近ちょっと訛ってきた?w)

なぁ〜んてやってたら、いつの間にか周りが爆笑してました(;^◇^;)ゝ


こうして楽しい時間はアッという間にすぎ、終電の関係などで席を立つ人が出たのをキッカケにお開きとなりました。で、もうみんなが立ち上がりかけたころに「そうだ!」と思い出して、対談のときに長崎さんにサインをもらったCDを出して、岩崎さんにもサインしてもらうことにしました。

CDのふたを開けると「うわ、長崎さんのサインかっこいいなあ。綺麗な字だ…!」としばらく見とれる岩崎さん。なので「いつもみたいにふざけんと、ちゃんとサインしてよ」って言うと、今日ばかりはほんとにマジメに書いてくれましたヾ(゚∀`*)ノ゙

20131025-F.jpg

…と喜んだのも束の間、由佳梨さんの「見て、こんなにちっちゃく書いてるよw」の声でよく見てみると、またもや嫌がらせのような小さい字で「ゆみちゃんへ」の文字が…!ほんま絶対に一筋縄ではいかん琢ちゃん、さすがです(笑)


お店を出るともうかなりの嵐になってて、みんな挨拶もそこそこに帰りを急ぎ出しました。そこで車で来てた岩崎さんに「私とchocoちゃんをホテルまで送ってよ」って言うと「あれ2人乗りだからダメだよ」と、あっさり切り捨てられました。でもメゲずに「ほな、私はトランクでええよ」って言うと「バカなこと言ってんじゃないよ!」と吐き捨てられました(笑)いやあ、最後までこうしたアホなやりとりできて楽しかった〜!

そうして分かれたあと私たちは駅に向かい、途中までは井上さんと一緒に帰りました。帰りの電車の中では井上さんが指導に当たってる声優さんたちのクラスのお話なんかも聞かせてもらって、とても楽しかったです。すんごい良い声で語る井上さんのお話、もっともっと聞いていたかったなあ。これはまた、いつかそうした機会があるといいなあと思ってますo(*^^*)o


このあとchocoちゃんは2回目、私は3回目になるホテルへの道で迷って、2人とも全身ズブ濡れになるって事態になりました。iPhoneの地図を見ながらででも迷うって、ある意味すごい特技ですよね(^^ゞ

そうそう、ホテルでは順番にお風呂に入ったんですが、私が入ってたときに地震があったとか…ぜんぜん気づいてなかったんですが、あとで聞いて「私、あんな状態でどうやって逃げたら…!?」と慌ててるのに対して、東日本大震災で震度5を体験し、その後も何度も余震を経験してる関東在住のchocoちゃんは落ち着いたもので、慣れってすごいし怖いなあと思いました…。

お布団に入ってからもすごい濃くて楽しい初日の感想を語り合ってたら、いつの間にか時計は深夜3時を指してました。でも、ぜんぜん眠くない私たち…まあ翌日もまた楽しい予定がいっぱいあったので仕方なく切り上げて寝たって感じですが、ほんと楽しい1日目でした(*^^*)

2013年10月24日

おっちゃんはサウンドシティのBスタに行きました。
事前に「大野雄二さんでルパンの音楽」という連絡を受けていたそうですが、ルパンと言えば9月に金曜ロードショー用の音楽をやったばかりなので(そのときのレポはこちら)今度は何だろうと思いつつスタジオ入りしたそうです。
 
さて、今回の内容ですが…12月に公開になる「ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE」の音楽録りでした。

「ルパン三世 VS 名探偵コナン」と言えば、日本テレビ開局55周年と読売テレビ開局50周年の開局記念スペシャル番組として2009年3月に放送されたのがありましたが、今回は映画です。あの特番のときよりずっと迫力が増してるようですよ♪


まずはその予告編をご覧くださいo(*^^*)o




おっちゃんはこの特番のことは全く知らなかったようなので、今回のこのコラボをすごく新鮮に感じたとか…音楽も大野雄二さんと大野克夫さんという同じ「大野さん」なところも面白かったようですね。うんうん、分かります!ちなみにこのご両人は、ご親戚などのつながりは何もないとか…。


おっちゃんと大野雄二さんです♪

20131024_1.jpg


さて、録音はリズム隊とサックスとフルート(中川昌三さん)が先に入っていて、それに4422のマサさんグループの弦とフルート(おっちゃん・金子奈美ちゃん)、クラリネット(元木瑞香)と、エンジニア(三浦克浩さん)で行われました。

1つの作品を複数の作曲家さんが手がけることはわりとありますが、このキャラはこの人、あのキャラはあの人ってきっちり分けるのはちょっと珍しいのかも…私が知らんだけで、そうでもない?とにかく、今回はルパン側のキャラのシーンでは大野雄二さんの音楽が、コナン側のキャラのシーンでは大野克夫さんの音楽が流れる…ということなんでしょうね。じゃあ、前の特番みたいにルパンとコナンが対峙したときなんかはどんな音楽が流れるんだろう…そのあたりも気になるんで観たいところですo(*^^*)o

20131024_4.jpg 20131024_5.jpg

大野克夫さんによるコナン側の音楽は全く別の日に別のメンバーで録られたようですが、大野雄二さんによるルパン側の音楽は、お馴染みのルパン、次元、五ェ門、不二子、銭形などのテーマとそのテーマバリエーションの他に、長短のちょっとコミカルなものなど色々と出てきて面白かったようです。全部で20曲くらいあったようですが、さすがはベテランプレイヤー揃い。けっこう難しい曲が多くて大変だったようなのに時間的には予定よりずっと早く終わってしまったので、インペク屋さんは次に入るブラス隊に早めに来てもらえるよう頼む連絡で大慌てだったようです。

あ、普段ならフルートとクラリネットは一緒のブースで録ることが多いんですが、今回は何故か別のブース。どうやらクラのパートにはソロが何曲かあったので、回り込み(フルートの音がクラのマイクにも入る)などを避けるために分離したかったようです。つまり、何か特別なシーンでクラのソロが流れるってことでしょうか…どんな使われ方をするのか、そのあたりにも興味が湧きますね(*^^*)


フルートの金子奈美ちゃんとクラリネットの元木瑞香さんです♪

20131024_3.jpg 20131024_2.jpg


ところで、この日の録音開始前にマサさんがすごく嬉しそうに「おっちゃん!おっちゃん!」って言いながら、おっちゃんたちのいるブースに入ってきたそうです。で、何かと思ったら、これですよ…このTシャツ、ぜひ↓の写真を大きなサイズで見てください(^^ゞ

20131024_7.jpg 20131024_6.jpg

ハロウィン用の仮装グッズだそうですが、あまりのリアルさ&気持ち悪さにスタジオにいた全員が唖然…きっと、そういう反応すらマサさんは嬉しくて仕方ないんでしょうね。ちなみに、長袖の上に半袖を着てるように見えますが、長袖の部分は素肌を表してるそうで、つまりははだけたシャツから見える喉元も血まみれ、腕も血まみれってイメージなんだそうです(@_@;)

で、先ほど「曲が難しくて大変だった」と書きましたが、その大変な思いをしてる合間の休憩中には誰かがマサさんに向かって「あ~あ、曲が大変すぎてマサさんなんか内蔵が出ちゃってるよ」とマサさんの下腹のあたりを指差して茶化すシーンも見られたとか…こういうお話を聞いてから改めて↑の方にある弦の写真を見ると、何だかおかしいですね(* ̄∇ ̄*)


余談ですが、その休憩中におっちゃんはロビーでさだ企画の廣田さんを発見。少し声をかけてみると、さださんはCスタで曲作り中とのこと…なので、ちょっとご挨拶にCスタにお邪魔したそうです。さださんはよくこのCスタを曲作りに使ってるらしく、ここで生まれた名曲もたくさんあるみたいですよ(*゚▽゚*)


「ルパン三世 VS 名探偵コナン THE MOVIE」は12月7日公開、どうぞお楽しみにo(*^^*)o

  

ツイッターを見ていてくださった皆さんはもうご存知だと思いますが、10月末に人生初の生の朗読劇(レポはこちら)を観るために上京してきました。その会場でちょっとした…いや、大きなサプライズがあったんです。

え~っと、何からお話すればいいのか…
今年1月に行われた岩崎琢さんのライブでお知り合いになれた、岡本ナミさんという声優さんがいます。ライブの打ち上げですっかり意気投合し、その後はツイッターやフェイスブックで親しくさせてもらうようになり、9月の初めには今回の舞台のことを知らせてもらってました。そして9月中旬には上京することを決めたんですが、諸事情によりまだごく一部の人にしか上京を知らせてなかったんですね。


そのごく一部の中に、音響監督の長崎行男さんがいらっしゃいました。2年ほど前だったかツイッターでつながり、岩崎琢さんとの会話や長崎さんお1人でのつぶやきを読ませてもらってるうちに音響監督さんというお仕事にすごく興味が湧いて、ぜひお話を伺いたいと思ったんです。

で、ダメ元で対談を申し込んでみたところ、まさかの快諾(対談記事は→こちら)。もうほんとに飛び上がるほど嬉しくて色んな人にこの感動を聞いてもらいたかったんですが、ここは1つ岩崎さんのために当日まで内緒にしておこうと…というのも、私はツイッターでもフェイスブックでも常に岩崎さんにディスられまくってるんですね。いままではそれを甘んじてたんですけど、やっぱり今年は「やられたらやりかえす、倍返しだ!」ってことで、岩崎さんが尊敬してやまない長崎さんとのことを当日↓こんなメールを送ることでバラして驚かせようと思ったんです(笑)

20131025-mail.png

でも、何かの手違いで直前にバレてしまってたようで、写メには反応なし…これはちょっと残念だったんですが、対談そのものは本当に素晴らしかったです。こちらも近いうちに記事にするんで、ぜひぜひ読んでいただけたらと思いま~すo(*^^*)o


さて、前置きが長くなりましたが、そんなこんなでうちのHPではもうお馴染みの元インペク屋さんで現在はバレエピアニストさんとして活躍中のchocoちゃんと朗読劇の会場に行って開演を待ってると、何と何と作曲の和田薫さんが…!

和田さんは私にとっては劇伴の世界にハマるキッカケとなった人であり、生まれて初めてオフ会なんてものに参加したときの主役であり、テレビでしか見たことなかったサントリーホールに行く機会(和田薫の世界 喚起の時)を与えてくれた人であり…と、私に色んな「初めて」をくれた人なんです。

いまでこそ気さくに何でも…それこそ互いの子育ての話から私の仕事の愚痴を聞いてもらうなんてことまでしてますが、やっぱり私の中では特別な人なんですね(*^^*)


そんな和田さんがいきなり目の前に現れたんですよ!
そらもうchocoちゃんと2人して「(*゚▽゚*)」みたいな顔になって「わ…和田さん!和田さ~ん!」って手を振りまくっちゃいました。そしたら和田さんも私たちに気づいて「おおっ!」と笑顔で手を振り返してくれ、そのまますぐ前の席に座ったあとは「まさかこんなところで会えるとは…!」「ほんとだね~!」「うわあ、すっごい嬉しい(*≧艸≦)♡」と、そのあたり一面にお花を撒き散らす勢いではしゃいでました。その勢いで撮ったのが↓こちら♪

20131025-wada.jpg


そんな和田さんがときどき入り口の方を見やって「もう1人くるんだよね」って言うんで「私たちの知ってる人ですか?」って聞くと「う~ん…あぁ~いや…」とか何とか曖昧な返事…。だからまあ、お仕事関係の人かなあと思って適当に聞き流してたんです。そしたら、そのうち「来た!」って言うんで、和田さんの目線の先を追うと、何とそこには岩崎さんが…!

今度はchocoちゃんと2人して「(;゜○゜)」みたいな顔になって、岩崎さんが席につく様子をしばらく呆然と眺めてました。無事に席についた岩崎さんが振り返り、まだ半ば呆然としてる私に「はい、これ。おばちゃんのいる田舎にはこんなの売ってないでしょ!」って言いながら、ちびまる子ちゃんのアメちゃんをくれました。これには純粋に驚いて嬉しかったんですが、同時にどんなときも決して私への嫌味を忘れない岩崎さんに感心もしましたよ(笑)

20131025-amechan.jpg


…と、ここでふと「何で私へのお土産や持っとるん?」ってことに気づいたんです。で、そのまま和田さんに「もしかして、私たちがこの回に来るん知ってました?」って聞くと、和田さんが何とも気まずそうな顔をして「いや…え~っとね…あの…それはナミがね……あ、はい、知ってましたm(_ _)m」って言うんですよ~!


ガ━━(゚Д゚;)━━ン!


騙された…完全に騙された…何あの私たちを見つけたときの「おおっ!」と嬉しそうに手を振ってくれた和田さんの名演技は…!

岩崎さんにも「昼間に長崎さんとの写真を送ったのに無視しとって、何でここに…」って言うと「ふんっ、あんなメールに返事なんかするかよ!」と悪態つきつつ、どこかしてやったりな顔…これ↓見てくださいよ(^^ゞ

20131025-taku.jpg

悔しい~!
今日こそ倍返し…いや10倍返しするはずが、またやられた~!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


あとで聞くと、ナミちゃんが「色んな都合があるとは思うけど、この日のこの回にゆみさんが来るから出来れば…」って声をかけてくれたらしいです。すっごい悔しかったけど(笑)こんな粋な計らいをしてくれたナミちゃんには心から感謝です。何せ今回は上京することすら知らせてなかったので、会いたい気持ちはすごくあるけど最初から諦めてましたしね…いや~良かった!ナミちゃん、大好き♡


そして、この舞台のあとは近くで皆で飲んだんですが、そのときの様子はまた別の機会に…(*^^*)

powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。