携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年の劇場版ポケモンは「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」「ビクティニと白き英雄レシラム」の2本同時公開という前代未聞の展開があったわけですが、残念ながら私は映画館では観ることができませんでした。





でも、先日からDVDレンタルが始まり、まずレシラムの方を観ることができました~!
いやあ、音楽だけは先にサントラで何度も聴いてるんですが、やっぱり映像と一緒になるとまた違う感動と興奮がありますねえ。

しかも、そのレンタルDVDには映像特典として、レシラムの音楽を担当された宮崎慎二さんや監督さんたちによるオーディオコメンタリーがついてるんです。普通オーディオコメンタリーって、レンタルじゃなく買う方のDVDの特典だったりしますよね。それが今回はレンタルの方で楽しめるんです。そして、これがもうほんと貴重なお話の連続で面白いんです(*^^*)






あ、映画本編に関しては、相変わらず映像(特に背景)が綺麗だなあとか、水の透明感が素晴らしいなあとか、サトシがレシラムの背に乗って登場するシーンは鳥肌が立つほど格好いいなあとか、最後までずっとハラハラドキドキが止まらない展開だなあとか色々と思うところがあったんですが、あのオーディオコメンタリーを聴いてしまうともうそっちが語りたくて…(^^ゞ



そのコメンタリーにはプロデューサーの盛 武源さん、監督の湯山邦彦さん、音響監督の三間雅文さん、音楽の宮崎慎二さんの4人がお話されてます。

ゼクロムの声を担当された高橋英樹さんのアフレコ後の裏話やビクティニの声を担当された水樹奈々さんの声についてとか、宮崎さんからスタッフさんに「ここは低弦が活躍してるところなので、SE(効果音)に負けないように音量を上げてほしい」との要望を出されたシーンのことなど、ずっと「へえ~!」「そうかあ!」「ここでそんなことが…?」とワクワクしっぱなしです。


そうそう、本編中にビクティニがピカチュウやサトシたちにハート型の果物みたいなのを配るシーンがあるんです。で、そこに木管メインのあたたかくて柔らかな音楽がつけられてて和むんですが、そのあたりについて三間さんが映像と音楽のタイミングについて面白いことを語られてます。特に、マサさんがヴァイオリンでやった猫の鳴き真似みたいな音についてなんかは、フィルムスコアリングの思わぬ副産物っていうか可能性っていうか、劇伴好きにはゾクゾクするお話でした。


Pokemon-2011-w.jpg


あと、私はまだゼクロムの方は観れてないんですが、どうやら2本の映画で同じようなシーンがいくつかあるんですね。え~っと、監督さんのこだわりでカットは少しずつ変えてるんだっけ。でも、ほぼ同じシーンなのに、ついてる音楽は宮崎さんとゼクロムの音楽を担当された多田彰文さんとで全く違う…ほんと、別のシーンかと思うくらい作家さんたちの解釈が違うらしくて、そのあたりも見どころのようです。

まあ、そうやって2本の映画のカラーの違いをハッキリ出すために三間さんは音楽メニューの書き方も意識的に変えたようですが、実際に作家さんに発注するまでの流れについて詳しく、そして音楽メニューに関する監督さんとのやりとりについても語られてます。あと、今回の宮崎さんと多田さんにってだけでなく、作家さんによって音楽メニューの書き方をどう変えるか…なんてお話も、すごく興味深かったです。


これは是非、たくさんの方に聴いていただきたいですねえ。で、そのときに、一緒に私が作った録音レポにも目を通していただけると嬉しいです(^^ゞ


ゼクロムとレシラムの録音レポはこちら


最初は4人の緊張が視聴者にも伝わってくるようなちょっと固めのトークから始まったコメンタリーですが、だんだん砕けてきて(グダグダ感が出てきたともいうw)今回の映画のお話だけでなく、過去の映画のロケハンのお話やそのロケハンの現地での映画とは関係ないエピソードにまで脱線して、ほんとに面白かったです。


最新作ということで明日には返さないといけないんですが、できれば最低でももう1回くらいは観たいなあ。そして、できるだけ早いうちにゼクロムの方もレンタルして、多田さんのコメントを聴きたいですo(^-^)o

Pokemon-2011-B.jpg
スポンサーサイト
2012年の新番組の1つに「エリアの騎士」というアニメがあります。公式サイトを見ると、サッカーを愛する少年・少女を描いたアニメのようですね。

この劇伴の録音が、11月某日に行われました。作曲はイマジンの岩崎文紀さんと井内啓二さんです。

まずはマサさんグループによる弦から始まって、そこにフルートやクラリネットなど木管さんが加わって10曲ほど演奏…あ、おっちゃんは今回はフルートとピッコロを使ったそうです。そのあとピアノやブラスのダビングもあったみたいですよ。

この日のことはマサさんのブログのこちらに弦のメンバーの写真が、松田真人さんの日記のこちらにはピアニストさん目線での楽譜のお話などがアップされてますので、ぜひ合わせてご覧くださいね(^.^)b


2012年1月7(土)の朝6時スタートです。どうぞ、お楽しみにo(^-^)o
ツイッターの方でもチラッと書きましたが、今日は手持ちの漫画やDVDを売りに古本屋さんに行ってきました。店内に大きく「買い取り金額30%アップ」なんて書かれてたんで期待したんですが、状態は良くても昔の漫画は1冊20円、最近の漫画でも60円から80円くらいにしかならず(あ、2冊だけ100円で取ってくれたのがあったなあ)ガックリ…。DVDも大事に大事に扱ってきてほぼ新品のような状態だったんですが200円くらいにしかならなくて、その場でへなへなと座り込みそうになりました。でもまあ委託販売じゃなく買い取りなんで、こんなもんかもしれませんねえ…。


で、査定してもらってる間に↓こんな本を見つけて、思わず買ってしまいました~!

oofuri-b1.jpg  oofuri-b2.jpg


まだザッとしか読めてませんが、これがなかなかいいんです。たとえば野球の基本ルールを分かりやすく解説してくれてたり、各高校のピッチャーの投球フォームが1コマずつ描かれてたり…監督さんやキャストの方々のインタビューもすごく面白かったです。特に第24話「決着」のアフレコ現場の様子なんかを読んでからアニメを見直すと、また違った感動が込み上げてきて泣ける泣ける…ほんと、よく出来てるアニメだと思いました。

残念ながら音楽に関してはスタンドで演奏してる応援曲についてしか触れられてませんでしたが(私の見落としがあるかも?)、浜口史郎さんによる劇伴の効果もすごく大きかったと思います。試合中、何度あの劇伴に煽られて泣いたことか…そうかと思えば、おっちゃんのリコーダーがメインの曲ですごく前向きで楽しい気分にさせてもらったりね♪


あ、その浜口さんによる劇伴の録音レポを1期は2度に渡って(こちらこちら)、2期では1度(こちら)作らせていただきましたが、これらに久々に目を通しつつ、また近いうちに第1話からちゃんとアニメを見直したいなあなんて思ってます(*^^*)
うちのHP及びこのブログをご覧くださってる皆さま、こんばんは~♪

いつも拍手ボタンのクリックありがとうございますm(__)m
もともとは「何か管理人に連絡することがあったら…」「でもメルアドとか書きたくない人もいるかもしれんし…」との思いでメールフォームとは別に設置した拍手ボタンですが、やはりクリックしていただけるのはとても嬉しいです。そして励みになります(*^^*)

このところ少しのんびりしたペースではありますが、これからも皆さまからの拍手やメールを励みに頑張っていきたいと思いますp(^^)q



ところで、このまえ夜中にぼ~っと見てたアニメの中にテレビのリモコンがアップになる1コマがありました。それが我が家のリモコンとそっくりだったので、思わず一時停止して携帯でテレビ画面を撮影。そのあと我が家のリモコンも撮ったんで、並べて貼ってみますね(^^ゞ

remocon-1.jpg  remocon-2.jpg

ほんと、そっくりでしょ~?
あ、我が家のは数ヶ月前に私がお茶をこぼして壊れかけたので、それからはラップを巻いてあります。撮影のために剥がすのは面倒だったんで、そのままでお許しを…(;^_^A

まあ、どうでもいいっちゃあどうでもいい話なんですが、夜中の2時だか3時だかにちょっと萌えた瞬間のお話でした(^O^)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。