携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月から始まったアニメの中で私が注目してる作品の1つに「坂道のアポロン」があります。これは、小さいころからクラシックピアノに親しんできた主人公の西見 薫が同級生でジャズドラムをやってる川渕千太郎との出会いによってジャズにハマり、そのジャズセッションを中心に高校生らしい恋愛模様や友人関係などを描いたアニメで、あちこちで「クオリティが高い」と評判のようですね。

関西での第1話の放送後には、このアニメの演奏シーンの録音に携わったエンジニアの伊豫部富治さんから聞いたお話をご紹介させていただきました。まだ読まれてない方は是非この機会に♪→こちら



さて、その中でもさらに「素晴らしい!」と絶賛されたのが、関西圏では夕べ放送のあった第7話です。何が素晴らしいって、Bパートの後半で何と3分31秒ものセッションシーンがあったんです。それも、薫と千太郎…ピアノとドラムだけのセッションです。


そのセッションシーンが↓こちらで見られますよ。




この演奏、この映像と音とのシンクロ具合…いやもうテレビに食い入るように見て(聴いて)、最後に薫が立ち上がって弾いたとこなんか、私まで腰が浮いちゃいましたよ(^^ゞ


で、この演奏シーンの録音について、またまた伊豫部さんから貴重なお話を聞かせていただきました\(^O^)/


録音は昨年12月27日の午後3時から、中目黒の「青葉台スタジオ」で行われました。ここは昔「キティレコード」のスタジオで、伊豫部さんは1980年から82年まで井上陽水さんの録音で通ってたそうですよ。で、現在もスタジオの機能(まあ構造とかですね)などはほとんどその当時のままなんだそうです。


薫のピアノを演奏するのは松永貴志さん、そして千太郎のドラムを演奏するのは石若 駿さんです。このお2人で、まず「私のお気に入り(My Favorite Things)」で始まって「いつか王子様が(Some Day My Prince Will Come)」→「モーニン(Moanin)」で終わる、あの3曲メドレーを録ったそうです。作曲の菅野よう子さんがお2人に譜面を渡し、アニメシーンの説明をしてリハーサル。そのあと譜面の行き方などを確認したらすぐに本番。伊豫部さんの記憶では、1発OKだったそうですよ~!

ジャズの場合はあまり何度も練習するとよくないことが多いようですが、それにしてもあのセッションを1発でOKなんて…私はジャズのライブなんてはるか昔に1~2度しか行ったことないんですが、よく行く友達なんかは「ピアノとドラムの息が合うところの微妙な間合い…ライブだってなかなかこんな瞬間に立ち会えないのに何でアニメでこんなことが?」を感激&感心しきりでした。


そうそう、まだ話数の若いころ…薫はジャズを始めたばかりということで、菅野さんから松永さんにかなり細かい演出指導があったそうです。実際にすごく弾ける人がわざと不慣れな感じに弾くのって難しいでしょうねえ。でも、この7話ではもうだいぶ時間が経って上手くなってるということで、思いっきり弾けてたそうですよ(^O^)


ところで、オンエアでは体育館のアップライトピアノとドラムということでしたが、実際の録音では普通にグランドピアノを使っているそうです。特にグランドピアノをアップライトピアノのように録音するということもなかったとか…。とにかく、気持ちよ~く弾いてる松永さんの音色を、存分に楽しんでいただければと思います♪

そんな松永さんの、この録音についてのコメントがこちらで読めますよ(^.^)b


こうして無事にこのメドレーを録り終わったあと、千太郎と同じクラスの松岡星児が率いるロックバンド「ジ・オリンポス」の録音もしたそうです。こっちはどうだったのかな…ちょっと気になるけど、とりあえず今回はこの素敵なセッションについてお話しました(*^^*)
スポンサーサイト
早くから日食グラスを用意して楽しみにしてたのに、当日の徳島の天気予報は曇り。それどころか夕べは雨も降って、こりゃもう絶望的だなあと思ってたんですが、いい感じに見えました\(^O^)/

まあ、雲が分厚すぎて折角の日食グラスでは何も見えんかったんですが、肉眼でハッキリと…興奮のあまり、ついデジカメで写真まで撮っちゃいました(^^ゞ


それが思いのほか綺麗に撮れてたんで、ここに貼っときたいと思います。


20120521_1.jpg 20120521_2.jpg 20120521_3.jpg 20120521_4.jpg


何年か前に友達に「これを下取りに出して新しいんを買おうと思ったら1500円って言われたけん、そんな程度にしかならんのだったらもうあげる」って言ってもらったPanasonicの「DMC-TZ5」という機種で最大望遠にして撮りました。機械のことはよく分かりませんが、けっこう望遠が利くんで重宝してます。

次はもう生きてるうちには見えん可能性大だし、いい記念になりました(*^^*)

まだ例の飲み会のことや川崎さんの法要のことは何にも書けてないんですが、とりあえず先に最終日の空港でのことを…(^^ゞ


私が管理させてもらってるもう1つのHP「シリウス弦楽四重奏団」のコンサートで?コンサートに向けての準備で?知り合ったSさんご夫妻がいます。ご夫婦そろってイニシャルが「A.S」さんというところから始まって、何をするにも一緒でほんとにほんとに仲の良いご夫婦なんですよ。そこにひそかに憧れてたりもしますが、うちのダンナとではねえ…orz


さて、そのご夫妻がわざわざ空港にまで会いに来てくれたので、前のシリウスの演奏会以来だから約1年5ヶ月ぶりの再会となりました。それにしても、シリウスの方は一体どうなってるのやら…いやいや、いまはその話は置いといて(汗)3人で空港内にある「エア ターミナルグリル キハチ」というお店に行きました。お2人も来るのは初めてだったそうですが、これがまた素敵なお店なんですよ~!



予約してくれてた席が窓際で、こんな風景が…ああ、これ動画で撮れば良かった(>_<)

20120504_A1.jpg



3人そろって3800円のコース+ビールを注文。滅多にできない贅沢をしました\(^O^)/
で、私はこういうお料理はほんと食べ慣れてないんで、もう名前がさっぱり思い出せません…すっごい美味しかったことだけは間違いないんですけどねえ。そんなわけで、写真だけ並べます(^^ゞ

20120504_A2.jpg 20120504_A3.jpg 20120504_A4.jpg 20120504_A5.jpg



今回の上京では至るところでiPhoneの使い方を教えてもらってたんですが、ここでもSiriの使い方を教えてもらったり、写真のピントの合わせ方を教えてもらったり…と、やっぱりiPhone講座になりました(笑)

あとは、マサさんに教えてもらったヴァイオリンのお話とか(あ、お2人はシリウスの打ち上げでマサさんにも会ったことあります)、川崎さんちでのお話なんかもしたっけか…。何かもうこのご夫妻に会えたことが嬉しくて、飛行機に乗るまでの短い時間にあれもこれも話そうなんて思ってたら私のマシンガントーク・オンステージになっちゃったんですが、あとでお2人とも楽しかったって言ってくれたんでホッとしました。いや、でもほんと喋りすぎでごめんなさい…(;^_^A


オードブルもメインディッシュも3人とも同じだったけど、デザートだけ別々に…私のはマンゴーのシャーベットと焼きプリンですが、もっと高尚な名前がついてたと思います(^^ゞ

20120504_A6.jpg



そうそう、このお2人はあまり劇伴のことは詳しくなく主にクラシックを聴いてるようなんですが、この食事の場でジャズも好きという事実が発覚。すかさず、いま私がハマってるアニメ「坂道のアポロン」のことを話しました。そらもう、エンジニアの伊豫部富治さんに教えてもらったお話(こちら)から映像の様子まで、これまたほんとうるさいくらいに…。そんな私に呆れもせず、何と後日このアニメを見てくださったそうで、しかもどうやらすごく気に入ってハマってくれたみたいなんです。音楽はもちろん、演奏シーンやその演奏シーンと映像とのシンクロ具合にも感動してくれて「いいアニメを教えてくれてありがとう!」なんてことまで言ってもらっちゃって…(*^^*)

もともとシリウスが縁で知り合ったご夫妻なんで、あんまりオタク的なアニメの話をするのもなあ…といつもは控えてるんですが、そこはやはり音楽好きなお2人。今回のことで私の劇伴に萌える気持ちも分かってくれたようで、それがすごく嬉しかったです。ふふっ、これからちょっとずつ劇伴とかサントラの世界に引きずり込んじゃおうかな~なんてね♪



写真は席を立つ直前に撮った窓の外の風景。真ん中の奥に小さく富士山が写ってるの、分かるかな~?

20120504_A7.jpg



ほんとアッという間の2時間で名残り惜しかったんですが、美味しくて楽しい食事でした。2日のお昼に新宿駅でやったHP仲間とのランチから始まって、最後の最後まであたたかい人たちに囲まれた素敵な旅になりました。私のために貴重な時間を裂いてくださった皆さんに、改めて心から感謝したいと思います。ほんと、ありがとうございました(・´ω`・)

先日、このブログのこちらで、さだまさしさんの本格的パロディアルバム「きだまきしとTake It All JAPAN ~テキトー・ジャパン」の録音について書きましたが、今日はそれとは対照的なマジメなアルバム(笑)の録音の様子を書きたいと思います。


それは、去る4月23日にサウンドシティのAスタで行われました。4月17日に渡辺俊幸さん編曲の分の録音が行われていたようですが、今回は倉田信雄さん編曲の分です。この日に録ったのはおっちゃんがスタジオ入りしてから見ていた限りでは3曲で、そのうちおっちゃんが参加したのは2曲だそうですよ。


録音の前には倉田さんとギターの石川鷹彦さんがブース内で入念に打ち合わせをしてらしたそうです。コンサートのリハのときの倉田さんはけっこうざっくりと…というか、ときにはミュージシャンに丸投げっぽいところも見たことがあるので、こういうのは私にとってはちょっと新鮮です(*^^*)

20120423_4.jpg


さて、その1曲目は「白秋歌」というタイトルで、石川鷹彦さんとパーカッションの朝倉真司さんとおっちゃん、それにさださんが歌とギターで加わる…という編成だったそうです。この朝倉真司さんという方とは初対面だったそうですが、どこかでお見かけしたような気がするおっちゃん…それもそのはず。朝倉さんは4月10日のさださんの還暦バースデーコンサートのバンドメンバーでいらしたそうですよ(^O^)

20120423_2.jpg  20120423_3.jpg


楽譜を見ると特に楽器の指定などはなかったようですが、音型としてはパンパイプでもできるパターンだなあと思ったおっちゃんはさっそく楽譜のキーに合わせて管を組み替えはじめました。すると、そこへ倉田さんがいらして「これだとパンパイプでできるでしょう?」なんておっしゃったそうです。やっぱり倉田さんもパンパイプを意識して書いてらしたんですね…というか、お互いに何の言葉も交わしてないのに、たった1枚の楽譜だけで共にパンパイプにつながってるってのがすごいと思いませんか?

この「白秋歌」はゆったりとしたテンポの曲で、パンパイプは間奏とコーダに出てくるそうです。間奏の方は特に問題ないようですが、コーダの方には1カ所だけ臨時記号が出てきてたとか…。生のコンサートではなく録音なのでそこだけ別録りにしてもらえば簡単なんですが、ふとおっちゃんは管を反対側(どこよ?)に差しておけばそのまま演奏できるってことに気付いたんだそうです。

ここから先はおっちゃんの原稿のままですが、楽器をやってる方ならこの説明で「ああ、なるほど!」ってなるのかな…私はやっぱり写真でもないとピンときません(;^_^A

「つまりこの曲の最高音はCでフラットが3個のCマイナーなので、Bがフラットだったりナチュラルだったりするわけだ。 なので、Bナチュラルの管をCの上(Dのところ)に差しておけばいい。ただ音階と逆行するのでちょっと危険ではあるが、意識していれば何とかなる。これだと別録りが出来ない生のコンサートでも出来るわけだ。」

だそうですよ~。
とにかく、いくらスタジオ録音でもほんとはできるだけ別録りなんかしないで、1本の音楽の流れを止めずにやるのがいいのに決まってるんで、そういう意味でもこの思いつきは良かったですよね(^O^)


20120423_1.jpg

 
続いて2曲目は、先の4人にチェロの徳澤青弦さんと倉田さんが入って6人の編成になりました。この6人で「題名のない愛の歌」というこれまたゆったりした曲をやったそうですが、間奏でキーが1音あがるという珍しい構成になっていたそうです。

で、これも特に楽器の指定はなかったので、とりあえずフルートでやってみたそうです…が、そうして楽譜を見てるうちに、作曲者のところに「John」とか「Tom」とかいう外国の方のお名前を見つけたそうです。そこからさださんとおっちゃんとの間で「あら、これ作ったの外人なんだ」「実はアイルランド人なんだよ」「な~んだ、アイリッシュか!」みたいなやりとりがあって、曲の方向が見えてきたそうです。そうです、フルートではなくホイッスルですよね。

間奏の部分でさださんのヴァイオリンとホイッスルが掛け合いになる、アイリッシュ感たっぷりの素敵な曲だそうです。そのいう途中で1音あがるので持ち替えなければいけないわけですが(今回は先ほどのパンパイプのようなわけにもいかなかったので)、わざわざ別録りにすることなくササッと瞬間的に持ち替えて難なく終わったそうです。


このあと、おっちゃんと入れ代わりに平石カツミさんと島村英二さんが入って、リズム隊の編成で1曲やったようです。
 

この日の編成はもう改めて書かなくても大丈夫かな…エンジニアは鈴木智雄さんでした。


この録音の様子は、おっちゃんのブログ(こちら)ちょっと違った視点で語られてます。また、渡辺俊幸さんのブログ(こちら)でもこのアルバムの録音について語られてますので、合わせてご覧くださいね♪



このマジメな方のアルバムのタイトルは「もう来る頃…」というそうで「きだまきしとTake It All JAPAN ~テキトー・ジャパン」による「大変なンすからもォ。」と同じ6月13日の発売です。どうぞ、お楽しみにo(^-^)o

massan-0613.jpg

6年前に56歳の若さで亡くなられた川崎真弘さんの七回忌法要に呼んでいただいたので、約1年半ぶりに上京することになりました。

20120502-01.jpg

で、川崎さんのお宅には5月3日から4日にかけて伺うことになってたんですが、ちょっと前倒しで2日から上京。いつもメールとか電話でやりとりしてる友達や、レポでお世話になってる作家さんたちにお会いしてきました。



まずは、HPを通じて知り合ったお友達のマリさん(樋口康雄さんファンサイトの管理人さん)とえなちゃんの3人でランチ。新宿駅内のルミネエストの7階にある「(る)ハレノヒ」に行きました。蒸し野菜は自然の味がしっかりしてて、煮込みハンバーグはコクがあって、なかなかいいお店でした。女3人、当然のごとくデザートも追加注文して楽しみましたよ(*^^*)

20120502-02.jpg  20120502-03.jpg



夜はもう恒例となってる「レポの登場人物と飲んできました」会だったんですが、今回のお店探しを引き受けてくださった作曲の水谷広実さんが「飲み会の会場はここにしたけど、こっちのお店もオススメ。いつか機会があったら行ってみて!」と飲み会の会場と同じビル内にある「LIME」というお店を教えてくれました。室内のあちこちに熱帯魚が泳いでる↓こんなお店です。

20120502-04.jpg 20120502-05.jpg


それを飲み会で会うことになってた元インペクのchocoちゃん(張替夏子さん)に話したら「行きたい!さっそく行こう!」ってことになって、飲み会の前にちょっと覗きに…。松尾早人さんと金子奈美さんも駆け付けてきてくれて、4人でスイーツ祭りをしました(^O^)

20120502-06.jpg  20120502-08.jpg  20120502-07.jpg



そして、最後は飲み会です。
19時ちょっと前に同じビルの5Fにある「鮮や」というお店に行って、皆さんをお待ちしてました。すごい大雨になって色々と気を揉んだんですが、たくさんの方が集まってくださいました。


今回の参加メンバーは↓の方々…全員分のお名前が分かるかな~?

20120502-09.jpg  20120502-10.jpg


この飲み会の様子はけっこうな数の写真があるんで、参加者全員からそれらの写真の使用許可が下りたら改めて詳しいレポを作りたいと思います。もうしばらくお待ちくださいねo(^-^)o
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。