携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つい最近やっと図書館で原作の9巻(最終巻)が借りられ、一気に読み終えました。まあ、やたら説明文みたいなのが多くて、でも肝心なところはサラッと駆け足で終わったって感じでしたが、なかなか面白い物語だったと思います(*^^*)

で、その原作を受けてのアニメが全11話の予定で放送中で、こちらではさっき8話が放映されたところです。その8話についていろいろと書きたいことはありますが、今回はやっぱりネズミという少年の歌った歌が肝だったでしょうか。


う~ん…正直に言わせてもらうと、予想外のサウンドと演出でがっかりでした。いや、ネズミ役の声優さん(細谷佳正さん)はほんと素敵な声で、よく頑張ってらしたと思いますよ。ちょっと発声とピッチが不安定なところもありましたが、歌そのものが細谷さんの声域と合ってないかなあと思う部分もあったんで、そんな中ではまあ良かったんじゃないかと思います。細谷さんは子音をとてもはっきり発音されるんで、歌詞が聴き取りやすいのもいいですね。

ただ、この歌は原作の中で「遠くから吹いてくる風…風が花を散らすみたいに、死に切れずもがいている魂をさらっていく」と謳われてるものなんです。それにアニメでは「風のレクイエム」なんてタイトルがつけられてるんですが、どうもこのメロディには吹き抜ける風のような横の流れが感じられないんです。むしろ、童謡のような縦のノリを強く感じるっていうか…。しかも途中からシンセをメインとした伴奏が入ってくるんですが、これが妙にポップなノリなんですよね。風なのに、太古から森の民に伝わるレクイエムなのに、その森の民の中でも選ばれし者だけが歌えるはずの歌なのに、これはあまりにも…だと思いました。ファンの方、ごめんなさいm(__)m

原作にある詩を歌詞として使ってるんでメロディをつけにくいってのはあるのかもしれませんが、たとえばケルト風みたいな、もう少し素朴で美しい流れのあるメロディだったらよかったのになあ。特に後半…。あと、あの歌は最後までアカペラで良かったと思います。何であんな明るい雰囲気の伴奏にして、それをそのままBGMにしちゃったんだか…すごく厳しい話をしてるシーンなのに、全く真剣味がなくなってしまいました(>_<)

文章の世界で色々と神がかりな表現をされてるものを実際に音にするのってほんと難しいんでしょうけれど、物語のクライマックスに大きく関わってくる歌なんで、もう少し作品の世界観に馴染むものであってほしかったです。


まあ、これは私の個人的な感想なんで、皆さんが聴くとまた違うかも?
ちょっと探してみたら、いまならこちらの8分22秒くらいから聴けるようです。


私は普段どうしても生オケがメインの劇伴を多く聴いてるんで、シンセの…しかも、いかにもシンセっぽい音色がメインの鈴木慶一さんの音楽はとても新鮮で面白いと思うんですが、やっぱりこの作品には合ってないような…。つまり今回のこの歌も、この作品を離れて聴くとすごくいいメロディだと思うんです。あと、作中の要所要所で流れてるワルツなんかはほんとに素敵だと思うんですけど、全体的に機械的で軽い音楽が多いのが、ちょっと…ね(^^ゞ


残すところあと3話ですが、実はまだ原作の半分弱しか消化してません。この先ほんとに大変な戦いがいっぱいあるのに、それらをわずか3話でどう描くのか不安が募ります。でも、ここまで見てきたし、草薙さんの描く美しい背景もこの作品に惹かれた1つなんで、最後まで大事に見ていこうと思いますo(^-^)o



↓9月1日追記
お友達からのメールで気付いたんですが、鈴木慶一さんって今年4月から放送してた「Dororonえん魔くん メ~ラめら」の音楽を担当されてた方なんですね。あれは2~3回だけですが、私も見たことあります。うん、ああいう昭和のテイストを生かした、でも軽くてノリのいいアニメには鈴木さんの音楽ってすごく合うと思うんですよねえ。かっこよかった!

ただ「NO.6」のような、セリフの奥に秘められている人間の細やかな感情までを描いた作品にはどうかなあ。もっと低弦を充実させた音楽で、しかも生オケもしくは生音に近い打ち込みでやってくれた方が合ってたような…。メールをくれたお友達もやはり映像と音楽との関係に違和感を覚え、この「風のレクイエム」にもがっかりしてるようでした。まあ、そのお友達は細谷さんのシンコペの感じ方もちょっと…みたいな感じで言ってたんで「奥が深いなあ」と感心したんですけどね。

音響監督の三間雅文さんのツイッターによると、作曲家さんを決めるときには音響監督・音楽プロデューサー・監督の皆さんで持ち寄って提案しあって、それらを元に最終的に監督さんが決めるんだそうです。長崎健司監督がどういう意図で鈴木さんを選ばれたのか、そして三間さんがどういう音楽メニューをオーダーされたのか、いつか何かのインタビューとかで読めるといいなあ。そしたらまた印象が変わるかも(^^ゞ



↓9月7日追記
第9話「災厄の舞台」でもネズミの歌が流れました。前回の「風のレクイエム」とはまた別もので、タイトルは「ブナの森で」というんだそうです。いまならこちらの真ん中の動画の5分38秒くらいから聴けますよ。

う~ん、風のレクイエムよりは細谷さんの声域に合ってるようには思いましたが、やっぱり明るくポップなメロディで、それに演歌のような伴奏がついて、あのシーンで流れる音楽としては私のイメージと大きく違ってました…。死の淵に立たされてる人々の不安や苦しみを、ほんのひと時だけでも忘れさせてあげるという歌なのになあ。それこそアカペラで静かにゆっくりとAmazing Graceみたいな雰囲気のを歌ってくれた方が、よほど救いがあるような気がします…というか、歌に救われて涙する人々の映像に合うと思います。

ツイッター上ではネズミの歌を絶賛してるものも多く見られるんですが、いくら細谷さんの歌声が素敵でも(それは認めます♪)メロディやアレンジ、それに歌い方などが映像に合ってるかどうかというのはまた別の問題だと思うんで…。

あと、人狩りのシーンに流れた「軍の音楽」ってのもポータブルゲーム機から聴こえてくるゲーム音楽みたいだし、途中から(↑と同じ動画で言うと50秒ごろ)「ウッ!ハッ!」みたいな声が入ってて何だかなあ…でした。人がまるでゴミのように扱われてる凄惨なシーンで、しかもBONESの本領発揮みたいなすごい作画のシーンだったんで、そこは音楽も大編成の生オケもしくは生音に近い音色でのフルオケの曲を轟かせてほしかったです(>_<)

…と、辛口ばかりで本当にすみませんm(__)m
それだけこの作品に期待してたってことなんです。原作の設定が面白い上に、とにかく映像のクオリティがすごかったので、音楽もそれに見合うような重くて深いものであってほしいと…。鈴木さんの音楽とは、いつかまた別の作品で素敵な出会いをしたいです(*^^*)



最後に、原作に載ってる「風のレクイエム」と「ブナの森で」の歌詞を…


【風のレクイエム】

風は魂をさらい、人は心を奪う
大地よ、雨風よ、天よ、光よ
ここに全てを留めて
ここに全てを留め
ここで生きて
魂よ、心よ、愛よ、想いよ
ここに帰り
ここに留まって


【ブナの森で】

遠くの山の頂で雪が解け
流れとなり ブナの森で 緑に染まる
里は今、花に埋もれ
花より美しい乙女が
ブナの森で愛を誓う
若者よ
緑の水に脚を濡らし
鹿のように駆けておいで
花が散る前に 乙女の髪に 口づけをして



↓9月22日追記
第11話(最終回)の感想→こちら
スポンサーサイト
マサさんこと篠崎正嗣さんが6月の始めから枝豆を育てて、その成長記録をブログにつづってるのを知ってる方も多いんじゃないでしょうか?


そもそもキッカケはこんな感じでした。

で、この枝豆を「技豆」と名付けて甲斐甲斐しく世話をしてたわりにはなかなか発芽せず、ブログ上で「押鐘の奴は何か恨みでもあるのか…」とか「押鐘の奴がくれやがった…」なんて枝豆を贈ってくれた押鐘貴之さんに対して悪態をついてましたが、何とか種まきから約1ヶ月後に無事1つだけ発芽し(こちら)、その後は順調に育ってるようです(^O^)

それからも私への私信で「押鐘の奴のせいで、鉢を買ったり土を買ったり霧吹きを買うハメになった」と愚痴ってたりしましたが、実はとっても楽しそうです。そして、8月27日現在ではもうこんなに大きくなって、食べられるまでのカウントダウンが始まってますよ~!


さて、そんな「押鐘の奴」こと押鐘貴之さんがどんな方なのか、ちょっとご紹介したいと思います。

まずマジメに語ると…東京藝術大学音楽学部附属音楽高校→東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻を卒業され、九州交響楽団や広島交響楽団、それに新星日本交響楽団のゲストコンサートマスターなどを務められる傍ら、スタジオミュージシャンとしても活躍されてたそうです。


↓こんな方なんですよ♪

   

 
最近は加藤ジョーさんのグループ(RUSH STRINGS)のトップサイドとして弾いてらっしゃることも多いようですが、かつてはマサさんのグループにもいらしたみたいです。だからマサさんとも、あんな仲良しなんですね(*^^*)


で、その押鐘さんの素敵なソロが聴ける作品の1つに、2002年に公開になった劇場版ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」があります。

この映画の音楽はおなじみの宮崎慎二さんとアコーディオン奏者のcobaさんが担当されてたんですが、そのcobaさんが作られた音楽の中で押鐘さんがソロを弾いてます。ちなみに、宮崎さんが作られた音楽の方の弦はマサさんのグループでした。でも、このころはまだ押鐘さんもときどきマサさんのグループで弾いてたみたいですよ。この映画のときだけ別々になったって感じかな?


DVDを再生しようとすると↓のようなメニュー画面が出てくると思いますが、このバックで流れてる音楽をしばらく聴いていると、押鐘さんのソロが流れてきます。



この曲は本編中にも使われていて、そのシーンの映像がまたすごく綺麗なんです。ぜひ合わせて見ていただければ…と思います。


ほかには…

☆アート引っ越しセンターのCM→こちら


☆爽健美茶のCM




☆ボシュロム メダリストのCM




☆アヒルのワルツ




などでも、押鐘さんの音色を聴いていただけます(^.^)b
こうしてみると、知らず知らずのうちに押鐘さんの音を耳にしていたことに驚きませんか?

さらに詳しいお仕事情報については、押鐘さんのブログのこちらをご覧くださいね。


あと、今年の10月21日に銀座の王子ホールで行われる赤沢啓子さんのソプラノリサイタルでは、榊原大さんのピアノとともに押鐘さんの生の演奏が聴けるようですよ。詳しくはホールのサイトのこちらをご覧ください♪


そうそう、うちのHPではもうおなじみのミナさんこと関 美奈子さんとは、高校からの同級生なんだそうです。実は、このミナさんのご紹介で押鐘さんとのご縁ができました。これからまた機会があれば押鐘さんのお仕事について取り上げさせていただきたいなあと思ってますので、どうぞお楽しみにo(^-^)o


最後になりましたが、もうすぐ食べられてしまいそうな技豆くんも要チェックですよ~。その日が来たら、きっとまた押鐘さんもマサさんのコメント欄に出てきてくれるのでは…と期待してます( ´ ▽ ` )
歴史ものや文化ものをテーマとした同人誌を作っていくことを目標とされてる「Trebuchet(トレビュシェット)」という創作系サークルがあります。主なメンバーは、写真家の中村ユタカさん、プロデューサー兼コーディネーターの電気羊さん、そして編集のozakikazuyukiさんです。サークル名である「Trebuchet」は、中世から近世にかけて使われていた攻城兵器の名前なんだそうです。詳しいことはサークルのブログのこちらに書かれてますので、ぜひ読んでみてくださいね。


で、このサークルさんの第1弾のテーマが中部フランスを流れるロワール河とその周辺にあるお城です。中村さんの撮られた数々の美しい古城の写真、そしてそのイメージから小説やイラストや音楽が生まれ、それらがozakiさんの手によって1冊の本にまとめられました。

Trebuchet_1.jpg

内容についてのさらに詳しい情報はこちらをご覧ください。


そして、その音楽を担当されたのが、うちでは「ミナさん」でおなじみの関 美奈子さんなんです!
ほら、過去に「ダライアスバースト リミックス ワンダーワールド」のレポや映画「星を追う子ども」レポでの譜面制作のお話、現時点で最新のものでは劇場版ポケモン「ビクティニと黒き英雄ゼクロム」の録音レポに登場していただいた方ですね(^.^)b


そのミナさんが書かれた音楽が、オリエンタルな感じだったり、神秘的で荘厳だったりして、ほんとにほんとに素敵なんです。その一部を、中村さんの撮られた写真とともに…つまり、この本のイメージが↓こちらで感じていただけますよ♪





ね?素敵でしょ~?
おっちゃんにも見せたら「センスのいい音楽じゃ」って褒めてました(*^^*)

こんな感じで、ミナさんの渾身の作品が堪能していただけます。あ、15秒ずつですが、こちらで試聴もできるようになってますよ。


いやもう、これを聴いたら買わなきゃ…って感じですよね。
これらの音楽を聴きながら写真をじっくり見たり、小説を読んだりしてると、その時代のその場所へ一気にワープしたような気分になります。何だろう…映画の世界に溶け込むって感じかなあ。本がB4サイズと大きいことで見応えがあって、より引き込まれやすいというのもあるかと思います。ぜひ皆さんにも、この素敵な感覚を味わっていただきたいですo(^-^)o


そうそう、写真を撮られた中村ユタカさんとミナさん、それに短編小説を書かれた木賀むくさんのインタビュー記事なんかもありますよ~♪

☆中村さんのインタビューはこちら

☆ ミナさんのインタビューはこちら

☆木賀むくさんのインタビューはこちら



この本は先日のコミケで直販されたそうですが、「1500円+送料」の通販でも買えるようです。

お申し込み・お問い合わせはこちらへ→info.trebuchet@gmail.com

詳しくはこちらに書かれてますので、チェックしてみてください。


あ、8月21日(日)に行われる「コミティア97」というイベントで、「ロータスルートオーケストラ(せ18a)」というサークルさんにて委託販売もされてるそうなので、お近くの方はそちらで実際に手に取ってみられるのもいいかもしれませんね(^.^)b


…と色々と書いてきましたが、これらの情報がこちらのページにまとめられています。合わせて読んでみてください♪


最後に、新感覚のこんな素敵な本との出会いに、それを教えてくれたミナさんやスタッフの方々に心からの感謝を…(*^^*)
今期の
アニメの中に「うさぎドロップ」というのがあって、かなり好きだったりします。


物語の内容などについては公式サイトや↓のPVを見ていただくとして…




このアニメの音楽を手がけられてるのが、松谷 卓さんなんです。
松谷さんと言えばうちのHPとしては前に映画「県庁の星」やアニメ版「のだめカンタービレ」の録音レポで取り上げさせていただきましたが、一般的には圧倒的に「なんということでしょう」のナレーションとともに流れる「TAKUMI/匠」という曲が印象的なんではないでしょうか(*^^*)

日々の生活をほのぼのと描いてるアニメなので分厚い弦に管楽器が炸裂するようなダイナミックな音楽はありませんが、優しく美しくキャラやキャラの心に寄り添うような音楽がいっぱいで、とても心地いいです。生楽器がメインなところも、この音楽の大きな魅力な気がしますね。


8月3日にはサントラも発売されてるようで、こちらで少しずつ試聴できますよ♪





8月20日からは映画も公開されるようですが、アニメとほぼ同じ内容なんでしょうか…?




個人的にはあのアニメの大吉とりんの雰囲気がすごく好きなんで、実写の映画はちょっと抵抗があるような…いや、でもいつかDVDとかで観てみたいと思いますo(^-^)o
記事のタイトルにある「Gradus Vita」は、松尾早人さんが音楽を担当されてるOVA「HELLSING」の1巻のEDに使われてる曲のタイトルです。


↓こちらで聴けますし、映像の一部も見られますよ♪




いやもう、ほんっとカッコいいですよねえ。いつ聴いても、いくら聴いても、絶対に飽きることがないって感じです。で、こんなにもカッコいいもんだから、歌詞も気になるって方も多いんじゃないでしょうか。でも、どこにも日本語訳がないんですよねえ…。

あ、この曲の合唱の編成や録音時(日本でのダビング)のこと、それに作詞にまつわるエピソードに関しては、前に松尾さんに教えてもらったことをこちらに書いてありますので、気になる方は読んでみてくださいね(^.^)b


で、とにかく私も歌詞が気になったので、私が合唱をやってたころのラテン語の楽譜から同じ単語を探してみました。その結果ですが、この「Gradus Vita」は「この歩み」って意味じゃないかと…どうかなあ。

それから、冒頭で「Deus」って言葉が2回ほど聴き取れますが、これは「神」ですよね。その2回の「Deus」の前にある言葉はそれぞれ違うっぽいんで、まあ「○○の神、△△の神」って感じなんですかねえ。あとは何て言ってるんだろう…ほんと気になるわあ。いつか2枚目のサントラが発売されて、それに歌詞や対訳を載せてくれる…なんてことはないんでしょうか。


そういや、2010年12月ごろにはリリースされるって噂のあったDVDの8巻が、ようやく7月27日に発売になったようですね。もうレンタルもしてるのかなあ。今度の巻ではどんなダイナミックな音楽が聴けるのか、またまたとても楽しみですo(^-^)o


最後に、過去にうちで作らせていただいた録音レポをまとめておきますので、良かったら合わせてご覧くださいね(^.^)b

初回録音追加録音追加録音追加録音DVD7巻のピアノ曲について



↓8月15日追記
この曲の歌詞についてこちらのような記事を見つけました。
これ、合ってるのかな…?
つい最近こちらの記事で書いたように、最初はただ何となく録画しはじめた「NO.6」にすっかりハマってます…というか、もっと知りたいと思って、原作を読み始めました。まあ、図書館で借りてるんで、ぼちぼちと…ですけどね(^^ゞ

そしたら、これがまたかなり面白いんです。いま5巻を読んでますが、それぞれのキャラが背負ってきたもの、そこにいる理由や抱えてる思い、そしてキャラ同士の会話などが生き生きと…いや生々しく描かれていて、ぐいぐいとこの物語の世界に引き込まれていきます。それと同時に、それらのほとんどをカットしてさらさらと進んでいくアニメが、とてももったいなく思いました。

お友達に教えてもらって見に行った梶 裕貴さん(紫苑の役の声優さん)がブログのこちらで「全11本」と書かれてるんですが、こんな内容なら2クールくらいでじっくり描いてくれてもいいのに…。そう思うほど、登場人物の関係性や紫苑たちのいる西ブロックの厳しさやNO.6という街の奇妙さが分かるエピソードの数々がカットされてるんです。

シリーズ構成の水上清資さんのことはあまりよく知らないんですが、前に別のアニメで原作にはないエピソードを書き足されて、それでよりキャラが立って作品に深みが増したということがあったので、すごく力のある方だとは思うんです。だから第1話を見ただけで「これは原作も読んでみたい!」と思ったわけですし、今後どうやって物語を展開するのか、どんなアニメならではの演出をされるのか期待してるんですが、全11話となるとあまり多くは望んではいけないのかもしれませんね…ああ、ほんともったいない。





あと、音楽です。
この鈴木慶一さんという方も前に書いた通り私はあまり知らないんですが、音楽はなかなか面白いものがあると思います。とにかく、私にとっては新鮮に感じる音楽がとても多いです。でも…あの…何て言うか…ちょ、ちょっとこの作品とは合ってないようにも思うん…ですよね。すみませんm(__)m

たとえば第4話の冒頭。小さなネズミが運んできたメモによって紫苑の無事が分かるシーンとか…ある日いきなり消えてしまって生死も分からないままの息子の無事が分かったという、親にしてみれば胸の奥にあった黒い固まりが一気に溶けて流れ出るような瞬間ですよね。実際に映像でも、母親の火藍は手で口元を覆って号泣してました。そんなシーンなのに、えらく明るくておどけたような曲だったんで「ん?」って思ったわけです。

何だろう…いくら原作をはしょりまくって原作よりずっと軽い感じのアニメになってるとは言え、やっぱり重く苦しい世界観はちゃんとあるし、いま生きていて次の瞬間には死んでるかもという厳しい世界の中で必死で生き残ろうとする人々のことを彩るには、ちょっと全体的に音楽が軽すぎるんじゃないかなと思うことがあるんです。これは原作を読んであの世界に洗脳されてしまう前の…それこそ第1話からときどき感じてたことなんです。あ、でも、紫苑が初めて西ブロックの地に立ち、そこから不気味にそびえ立つNO.6を見つめるシーンで流れたあの奇怪な曲はすごく合ってると思いました。

NO6_2-1.jpg


う~ん、得体の知れないものを見たとき、命を狙われてるとき、危険だと分かっていて踏み込もうとするときに普通ならもっと恐怖心を煽るような音楽を持ってくると思うし、オルガンの音色を使うとしてもお腹に響くような低音を使った方がより効果的だと思うんですが、そこで異質な…ちょっと拍子抜けするような音楽を持ってくることで、また何か別の効果を狙ってるのかもしれませんねえ。そう思うと、ますます見るのが楽しみになってきました。さあ、物語はいよいよ佳境へ…楽しみ楽しみo(^-^)o


↓1つは前に貼ったのと同じですが、もう1つ新しいのも貼っておきます♪








↓8月31日追記
第8話「風のレクイエム」・第9話「ブナの森で」について→こちら(ちょっと辛口(^^ゞ)

↓9月22日追記
第11話(最終回)の感想→こちら
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。