携帯からアクセスしたときにブログタイトルが長すぎて見にくかったので
「はたらくおっちゃんミニレポ集」から「ミニレポ&雑記帳」に変更しましたm(__)m

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にさだまさしさんのアルバム録音の様子をレポさせていただきましたが(こちら)、その詳細が発表になったのでお知らせしま~す!…って、もう発表になってだいぶ経つんですが、何やかんやで記事を書く時間が取れませんでした(^^ゞ


まず、4月27日のレコーディング時には曖昧にしか書けてなかったアルバムのタイトルは「Sada City」で本決まり。収録曲目は↓こちらです♪


1. 桜の樹の下で
2. 名画座の恋
3. プラネタリウム
4. 廣重寫眞館
5. 古い時計台の歌
6. 図書館にて
7. 黄昏アーケード
8. 美術館
9. 強い夢は叶う ~RYO National Golf Club~
10. 泣クモヨシ笑フモヨシ ~小サキ歌ノ小屋ヲ建テ~
11. 桜の樹の下で ~reprise~


これらの曲についてはこちらで少しずつ試聴していただけますよ(^.^)b


で、冒頭に書いた録音レポの中でお話したのは、5曲目の「古い時計台の歌」でした。残念ながら試聴できる部分ではおっちゃんの笛が聴けないんですが…いや、だからこそアルバムを買ってちゃんと聴かなくてはいけませんね(*^^*)

さださんの通算40枚目となるアルバム「Sada City」は、7月6日に発売ですo(^-^)o
スポンサーサイト
4月から始まった「神のみぞ知るセカイ」の2期シリーズも楽しく見ています。
もともとは松尾早人さんの音楽が目当てで見始めたので、桂馬についても最初は「こんなゲームオタクは嫌だなあ」とか「何でこうリアルではヘタレなんだろう」みたいに思ってたんですが、回を追うごとにすごく男らしくなってくるんですよね。もちろん相変わらずヘタレなところもあるんですが、でも「いいこと言うなあ」みたいに思うところもいっぱい出てきて、いまはもう音楽と映像の両面から楽しく見ています。女の子のキャラも、どの子も可愛いですしね。私は特に瞳の透明感にうっとりしながら見ています(*^^*)


↓はサントラ1に収録されてる「恋」という曲で、神のみのメインテーマです♪





さて、その「神のみ」ですが、1期の録音レポに引き続き、2期もレポを作らせていただける機会に恵まれました。


で、その中でピアノの松田真人さんから松尾さんの音楽や楽譜について素敵なコメントをいただいたんですが、このページを2期のオンエアに合わせて少しずつ更新しています。まず私がオンエアを見て、どこで松田さんがコメントくださった曲が流れたかをチェックして、そのあと聴き取れた部分の楽譜を用意したり、それを譜面ソフトで清書するのは別の方にお願いしてるんですが、とにかく松尾さんの音楽の一部に触れていただけますよ→こちら

ピアノ曲その3に書かれてる「4度堆積和音」というのも是非とも譜面でご紹介したかったんですが、曲そのものは流れてたけど、肝心の4度堆積和音の部分は流れてなかったように思います。もしくは、流れてたけどセリフとか効果音で私がチェックできんかったか…う~ん、最終回までに流れてくれるといいんですけどねえ。


あと、去年「神のみ」1期の録音レポを作らせていただいたときにも、松田さんからは素敵なコメント(こちら)をいただきましたよね。その中で松田さんが「ピアノとソロヴァイオリンとのデュオ…」って書かれてるんですが、多分それは↓の「恋の調べ」のことだと思います♪




それから…松尾さんやその他の音楽関係のスタッフさんには申し訳ないんですが、Youtubeのこちらでもっと色んな「神のみ」の曲が聴けますよ(^^ゞ



どうでもいいけど(いやよくない!)この「神のみ」のサントラを紹介するページのあちこちに…たとえばこちらこちらに、松尾さんの代表作として「HELLSING」のほかに「地獄少女」が挙げられてるんですよね…。違う、違うって~!

「地獄少女」は、去年の飲み会でお会いした水谷広実さんが、お師匠さんの高梨康治さんと音楽を担当されてるんですよ。ちなみに、水谷さんは現在放送中の「トリコ」というアニメの音楽を手がけられてる方でもあります(^.^)b

しかしまあ、「販売」なんてことをしてるちゃんとしたページで、何でこんな間違いをするかなあ…どっちの作家さんにも失礼ですよねえ。松尾さんとは「こんなの書かれてるよ?」「僕やってないのに…僕はともかく、水谷さんに申し訳ないですねえ」「いや、どっちも気の毒じゃよ」なんて話したことがありましたっけ(^^ゞ


最後に、松田さんのコメントにあった曲が収録されてる「神のみ」2期のサントラは、公式サイトによると7月27日に発売のようです。5曲とも収録されるかどうかは分かりませんが、個人的には是非とも収録されててほしいなあ。楽しみですねo(^-^)o
昨日HPの方に7月から始まるアニメ「ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~」の録音レポをアップしましたが(こちら)、その中に動画がありましたよね。ツイッターを見てくださってた方は「MOV形式のファイルがアップできん」なんて騒いでたのをご存じだと思いますが、それ以外に実は動画の音を消す作業でもちょっと戸惑ったんです。

だって、録音レポで動画をアップするのって久しぶりだったし、動画の一部にモザイクをかけるなどの特別な処理が必要なものは音消し処理も含めて作曲家さんご自身がやってくださったりしてたんで、自分で音消し処理をしたのって何ヶ月ぶりだろうって感じなんですもん。そりゃもう、綺麗に忘れますよねえ(^^ゞ


そんなわけで、以下はほとんど…っていうか、思いっきり自分用のメモです(^^ゞ


1.まず「QuickTime Player 7 Pro」を起動する。

QT-Player-7-Pro.jpg


2.音を消したい動画を開く

20110528-movie.jpg


3.「ウィンドウ」のところの「ムービーのプロパティを表示」を選択

Property.jpg


4.「サウンドトラック」を選択して「削除」を押す→名前をつけて保存

QT-Player-7-Pro_Property.jpg


どんなプレイヤーで再生しても音が消えているようにするには、必ず「削除」を押すこと。
「サウンドトラック」のところのチェックを外すだけではダメ(←ここ重要)


…と、こんなもんかな?



ちなみに「2」のところに貼ってある画像は、いま取りかかってる劇場版ポケモン「ビクティニと白き英雄レシラム」の録音レポの中で使う予定のものです。左の赤っぽいシャツは石田泰尚さんで、右のカエルのバックプリントがあるシャツはタジタジさんこと田尻 順さんですよ♪

最近、HPのあちこちを少しずつ手直ししてるんでレポもブログも滞り気味ですが、そのポケモンレポの中でもすごく素敵なお話がご紹介できそうなので、どうぞお楽しみにo(^-^)o
もう1ヶ月くらい前になるでしょうか…色んな音楽雑誌でサントラのレヴューなどを書かれてる方とお話をする機会があり、その会話の中で「松尾早人さんの"よみがえる空"も個人的に名盤だよ」と教えていただいたんです。

で、そのことを松尾さんに話すと「そんな風に言ってもらえてとても嬉しいですね。あ、そのサントラ持ってるから、あげますよ!」と言って、サントラを送ってくださったんです。いやもう、ほしいサントラが山のようにあるのに先立つものがない私にとって、ほんとにほんとにありがたいことです(T_T)





さて、音楽の話に触れる前に、サントラに書かれてる「RESCUE WINGS」という文字を見て気付いたことが…そう、前にうちでも録音レポを作らせていただいたことのある映画「空へ 救いの翼 ~RESCUE WINGS~」と同じタイトルなんですよね。この映画の方の音楽は、和田 薫さんが担当されてました。レポはこちらです。

こうなるともう2つの作品の関係がとても気になったので、さっそく調べてみました。その検索で得た情報によると、松尾さんが担当されたアニメ「よみがえる空 ~RESCUE WINGS~」の方が原作で、和田さんが担当された方はそのアニメを元に実写映画化したものだったみたいです。和田さんの方は、劇伴の一部を和田さんのHPのこちらで試聴できますよ(^.^)b


sukuinotsubasa.jpg


ここでようやく音楽のお話を…(^^ゞ
そのサントラの専門家さんのオススメというだけあって、ものすごく聴き応えがありました。同じ松尾さんが手がけられた「仮面ライダー555」に少し似てるかなあと思うところもあるんですが、私はあの異種独特な感じの雰囲気がすごく好きなので、このサントラにも大満足です(*^^*)

でも、航空自衛隊とか救難隊が舞台というわりには、力強く勇ましいものよりも、不穏な感じだったり、物悲しいものだったり…心情に訴えるものが多かったように思います。

そういや、和田さんの方も魂を揺さぶるような、何か胸の奥から込み上げてくるようないい音楽が多いんですよ~。でも、和田さんの映画の方は本物の戦闘機がバンバン飛び交うような息を飲む映像も多くて、音楽もそれに合わせてすごくスピード感のあるものや重厚なものもあって、また松尾さんの方のとはちょっと違うかな?


とにかく、ひょんなことから私の大好きな2人の作家さんの不思議な共通点を見つけられたことが、何か嬉しいです。で、まずは松尾さんの方もちゃんと映像を見ながら聴いてみたい。そして、和田さんの方ももうだいぶ映画の内容を忘れてるんで、また見てみたいなあ(^O^)

ベースが同じである2つの作品を、映像・脚本・音楽という色んな視点から、その違いを、それぞれの良さを楽しめたら素敵ですよね。そう思って、早速よく行くレンタル屋さんで探してみたものの、何とどっちも置いてなかったんで(orz)近いうちに別のレンタル屋さんで探してみようと思っていますo(^-^)o
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。